2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2018年7月10日 (火)

プリンスナイト The Talk Session(Rest in Purple) @東京カルチャーカルチャー その2

プリンスナイトから 気がつくと、一ヶ月もの時間が経ってしまいました。

今回の西日本の梅雨前線による水害もそうですが
地震、大雨各地での自然の猛威に翻弄された一ヶ月でした。
早く日常が取り戻すことができますことをこころより
お祈りしております。
 

2018年6月7日

プリンスの還暦のお誕生日に
東京カルチャーカルチャーにて開催された
プリンスナイトの模様を
記憶をたどってお伝えしております。
時間が経ってしまいましたが
ご興味ある方、ぜひ、お読みいただけますよう。
 
一部については、こちらになります。
 
プリンスの還暦のお誕生日に
日本時間、20時に、全世界に一斉配信された
楽曲!
「Mary Don't You Weep」を
ステージ上の
スガシカオさん、TUNAさん、
浅田祐介さん、テリー植田さんと
会場の全員で初試聴することのできた
喜びと、
プリンスのシンボルギター登場で
壇上の出演者も、会場のすべての方が
めちゃくちゃ、盛り上がった状態で
一部を終えました。
 
あの日、プリンスのシンボルギターを手して、
シカオさんが、
さらっとプリンスの「パープルレイン」のイントロを
ワンフレーズ弾かれた、、と私は、思ってるのですが
定かでは、ありませんが、
とても感激したことを、今でも忘れられません。
 
一部の時に、司会のテリーさんから
「ミュージシャンの立場からプリンスの音楽性を
語る部分で、ヴォーカリストとしては、
スガさん、どうですか?」という質問に対して。
 
スガシカオさん
「まず、声が好き。
 後半は、ヴォーカルにエフェクトが強くなって
 過度なエフェクトが残念だったが
 他の誰も真似できない曲に、声が合っていた! 」
 
そして、シカオさんは、
マイケル・ジャクソンと、プリンス。(マドンナも同い年)
同じ時代に活躍した2大アーティスト、
それぞれに対する思いも、この時、吐露されていました。
 
「83年頃(※)。プリンスは、
”ポップミュージックとの距離のとり方”
を思考錯誤してたのではないか?
(マイケル・ジャクソンを意識して)」
 「マイケルの事、あまり好きじゃないのバレちゃうけど、
プリンス好きなのに、マイケル聞いてるの?っていうくらい
ちょっと”踏み絵”的な存在だった」
 
 
※83年に、ジェームス・ブラウンのライブでマイケル・ジャクソンを呼び、彼が踊り、ステージを下りた後、
JBの誘いで、プリンスが同じステージに立っているのが
83年でしたので、 83年と、おっしゃったのかと思われますが、、推測です。
(こちらに詳しく書いてあります
 
 
Img_0107
 
休憩が終わりまして2部になると、
客席におられた
内本順一さん、m.c.A・Tさんもプリンスにお詳しいとのことで
壇上に呼ばれました。
内本順一さんは、メイシオ・パーカーのライブに行かれて登壇されませんでしたが、
m.c.A・Tさんが、壇上に登られ、プリンスとの出会いのお話
お聞きしました。
 
この後は、プリンスファンのTUNAさんの
プリンスとの素敵なエピソードが紹介されました。
 
プリンスの当時のライブでは、
お客さんをステージに上げるということを
頻繁にしていたのでしたが、
この時も、
ライブ中盤で、プリンスが最前列のお客さんに
”GIVE” or "Receive”と聞いてきたという。
 
「スガさん、なんて答えますか?」とTUNAさん。
 
シカオさんは、この時、
「BOTH」と答えられたのですが、、、。
 
”GIVE”と答えると、後ろの客と場所を代わってやれ!と
いう意味で、その後ろにいたのがTUNAさんだったというわけで、
答えた方とTUNAさんが交代。
最前列に呼び出されて
さらに”Leader"か”Follower”かを選ばされる。
 
TUNAさんは、プリンスのファンなので当然、”Follower”
を選ぶと、プリンスに「Follower me」と言われて
ステージに上げられた。。という素敵なエピソード。
 
さらに、同年11月の来日した折の
ライブ前のサウンドチェックの時
"Where is Tuna?”
プリンスが
マイクで話したのが最初の言葉だったという!!
会場の皆さんから
声が上がるほど、、
すごい、うらやましいエピソードでした。
ワーナーのサイトに、この時紹介されたのエピソードが
TUNAさんへのインタビュー記事となって掲載されております。
 
詳しくは、こちらをご参照ください。
 
 
この後、会場に、配られたアンケートにあった質問に
壇上の方がそれぞれ答えてくれました。
 
シカオさんへの質問は、
Q.   ”プリンスのカバー"は、してもらえないのか?
 カバーされるなら、どの曲か?
 
(私もシカオさんによるプリンスのカバー、めちゃめちゃお聴きしたかったので、
 心臓バクバクさせて、お答えを待ってましたが、、)
 
シカオさんの回答。
「カバーは、しない。。なぜなら、英語で歌えないから。。 」
 
本当に、残念でした(泣)。そんなぁ。そんなことないのに。。
会場にいた多く方も残念な声をあげていました。
シカオさんの楽曲には、プリンスのリズムとか感じられる部分が
いっぱいあるのですが、、
いつか、、ちょっとライブでだけでも聴いてみたいです。
熱望です。
 
Q.   好きなアルバムは?
シカオさん「Chocolate Invasion」
 
Chocolate
TUNAさん「Controversy」
511vkgiv4nl_sx425_
Q.   プリンスの生き様から見習うことは?
まずは、
m.c.A・Tさんから。
コンプレックスを力にしたアーティストだ!!
と熱く語っていました。
 
シカオさんからは、
「初期の頃からたった一人で、
0から100まで、完結している。
19歳で、曲作り、楽器演奏、アレンジ、音楽を届ける方法まで。
(シカオさん自身が)
独立してからやったことは、
プリンスがやっていなければ、やっていない
と語っていました。
 
プリンスがもしもいなければ?!
今の”スガシカオ”さんが存在しなかったかもしれない!!!
とも想像できるような印象的な回答でしたが
 
10周年の武道館ライブを経た後、
CDからライブへ、音楽活動の場を転換して、
考え方を変えていったきっかけは
新しいアクションを次々と起こしていた、
プリンスだったと、インタビューで語っていました。
321702000001
 
 
以上が、メモに残っているだけのレポでしたが、
ここまで、
お読みいただきまして、ありがとうございます。
 
Dff52q0wkaeu8nj 
https://twitter.com/tokyoculture2/status/1004718190155452417
ミュージシャンの立場から
スガシカオさん、浅田祐介さんからの
貴重なプリンスへの分析、愛情を知ることのできた
貴重な1日でした。
プリンスをはじめ、素晴らしい音楽が、こういう形で、
継承されることの
大切さを、、つくづく感じるこの頃です。
貴重なお時間を割いていただいてのこのイベント。
開催していただいて、感謝しております。
また、企画されることを期待しています。

2018年6月14日 (木)

プリンスナイト The Talk Session(Rest in Purple) @東京カルチャーカルチャー その1

2018年6月7日

プリンスの還暦のお誕生日に

東京カルチャーカルチャーにて開催されたプリンスナイトに行って参りました。

この日の幾つかの偶然は、

まるでプリンスからの贈り物のように、

会場にいらした出演者も、参加者もワクワクさせる出来事ばかりでした。

スガシカオさんがプリンスが亡くなってから

ずっと続けてらっしゃる「Rest in Purple」の記録です。

※記憶をたどってのレポになりますので

言い回しなど正確では、ありませんことをあらかじめお断りします。

Img_0080

登壇されたのは、
スガシカオさん、浅田祐介さん、
TUNAさん、テリー植田さん。
 
この日の20時に、
全世界に、一斉に配信されるという
未発表曲のニュースだとか、いろいろで、
前説で出てこられた、
プリンスナイトの司会のテリー植田さんと、TUNAさんが
異常なほど楽屋が盛り上がってることを教えてくれました。
Img_0091
 
 
19時30分。。
後ろの席まで満員となった
東京カルチャーカルチャー、歓声と拍手で迎えられて
4人がご登場!
 
シカオさんと、浅田さんは、
札幌のラジオノースウエイブからと出会ってから長いとのこと。
まず、テリー植田さんの進行により
それぞれプリンスとの出会いを語られました。
 
シカオさんは、、
Let's go crazyくらいかな?。。高校生くらい
MTVで頻繁にかかっていた頃。。
R132949614613129665924jpeg
テリーさんも同じくらいと。。
浅田さんは、
84年ごろ、Charaが好きだったんですよね。「1999」の頃。。
Unknown3_2
TUNAさんは、SexualityとかControversyのあたり。中学生の頃。。。
 (シカオさんより、”早いなー”)
41x0nspaz3l
 
まずは、最近のプリンス周辺のニュースから。
 
先月の18日、ニューヨークのハードロックカフェで
楽器、衣装、など、様々なプリンスの所有物が
オークションで競売にかけられたのですが、
そのカタログだけでも75ドルお値段!!
シカオさんがそのカタログを手に持ち、
購入されたTUNAさんより
シカオさんに、
オークション参加されたでしょう?って言われて、
1500万ドルで落札したよー♫なんてジョークも交えて
説明がありました。
 
「サイン・オブ・ザ・タイムズ」のプラチナレコードのページが
開かれ、、
(100万枚以上売れるとレコード会社からくれるやつ:シカオさん説明)
プリンス着用の衣装のページなどなど。
シカオさんから、
「マスターテープまで、オークションに出されてるんだよね。。
 信じられないけど、
 なぜ、こんなに、今、オークションするのか?ということを
 みんなで話したのだけど
 あまりにも
 膨大な数の衣装や楽器この管理、維持や保管の方が、
 お金がかかるからなのでは?と、
 管理費、維持費が、膨大なのでは?という結論になった」
 
 
テリーさんから、同じミュージシャンの立場から
亡くなった後に、作品などがオークションにかけられることについて
シカオさんと、浅田さんに、質問がありました。
もしも自分に置き換えたら?と。
 
シカオさん
いや、、(自分がプリンスだったら)
ホントやめてくれって言ってると思う!!
だから、、、
(本人の気持ちになって考えたら)とてもオークションには、手を出せなかった。
浅田さんも同じように語っていました。
 
 
司会のテリーさんより
ここからは、ミュージシャンの立場のお二人から
プリンスをサウンド面から語っていただきます。
 
まず、浅田さんからは、
プリンスといえば、リンドラム。
プリンスは、リンドラムのバグの音を
あえて使っている。。
 
まず、リンドラム(Linn Drum) の説明。
LinnElectronics社が開発したドラムマシンのこと。
これを、プリンスは、正常な状態の音を使うのではなく
エラーになった音=バグの音をあえて使っている。
プリンスは、1979年に作られた”LM−1”を2台用いているという
浅田さんの説明、再現動画の紹介がありました。
以下のブログに解説がありましたので貼っておきます。
 
 
テリー植田さんからシカオさんには、
前回の「Rest in Purple」では、
日本で行われたプリンスのレコーディング秘話
元ワーナーのレコーディングエンジニアの方から
聞かれて、どういう感想だったかを問われると
 
「ちょっと驚きでしかなく、
 ごく普通のマトモなものを使っているのに
 変な(プリンスの)音を作り出す。。
 「ナッシング・コンペア・トウ・ユー」のアレンジを手がけた
 屋敷豪太さんとも話をしたことは、
 (屋敷豪太さんは、シネイド・オコナーの同曲を全楽器の演奏、プログラミングをしている)
 ”アレンジは、前衛的で、コード理論から逸脱してる”」ということでした
 
 
この辺でそろそろ20時ということで
ワーナーの方が登壇されて、
会場の全員で、全世界で解禁された
アルバム「ピアノ&マイクロフォン 1983」の中から一曲
「 Mary Don't You Weep 」を聴く。
このタイミングで聴けることに、プリンスからの贈り物のように、、
聞き入りました。
 
プリンスが25歳の時の音源と聞くと、
スガシカオさんも浅田祐介さんも驚きの表情でした。
収録曲は、1987年までリリースされなかった曲などがあり
作ってすぐにリリースしないことについての疑問が
話題になっていました。
 
 (ワーナーミュージックライフのサイト)
この曲の感想として、シカオさんは、
ものすごくプライベート感がある。
エイミー・ワインハウス的な歌い方、ゴスペルチックでめずらしい。
 
次には、ワーナーさんのサイトにある
「ナッシング・コンペア・トウ・ユー」を
プリンスが誰に向けて書いたのか?
このインタビュー記事についてを
シカオさんが要約してご紹介。
 
「ナッシング・コンペア・トウ・ユー」は、プリンスのウチの
お手伝いさんが家からいなくなってしまったことを
寂しく思っての曲だという。
 
このプリンスのインタビューやレコーディングに関することを
書かれた
『Prince in the Studio:The Stories Behind the Hits』の翻訳書
『プリンス録音術-エンジニアが語るレコーディング・スタジオの殿下(仮)』
翻訳者:押野素子さん12月12日の発売予定。
楽しみに待ちたいと思います。
 
 
ミュージシャンからみるプリンスのすごいところとしては?と
司会のテリーさんから、シカオさん、浅田さんに聞かれました。
 
「Soul、ゴスペル、ファンク、ディスコ、ヒップホップ。。
すべてのジャンルの正統派の後継者って言える事だと思う。
ここまで、ブラックミュージックのいろんな音楽ジャンルを
すべて、正統に、継承しているのは、プリンスくらいなんじゃないか?」
シカオさんは、語っていました。
 
浅田さんは、マイルス・ディビスと一緒にやったり、
ラリー・グラハムとやったり、、優れたプロデューサーと
語っていました。
 
 
ここで、本日の2回目のサプライズ。
プリンスモデルのシンボルギター登場!!!
これが、楽屋が盛り上がっていた、理由なのか!!
 
TUNAさんがアメリカのお店に、オーダーされていたのですが
今日、届いたという奇跡のギター!!
これも、、プリンスからの贈り物のように
思いました。
 
まず、シカオさん、浅田さんの順にギターを手にされたのですが、、
「弾いてみてください!!」と声をかけたのは、、私もその一人。
 
その声に応えて、かなり嬉しそうに、
プリンスギターを弾かれての
シカオさんの 第一声は、「弾きにくい!!」
「ネックが太い!!なんか、、コレ邪魔。。」
 プリンスの曲(おそらくパープルレイン)のワンフレーズを
弾かれていましたー!!感激!!(個人的にもっとお聴きしたかったー💜)
音は、確かに、プリンスのオト!!!しておりました〜!!
プリンスは、この同じ形で他の色のギターを使ってはいるのですが
TUNAさんは、やはりこのパープルに拘ったと、おっしゃっていました。
 
浅田さんもギターを手にして、
曲名わからずですが、プリンスの曲をしばし弾かれていました。
ステージのみならず、会場全体、大盛り上がりで一部を終了したのでした!!
浅田さんのツイートより
Img_0107
続く
 

«GREENROOM FESTIVAL '18 5月26日 赤レンガ倉庫 に行ってきました。