2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FUNKFIRE 2014 @ZEPP東京 生中継!! | トップページ | FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ② »

2014年7月 6日 (日)

FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ①

どうして、あのセットリストなのだろう?
だれも、気に留めない考察で
今回は、ライブレポを書いてみようと思います。
やっぱり、このFUNKFIRE2014っていうのは、たった3回だったけど
この時期、この場所でやりたかった意味があるように
思えてならないのです。
時間が有り余ってる方がお読みください。
 
 

開演までの流れるBGMが、シカオさんが作ってるんですね。
先日のツイートではっきりしました。
Skrillexの曲が流れて、、会場内から催促の手拍子が鳴り始めました。。
気分高まり、、BGMが、女性になったのあと…暗転。。
メンバーの入場のあと、1番最後にシカオさんがきて、、
おお、、広島での衣装と一緒、数字の模様だったのか。。
改めて似合ってる!!!!
1曲目の「赤い実」
独立してからの曲の歌詞には、
これは、スガシカオさんの歌詞じゃないだろう的な
曲も生み出されてた、そのうちの一曲。
このライブでは、
冒頭だけ、スリップノットのシド・ウイルソンのRemixバージョンが使われている。
Remixバージョンが出されたことも、びっくりしたけど、まさかこの曲を後に、
シカオさんが自分でDJするとは思わなかった曲だった。
このライブでは、DJスタイルではなかったけれど
赤い照明が、とっても似合っていた。
 
2曲目の「見る前に跳べ.com」
キリンビールの”のどごし生”と、音楽雑誌MUSICAの企画で
スガシカオに、人生のテーマ曲を書いてもらうという
後にも先にもない、選ばれた人は、どれだけ幸せなんだろうという
企画でしたが、マジシャンの卵の方が選ばれ
すてきな披露ライブも行われた曲でした。
 
そうなんです。
ここまで、お読みいただいた方は、想像されたかもですが。。
このセットリストは、、そのまま
独立した2年半のスガシカオさんのやってきたことが
そのまま、セットリストになってるって思ったのです。
やや、こじつけですが、メジャー復帰第一段のFFは、
このセットリストだったわけを勝手に想像してみました。
 
 
3曲目の「ストーリー」
”安全と冒険で君は、どっちへいく?
退屈を充実で君はどっちをとる?
そんなにかんたんにえらべるくらいなら
なんの迷いもなく幸せになれるか…”
独立したあと、SNSでツイッターしかシカオさんからの情報がないとき
この曲を頼りにしていた。
安全よりも冒険を選んだんだよな。。と
 
16年間、自分の作ってきた曲を前の事務所に置いてきて
新しい曲を1曲目から、また作っていく。
シカオさんにとって、インディーズになるってことより
このことが1番他に替えがたいことだったことでは、ないか。。
 
”そしてぼくらは立っている同じ世界に立っている
かわっていく心 かわらない願い” 
 
この2行の歌詞が、この今こそ、響く歌詞でした。
 
 
4曲目の「Festival」は、独立後、iTunes配信オンリーで1位!!
記録した曲だった。
いっさいのプロモーションなしでの記録でした。
ご自身では、
”俺の将来的な展望って、この曲基準だから”と語っている。
(MUSICA 2013.4より)
 
まだ、ツイッターも、今程の普及率もないころだった。
ニュース番組で一般の人のツイートが流れるようになるなんて
おもってもなかったな。。
この2011年(震災以後)の独立されてからの3年程のSNSの発展って
もの凄いと思う。
 
ライブでは、この曲を生できくと重低音で響くベースと
義人さんのロックテイストなギターのあとの
すこしキレぎみのシカオさんのギターソロがすきなのだけど
今回もすばらしかったな。
ひさびさのレスポールの音。今回の音がわたしには、とってもいいように思った。
 
 
5曲目の「LIFE」は、
映画「オー!ファザー」の主題歌になり
新宿、渋谷で、スガトラ(ラッピングされたトラック)が走り回った曲!
この曲で大合唱がおきるなんて想像もしてなかったんですけど…。
はじめてきいたとき、華やかな曲。
この華やかさは、アレンジ小林武史さんで。。
スガシカオさん初のまた、これも新しい試み。
大阪でも、東京でも大合唱でした。
みんながスガシカオがすきーって言ってるみたいにww
つづく「コノユビトマレ」とセットに今後なりそうな
安定の繋がり方でした。
 
キッシーのGO GO FUNKのリズムがながれると
外人タレントがカタコト日本語話すような口調で
恒例になったGO GO FUNKの説明がはじまる〜
「このGO GO FUNKっていうのは、
このリズムで、どんどん曲を繋げていくんですよ。
クラブのDJみたいに…
演奏は、30分越え
譜面の長さも6メートル(ここ、うろ覚え)
有名な曲のパクリ、、リスペクトだったり
ニュースのテーマソングだったり
(っていってたけど、正しくは、、「朝まで生テレビ」だから
討論番組だけど)が入ってるから
みんなたのしんでってくれ〜!!
 
 
「サヨナラホームラン」
「たとえば朝のバス停で」
「ファイヤー」が、
オハイオプレイヤーズの
「FIRE」を日本のファンクバンドFlyingkizが
カバーした名曲の◯クり?サンプリング??
2007年に、いままでのファミリーシュガーバンドという
バンドと共に回ってきたツアーをやめて、
スガシカオさんが坂本竜太さんの紹介で
集めたメンバーで作ったFUNKFIREのバンド。
バンド名は、正式には、まだない。。そうですが、、
2008年より「GO!GO!」
「たとえば朝のバス停で」
「FIRE」
がセットリストに登場。
 
 
2007年が、たしかここZEPPですよね?
わたしにとっての初FF。。でした。
モッシュ地帯でおしくらまんじゅうになりながら
ホールとは、ちがう至近距離のシカオさんで
一曲目、バクダンジュース…からはじまって
「ひとりぼっち」で
あれ、ザ・ホワイト・ストライプスのIckyThumpか??って思ったのを
おもいだしてました。
ギタープレイ、、腰が抜けそうでした。
だっれにも、感じたことない始めての体験でした。
あれからスガマニアの一歩がはじまったんだとおもいます。
今日、田中義人さんのブログで

広島の初FF。。。ドン引きだったことを知り、
もしかしたら、今回、広島が選ばれたのは、
リベンジ的意味もあったのかもと想像しました。
 
つづく「愛について」のアレンジが
超絶、よかったです。
あんなに、あんなに、聞いてる曲なのに、
このアレンジが好きになる。
”どんだけ、スガシカオすきなん?”
スガマニアの方は、きっと自分で自分に、ツッコミいれてるとおもいます。
 
「USO」これは、
マイクをスタンドからとって、左右に移動しながら歌うのですが
歌詞にある
「ウソ 髪の毛も
実はニセモノです」
のときに、大阪では、前髪
東京では、左の髪をシカオさんがいじるのですが
なぜか、そこがかわいかった!!!
ギターひく、うたう、意外のしぐさが、、もっとみたいのかもしれません(変態)
 
「絶対もてたい、ウソでももてたい」
ここは、シカオさんと義人さん並んでヘドバンです。
広島、大阪では、たしか替え歌だったり
アイドルが、某有名多人数タレントグループの名前になってたり、
この曲、ほんとにライブでたのしかったー!!
フェスでも、ぜひ、やってほしいです。
 
つづく 
 
 
 

« FUNKFIRE 2014 @ZEPP東京 生中継!! | トップページ | FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ② »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/56706415

この記事へのトラックバック一覧です: FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ①:

« FUNKFIRE 2014 @ZEPP東京 生中継!! | トップページ | FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ② »