2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FUJI ROCK FESTIVAL '12 James Blake | トップページ | iTunesチャート総合1位『Festival』 »

2013年8月29日 (木)

RUFUS featuring スガシカオ with Special Guests タワー・オブ・パワー Horns Section @国際フォーラム 2012.9.9

会場の雰囲気は、一つ前のTOWER OF POWERの余韻がのこって
期待と不安がセットチェンジの時間を長く感じさせた。
1曲目は、アルバム(★1)の1曲目「ONCE YOU GET STARTED」
このすばらしい、奇跡のライブのはじまりに、ふさわしい曲でした!
つづいて、2曲つづけてやったあとの、3 曲目のバリディ・デイビスの
「AIN'T NOBODY」がすばらしかった。わたしは、この曲が一番好き!
(チャカ・カーンの娘さんではなかったです、ごめんなさい)
4曲目「SWEET THING」のチャカ・カーンを
彷彿させる歌声のアマンダ・メイデンのあと、リズムが刻まれて、、
トニー・メイデンのすぅーーがーーーってかけ声で
ステージ左から現われた夏フェス制服のシカオさん!
モーリスの黒いギターで、
ルーファスをバックに、「黄金の月」を歌ってました!!!
シカオさんの位置は、ほぼステージ中央、すこし、右。
その左に、トニー・メイデン、真っ赤なギターがめだつーー!!
そして、トニー・メイデンの愛娘アマンダ・メイデン。
反対のシカオさんのとなりには、
シカオさん好み。スレンダーで声がセクシーなバリディ・デイビス。
そのうしろに、ドラム、パーカッション、キーボード3台、ベース。。まだあったかも。。
音が厚い。。。
(ヴォーカルの女性を間違えてました、ごめんなさい)
そこに、黄金の月のベース、あれ鳴り響いて、、全身逆立つ。
ー僕の情熱は、いまや、ーここで、歓声があがりましたー。。
まさか、の黄金でした。。
ですが、JAPAN JAZZの雑誌のライターさんが、
ここで、""黄金の月が聴けたら泣いちゃう""って書いてあったんですよねーー。
おっしゃるとおり、泣きましたーー!!!
ちゃんと日本語での、二人の娘さんたちのコーラスが、すてきだったーー!!
最後の美しい旋律のギターのアウトロは、トニーでした。
それを、、シカオさんが、じっと聴いてるのが、不思議でした。
シカオファンでない人たちは、、このときは、まだ様子みてるかんじだった。
アメブロのiPadから、やることがわかっていた「正義の味方」。
でも、あのキーボードがひびいて、
いつも、POCHIさんが弾く、ゴスペル調がかなり
軽い感じではじまって、。
そして、カタコトガイジン言葉、(パーデレ・シカオ)
「OK、みんな、元気ですか?
 最高にファンキーな時間をすごそうじゃありませんか?」
ここから、、あんまり記憶がないくらい、
テンションあがりました!!!!
一個前、すごい、ステージをくりひろげた、
タワー・オブ・パワー Horns Sectionをまねきいれて、
ハンドマイクで、ステージを右に左に歩きながら
「オレは、18のときから、ファンクをやりつづけました。
 お客さんがいなくても、ずっとずっとファンクをやりつづけて
   デビューして今年で15年。
 いまだに、FUNKを愛して、FUNKをやりつづけて、そして、
 今日、この国際フォーラムでFUNKレジェンド達とついに、一緒にやることができる!
 これは、日本のFUNKの歴史のイチページになると思うのです!
 みなさんは、その生証人として、最高に盛り上がろうではありませんか!!」
ここで、総立ち!!
Horns Sectionは、5,6人いたから、ステージ上は、20人以上いる。
そこで、ハンドマイクで、あるときは、ギターのトニーにすりよったり
あるときは、アマンダとダンスしたり、
慣れないことする、シカオさんでしたが
たのしそうで、たのしそうで、
こっちも、思いっきり楽しみました!!
盛り上がるだけ盛り上がっての「91時91分」
ハワイアン柄のストラトで。。。
トニーとのまさかの、ギターバトル!!!!
ここが、私的イチバン、盛り上がったのですが!!
途中、、シカオさん、手をぶらぶらさせて、
お手上げだよ!的なジェスチャー!!
演出も、サイコーのシカオさんに、
トニーの苦笑い!!!
一度引込んで、RUFUSの楽曲のあと、
ラスト曲「Have A Good Time」
ルーファスのTシャツに
着替えてでてきましたーー。
演奏が終わって、トニーと、ハグしてるのが
また、なにかが生まれるかもしれないっておもったのですが。。
ルーファスが曲を書いてくれるのですねー。
会場では、スマホ電波届かずで、後になって知ったのですが。。
うれしかったです。
スガシカオさんの曲が、ファンクマスターに気に入れられて
演奏されること、それだけでなくて
楽しませてくれる、エンターティメントだった。
サイコーだった!!!
目の前にひろがる光景が、夢のようだった!
前日のブログに書いた、夢の競演を、越えたものでした!!!
ツイッターで自分がラジオでお読まれされたの知っていましたが
それにリプいただいたの、とってもうれしかったです。
ありがとうございました。
RUFUS featuring スガシカオ with Special Guests タワー・オブ・パワー Horns Section @国際フォーラム2012.9.9 セットリスト
1.ONCE YOU GET STARTED
2.YOU GOT THE LOVE
3.AIN'T NOBODY
4.SWEET THING
5.黄金の月
6.正義の味方
7.91時91分
8.DO YOU LOVE WHAT YOU FEEL
9.Have A Good Time
(たぶん、このセトリだとおもいます。)

« FUJI ROCK FESTIVAL '12 James Blake | トップページ | iTunesチャート総合1位『Festival』 »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。