2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« テリー氏とシカオちゃん 2008-08-28 | トップページ | どうだ~!Mステ 2008-09-05 »

2013年8月12日 (月)

伝説のライブか?THE VERVE 2008-08-29

2008-08-29

近くの夏祭りも終わり、すっかり季節が変わってしまった感じ。
気分も夏のはじまりとは、ずいぶん変わってしまっていて、もうすぐアルバムの発売なのに、シカオ熱が冷めています。
きっと発売されれば、また復活すると思いますが、炎に思いっきり冷たい水かけられたみたいになかなかもとには戻れなそうです。
サマソニで観た、THE VERVEは、いまでもあとを引いていて、あの演奏、あの存在感が忘れられません。
恒例の放水も係の人にもういいよ!ってオーディエンスが断るくらい夕闇が始める頃、始まった。白い煙の中から現れたリチャード・アシュクロフト。両手をあげて、”This is Music"が始まる。
アデルがドタキャンしてのサマソニで、ふくらはぎの痛みも最高潮に達していたのに。
それを忘れ去る時間となった。名曲、Sonnetは、アルバムとは違いギターのニック・マッケイブのうまさが際立った。よく聴いてたのはURBAN HYMNSに入ってたこれと、The Drugs Don't Work。あんまり洋楽聴いてなかった時と重なる。
だから、私の感動は、昔を懐かしがったりノスタルジーで書いてるんではなく、ほんとうにこころ打たれたという、感動だった。
大阪では新曲Love is Noiseをやらなかったんだよね。事情はわかってないんだけど、ギター壊しちゃうパファーマンス?!とかあって。
前にも書いたんだけど、蘇ってくるんだよね。
オーラをまとったリチャードの姿が。陶酔させてくれた、あのライブをまた観たい。
伝説のライブとならないよう、最来日を求む。
今日、オリンピックの閉会式を観た。あいかわらず何千人が演じるスゴイ演出で圧巻だった。でも、次期開催地ロンドンのプロモーションの時間に、レオナ・ルイスとジミーページ。そしてベッカムが出て来た。
たった、3人だったけど、こっちのほうが、いいって思っちゃうのは西洋憧れ思想が根深いからかな。それとも、一人の才能ある人間のパフォーマンスの方が何百人が演じるシンクロしたダンスをする演技よりやはり勝ってしまうのかな。レオナの声あまりうまくマイク入ってなかったけどね。
SUMMER SONIC08 the verve◆SET LIST
1.This is Music
2.Sonnet
3.Space And Time
4.Sit And Wonder (新曲)
5.Life's An Ocean
6.The Rolling People
7.The Drugs Don't Work
8.Lucky Man
9.Bittersweet Symphony
10.Love Is Noise (新曲)

« テリー氏とシカオちゃん 2008-08-28 | トップページ | どうだ~!Mステ 2008-09-05 »

洋楽ライブ・レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。