2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1/300の愛。 | トップページ | Hitori Sugar Tour 2012 Vol.40@渋谷Duo 2012-03-02 »

2013年8月29日 (木)

Hitori Sugar 2012 Vol.28 @Tokyo  2012-02-03

独立してから、まず、はじめたのは、
全国のファンに、自らライブという形で
安心させたいという思いからか
ほぼ元ファンクラブ会員を優先しての
弾き語りライブから、音楽活動がはじまりました。
各地をまわって、中盤で渋谷Duoでのライブ。
ファンも緊張していて
シカオさんもものすごく緊張した中で
はじまったのですけど。。
曲が進むと、シカオさんの気持ちが伝わってきて
MCがおもしろいかったり、盛り上がったのですけど
胸があつくなるようなライブでしたー。
楽曲の印象です(個人的思い込み100パーセント)
1.19才  深いエレクトロなビートを刻む曲。これがスガシカオの曲調なのだ。
2.FUNKAHOLiC エレクトロっぽい仕上げ、聴いた事無いアレンジ。エフェクトボードSSSが大活躍。
3.Party People    アコギのパティー・ピープルは、シンプルに敢えてしたのでしょう。
4.黄金の月            リズムを変えていたので、黄金の月だとはじめわからないほどだった。
5.ガリレオの数式  アルペジオがすばらしく、すてきだった。亀田アレンジとまるで                                       別物。わたしは、こちらが好き。
6.ファスナー       このアレンジ、CDよりファンク調でギターのカッティングがすてきだった。
7.サヨナラホームラン ニコファーレと同じ 
8.雨あがりの朝に  シンプルな弾き語り、すばらしかった。
9.夜空ノムコウ
10.月とナイフ     The Verveのサイケなバックミュージックのようなシンセにアコギかぶせてる感じ。
(MC…… 3.11のあと、どう考えたらいいか分からない日がつづいた。自分のできること、アメブロでのメッセージ、震災復興支援ライブ、ボランティアはしたんだ。それと、自分のこれからしようとしていることとが一緒になってしまっていた。この曲は、両方(震災と独立の)の意味で、自分で書いたのではあるけど、自分を勇気づけてくれる歌だった。でも、これアコギ一本じゃ、しょぼくなっちゃうんだよね。。でも、やめると、3日くらいするとやってみよーって思って、やると、ヘコムっていうのくりかえしてたんだけどね。やりまーーす!でも、みんな頭の中で、ここでギターが、ディロディ、デイロディとか、ドラムがとか、思い浮かべて聴いてね!!)
11.Progress 
12.約束
13.アオゾラペダル   いい曲なのに。。ARASHI シングルで。最●位
(MC……下町育ちの話し:すごいひどい環境だった、東京って西と東に分かれてて、西東京がオシャレな東京で、で、東東京が昔からの東京人の住む下町。ホームレスのおじさんが、、下半身だしていて、、お昼に、弁当のソー◯ージたべれないとか、車を運転するときにはね必ず、車体の下を確認するの。それはね、下に人が寝てるからなんだよ。車の下って冬は、あったかいんだよ。それでね、ある日、デートで車で東京郊外のショッピングセンターにいったんだけど、いつもの癖で、車の下のぞいてたら、彼女に、「なにしてるの?」っていわれて、「人が寝てるかと思って」っていったらバカにされたんだよ。
正義の味方っていうのは、実はアレ実話なんだよ、友達の●◯くんのお父さんが遊びに行くとステテコはいて、いつも寝てて、なにしてるの?ってきくと、、正義の味方だっていうんだよー。だいたい、俺の歌って実話がおおいんだよ。
じゃ、そんな下町ソングいきます)
14.黒いシミ ほんとうに、感動の一曲でした。声、ギター、アレンジCD越えです。
15.コーヒー      ニコファーレと同じこれも、声サイコーでした。
16.フォノスコープ   
( MC……独立の経緯。。
大きなローテーションの中でずっとやっていると、自分の作品までもコントロールされてるローテーションの中の一部になったような気がしてきた。。。そんな自分があって、2、3年前からかんがえはじめたこと。機材を自分で運んだりする事で、新しく見えてくる事もある。あのまま、いろんなことを人にやってもらっていたままでは、気づけなかった事もあったんじゃないかと、今思っている。。。結構、事務的なことが、うまいらしく、やってると、ほめられるけど、、ムイテルって。でも、しょうがないから、やってるんですよ。そのまま、インディーズでと思ってるのではなく、アルバムのような曲がつくれたら、自分で選んだレーベルに、お願いしてと思ってます。そのときには、みなさんのお力をお借りしたいとおもっています。これからも、よろしくお願いします!)
17.Thank You  JamesBlakeの楽曲?を思いださせる、重低音が響いているなかのアコギ。
18.午後のパレード 2006のHITORIのDVDと同じ感じ。
(encore)
19.バクダンジュース DJ(ラップ虫というiPadのアプリ使う)
シカオちゃん説明、あらかじめ用意された単語を、タッチすると、ラップ調でしゃべしこまれてるのは、(マイケル、スゴイ、たのしい、イエイ、ナカマなどなど)
頼まれた最前列の男性、、最初、、まるっきりタイミングあわず、シカオ崩れる
オレうたってるときに、やらないのー##
オレうたってるとき、MummyーDさんうたわないでしょ!
男性、シカオちゃんの指示後、できるようになる。
だけど、オレ、マイケル、イエイ!とか、
バクダンシュースのサビのとこで、おもしろすぎでした。
楽曲がジャン。って終った後、DJ最後にひとこと「たのしい!」に、場内爆笑でした。
20.世界が終わる5秒前
21.愛について
Hitori Sugar 2012 Vol.28 @Tokyo 02.02 セットリスト
1.19才
2.FUNKAHOLiC
3.Party People
4.黄金の月
5.ガリレオの数式
6.ファスナー
7.サヨナラホームラン
8.雨あがりの朝に
9.夜空ノムコウ
10.月とナイフ
11.Progress
12.約束
13.アオゾラペダル
14.黒いシミ
15.コーヒー
16.フォノスコープ
17.Thank You
18.午後のパレード
1.バクダン・ジュース
2.世界が終わる5秒前
3.愛について

« 1/300の愛。 | トップページ | Hitori Sugar Tour 2012 Vol.40@渋谷Duo 2012-03-02 »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。