2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜勤明けのテンションに寄せて。 | トップページ | 「discord × 2.5D #1」鹿野淳×スガシカオ (1) »

2013年8月29日 (木)

Rocks Tokyo 2012.5.27

Rocks Tokyo。2012.5.27。
MUSICAの鹿野さん主催のフェスだった。
このライブに出られたことが
シカオさんエンジンがかかったというか。。
そんなライブでした。
巨大な風車の下に、ライブステージがある
とっても気持ちのいい場所でした。
M_e58699e79c9f87
そのWIND STAGEよりも、海に近い
BAYSIDE STAGEがスガシカオさんのステージでした。
その前のサンボマスターも良かったなー。
伝説を作ろうぜと言って、Rockの連呼。
楽しかった。
待ってる間、長いセットチェンジ。
シカ友さんとのお話でたのしかったのだけど
ガッチャーンって音がしてびっくりして
振り返ると、マイクスタンドが倒れた。。
そのときに、ギターが折れたのかもって
言ってる方がいて、
わたしは、そのとき、マイクスタンドしか視界に
はいらず、
また、やりなおしー?なんて思ってるうちに
はじまったんだけど。。
M_e58699e79c9f86
でも、このとき、あの新しく買ったギター
Advanced Jumbo..
ネック折れてたんですね。
帰りの電車でのシカオさんのブログで知りました。
写真は、ステージにあった、ネックの折れたギターです。
このあと、折れたのだから
ほんとに、直前です。
それにもかかわらず、
ステージ右から現れたシカオちゃんは、ニコニコしていて
ご機嫌であらわれた。。
「19才」からの「FUNKAHOLiC」のメドレー。
HITORIのステージのアレンジに近かったです。
ただ、、ギターソロがカッコ良かったです
すこしHIRORIより、長いような気がした。
BAYSIDE STAGE全体がグルーヴして
とっても、気持ちよかった。
こんなにうるさいの、この曲だけですから
ヒトリでじみーーに、このあとは、なりますので。。
という、MCから始まりました。(かなり、いい加減な記憶ですみません)
このRocks Tokyoに出ないかって
話しがあったとき、バンドでガッツンとやりますよって
言ったんだけど、
せっかく、ヒトリになったんだから、
ヒトリでやってよ!
その方が、スガシカオらしい!
って鹿野さんに言われて。。
それもそうだってことになった。。という
MCでした。
スーパーエフェクター「一人でもさみしくないもんスペシャルVer.4」</リンク>
これの機能の説明。
ループ機能や逆回転再生もやってくれました。
「スガシカオ」の逆回転再生を、シカオさん自身で
されたのですが、、会場、爆笑でした。
「Progress」は、コーラスが入って
ココがもしかしたら、最新機能なのかな?って
思いました。
これ、どうなってるのかな?
ちゃんと、ハモルとこでハモッてて。
これ、JamesBlakeの技法?
「午後パレ」のあとの
「黄金の月」
これがすごくよかったです。
1フレーズ、すごくシカオさんが声をのばして
ちょっと狼の遠吠えみたいだなっておもったとき
潮風が吹いて、神懸かってました。
やっぱりこの曲は、
このアーティストの象徴のような曲だなっと
思いました。
結局、
あのギターの登場はなく、、ずっと気になってました。
ネックが折れたあのギターの音色聴けなかったのですが
それは、、この場でなくてっと
ギターが拒んだと、考えるのは、ただの考え過ぎだと思うのですが
わたしも、、できることなら、
今日のステージのリベンジをしてほしいって
思いました。

« 夜勤明けのテンションに寄せて。 | トップページ | 「discord × 2.5D #1」鹿野淳×スガシカオ (1) »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/53073355

この記事へのトラックバック一覧です: Rocks Tokyo 2012.5.27:

« 夜勤明けのテンションに寄せて。 | トップページ | 「discord × 2.5D #1」鹿野淳×スガシカオ (1) »