2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「流派ーR」Mummy-Dさん&シカオさん | トップページ | ロンドン1日目ー2日目 »

2013年8月16日 (金)

NICKELBACK @新木場 2009-11-28

2009-11-28
また、ここに来てしまった。
月に2アーティストとは、贅沢な。
でも、7年ぶりの来日。
生の音を聴けるなんて思ってなかったので、
大感激なのだが、同じ思いの人が、
BGMですでに盛り上がっている。
ボリュームも、リズムも上がって
もう、出てくる前にボルテージは、マックス。
暗転して、嵐の前のようなしずけさの中、メンバー現れる。
ギターの音が、、、爆音。
Something in Your Mouthで、オープニング。
これが、ニッケルバックのステージなんだーー。
Because Of You 。重厚なサウンド。それなのに、キレがいい。
ほとんど地声なのに、なにあのチャドの声。
いっきに盛り上がった後、稲妻が響き渡る。
自然の音がこんなにぴったりした
ロックバンドは、いないなと断言できるような気がした。
Photographのアコースティックギターの音色がすばらしかった。
レディ用に歌ってくれたFar Awayもよかったなー。
順番は、ちがうけど、アコースティックギター、メンバー三人並んでの
If Today Was Your Last Dayは、それは、それは、言葉にならなかった。
オーディエンス参加型のBurn It to the Groundは、このライブで一番の盛り上がりだった。
CDでは、かんじられなかったのは、ドラマーがすごいってこと。
ダニエル・アデル。PCのプログラムなのかと思ったほど、フットペダルさばきがすごい。
ながーいドラムソロがすばらしかった。
それなのに、チャドったら、「He's so good」と一言だけ。
If Everyone Cared、Savin' Me
これは、別格でした。これ、生できけて、ほんとうによかった。
歌っというよりも、降り注ぐ音の豪雨って感じ。
結構、MCもおもしろくて、サポートギタリストの人にマリオのゲーム音を
弾かせたり、BONJOVIのWanted Dead Or Alive弾かせたりしていたり、ちょっと、チャドが口ずさんだりして。
ありがとう!と一曲ごとにいうことばも、次第におもしろくなったり。
突然バズーカショットガンでショータイム、、、、弾丸が、Tシャツらしきもの、飛ばしてたーーほしかったー!
Someday、Animalsで締めた、ワールドツアー。
日本でラストだった。
ネクストサマー、カムバックって言ってたみたいだけど、そうだったらいいな。
セトリは、残念ながら、古いアルバム聴き込んでなかったので
あげられなかったけど、コピペしてきました。
ライブは、まさにこんな感じ。
-* NICKELBACK @新木場 2009.11.27* -
01. Something In Your Mouth
02. Because Of You
03. Photograph
04. Figured You Out
05. Savin'Me
06. Far Away
07. Gotta Be Somebody
08. If Everyone Cared
09. If Today Was Your Last Day
10. Rockstar
ショータイム、バーズカ登場
11. Burn It To The Ground
12. ドラムソロ (Fight For All The Wrong Reasons)
13. Too Bad
14. How You Remind Me
*アンコール
15. Someday
16. Animals

« 「流派ーR」Mummy-Dさん&シカオさん | トップページ | ロンドン1日目ー2日目 »

洋楽ライブ・レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。