2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロンドン1日目ー2日目 | トップページ | First Gig In London 2009-12-11 »

2013年8月16日 (金)

ロンドン2日目ー3日目

朝、早く起きると、ホテルについてあるはずのドライヤー探し。
つながるはずのiPhoneがつながらないのでその調整。
部屋の空調がおかしいのでその調整。
テレビもすんなりつかなかったので、その研究。
そんなことをしているうちにすっかりお腹がすいてしまった。
空調以外は、解決したのですが。。。
フロントに文句を言えばいいのですがね。。
これは、どうにもなんないのかもっと諦めてしまいました。
成田の受付で、高崎HITORIライブで出会って以来の方と
出会い、その方と朝食のはずだったが、少し早く来てしまい
一足早くレストランへ。
そこで、ひとりで食事されてる同じツアーの方がいたので
声をかけると、やはり、同じように部屋にいろいろ不具合あったらしく
お話はずむ。
ご予定を聞くと、私も行きたかった大英博物館に行くというので
ご一緒させてもらう事にしました。
この出会いも、このイギリス旅行を豊かにしてくれました。
その方のススメで7daysチケットを購入。
実質使えるのは、4日だけど、地下鉄、バス共通で、割安なのだそうです。
ほんとに、いくらかかるか考えないだけでも、楽でした。
昨日からの嵐のような雨が大英博物館に着く頃には
すっかりあがり、大きな建物と青空のコントラストが
すてきでした。青空は、このときだけでしたが。
どこでも美術館は無料なんですが、撮影もOK。
おいてあるものひとつひとつが、ものすごいもので、
内容のさびしい日本の国立博物館がかわいそうなくらい。
貴重な他国の遺産がこれだけあることに、疑問を抱きながら、
これを常に味わえるイギリスの人と
ここまでこないと味わえない日本人との差を感じずにはいられませんでした。
M_pc060797
ガイドブックに出ていた”ロック&ソウル”というお店。
定番のフィッシュ&チップスが食べられるのですが、メニューに、ロックというのが
あるだけで、音楽的なものは、なーんにもありませんでした。
量がすごくて、これあとあとまで響きました。
このあと、「ハリー・ポッター」の9と4分の3のホームへ。
キングス・クロス駅は、工事中でしたが、世界中の人が訪れるので、
駅構内にちゃんと再現されてました。無料です。
前の方もしていたので、私たちも、カートを押して写メしました。
M_pc070848
ベーカー・ストリートまで移動しシャーロックの博物館?
もし、日本だったらまがい物を売ってる店がたくさんありそうだけど、
そういうお店が一軒もないのが、イギリス。
そのあと行ったビートルズの名所も同じでした。法律があるのかもしれません。
つづいて、アビーロードへ。
この時、あの横断歩道がわからず、人に聞く。
コンビニのビニール袋下げた若いイケメン。
「僕の事わかってきいてるの?」って聞き返して来た。
「I don't know」っていうと、さっさと先を行ってしまった。
ほんとに、有名スターだったかもしれない。あの横断歩道のとなりのお家に
入って行ったんだもの。謎。
横断歩道では、若者のが4人であのポーズで並んで写真をとっている。
でも、ここ交通量がかなりはげしい。
ふつうの道路なのだ。何回も人をチェンジして、やってる。
みてるだけでおもしろかった。
M_pc070865
早々と日が沈んでしまった。
2階建てのバスからは、クリスマスネオンがきれい。
日本とちがうのは、シンプルなこと。
視界に入ってくるものは、とても限られていることでした。
パブに入りたかったのですが、昼間食べたフィッシュ&チップスが
もたれて、お腹がすかなかったんだけど、
にぎやかなイタリアンパブに入る。
しいたけのグラタンみたいのがおいしかったな。
ピカデリーサーカスは、人でいっぱい。
ここで、ライブの翌日観る「We will rock you」のチケットを
割安で買う。
朝、出会った方が英語で話してくれて助かる。
とってもじゃないけど、私ひとりじゃ、買えなかった。
このとき、ちょっとだけ、人種差別的な思いを感じた。
この国のアジア人の位置っていうのかな。
そういうのをところどころで感じる。
日本だけにいると感じられない感覚でした。
個人と個人の付き合いでもない限り、こういう溝は、そう簡単には埋められないものなのだなとも、おもった。
でも、こういう地で、ファースト.ギグを試みるシカオさんの心中は、、
計り知れないって思った。
このあと、これも、有名なロンドンのタクシーで帰った。
ホテルには、11時半。
初体験づくしで、歩きっぱなし。
さすがに、ぐっすり寝れました。

« ロンドン1日目ー2日目 | トップページ | First Gig In London 2009-12-11 »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。