2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ① | トップページ | Taylor Swiftとシカオさんの語る音楽の価値   ……For Taylor Swift, the Future of Music Is a Love Story »

2014年7月 6日 (日)

FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ②

メジャー復帰第一段のFFは、
このセットリストだったわけを勝ってに考察して
書いてるライブレポのつづき。。
 
(追記:音楽的なライブレポは、こちらで。http://ro69.jp/live/detail/105197?rtw
 
GO GO FUNKコーナーの最後の曲は、
“叩けばホコリばっかし”
いつも、ここでバンドメンバーの紹介がはじまるのですが…
たしか、大阪では、
この中に「ゼツ◯ンがいるぞー!」ってシカオさんが唐突に
叫んでからはじまったのでしたが。。
東京では、、義人さんから聞いた話になってた。。
シカオさんがラップしてる間、東京では、
義人さんがそれにあわせてゼスチャーしてた。
以下、シカオさんのラップ 
 
朝の4時、隣の部屋から女の「 あ、は〜ん」
って声、、がする
誰だよ、明日本番だって言うのに、
いま、本番やってる…
部屋の割当表で確認した。。
そいつの名前は、、オレからは、言えない
そいつの名前は、、漢字四文字。。
叩けば、ホコリばっかし。。。
叩けば、ホコリばっかし。。。
 
(2番は、バスルームからという
展開のラップ。。)
ようやく静かになってねようとしたら
朝の5時バスルームから女の「 あ、は〜ん」の声。。
まぢかよ、朝の5時から2回戦。。
以上、うろ覚えですがこんなラップで
会場、異常な盛り上がり。
竜太さんは、喫煙ルームだから、、違うとか言ってましたよね。。(訂正しました。すみません)
 
後に、ゲストのDさんがでてきて
ユーストからの人は、わからないけど
おれも、本名、漢字四文字といったのは、このことでした。
 そして、スガさんも、漢字四文字でしょ??の展開。。 
たんまり、ワシントンGO GO FUNK堪能して 
「あまい果実」
大阪のとき、
この曲の位置がちょっとあやふやでしたが
ニコ生のTSをみて、
セットリストを直しました。
 ★すみません、結構間違えてました。
何人かの人にお聞きして統合したものだったのに、
そうなったのは、ゲストのmummy-Dさんのせいです。
大阪でのいきなりのゲスト登場は、
なにもかもぶっ飛んでしまいました。
Dさんの丁度真正面の位置にいたので、真っ白になるのは、
なおさらでした。
「ドキュメント2010」をあれは、FUNKASTiCツアー以来
また聴けるなんて。。
「セクシーシュガーナイト」のあと2人の、なんだか照れていう
「オレだけ見て」よかったぁ!!
竜太さんとシカオさんの息もぴったりの 「91時91分」。
トランス状態に会場全体がなっていると、、
シカオさんの「お台場から、宇宙へ」雄叫び。
ヘドウィグアングリーインチの
ミッドナイトレイディオのアレンジからの、、
「アストライド」が
個人的には、1番心に残りました。
この振り幅のひろい音楽性を同じアーティストで
同じライブで味わえる。。。それがいまのスガシカオさんでした。
義人さんの久しぶりのアブストラクトなギターが、この曲に
こんなにもあうなんて。。最高だった。
先日のツイートで、ミスチルの桜井さんであろうと
推測されるSさんも絶賛。
「HERO」をかつて、シカオさんが絶賛してたけれど。
「アストライド」この曲は、わたしの中では、この名曲を越えていました。
おもわず。。落涙。。ほんとにすばらしい曲でした。
 
つづく、「アイタイ」でのPochiさんのキーボード、、
だれかが、リンキン・パークみたいだってツイートしてたけど
リンキンの「BURN IT DOWN」みたいなウラメロが入ってて
ほんとに、これも、最高のアレンジだった。
「アイタイ」は、xxxHolicの実写版としてWOWOWで放送されたドラマの主題歌。
独立後、タイアップも決まっていたのでメジャーレーベルから出すことにする。
この時点では、この曲だけという限定つきだった。
音楽を流通させる方法は、曲のもつ役割による。。みたいなことをこのときよく話していた。
すぐに聴いてほしい実験的にな曲は、配信限定で。。
じっくり聴いてほしい曲は、CDでと言う風に。
 
その魁になったのが、「Re:you」独立して、翌年の2012年6月27日にリリース。
SNSでタイトルが決められた曲だった。
このときも、賛否両論あったりもしてたけど
大手の音楽事務所では、できない、
メジャーだったらできないことをやってみてる。
そんな意志表示にも感じられる、シカオさんのアプローチでした。
 
「奇跡」本編、ラストの曲。。
”いま、自分が変われそうな予感。。”
このセットリストでなければ。。
そんなことを考えさせられるような
セットリストでした。
 
アンコールは、キッシーが先にでてきて
ドラミング。。
ピンクのツアーTに着替えて登場。
「情熱と人生の間」
ここで、もういちど、Dさん登場!!!
シカオさんが、カッコイイラップをDさんに無茶ブリ。
すてきなの一発!!!やってくれました。
2曲目、「俺たちファンクファイヤー」
キッシー祭りで、タオル振りまくり!!!!
キッシーのきめのセリフは、、
「助けて!!おかあさん」
でした。
 
ダブルアンコールでピンクのギター。
ツアーTとのギターの境界線がない。。
溶け込んでた。。みごとなコラボ。。
「Real Face」
独立後のはじめてのバンドツアー
FUNK FIRE2012のラスト曲でした。
「ギリギリでいつも生きていたいから〜」
 
以上、長々とおつきあいありがとうございます。
この日、奇跡的に良番のチケットを
お譲りいただいてほんとにびっくりでしたが
うれしかったです。。その方には深く感謝です。
 
 
 

« FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ① | トップページ | Taylor Swiftとシカオさんの語る音楽の価値   ……For Taylor Swift, the Future of Music Is a Love Story »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

いつもながら素晴らしい大作レポ、ありがとです!
最後の最後に林家ペーパー的なピンクのマッチングw
自分で気付いた時のシカオちゃん、かわいかったね(*^m^)

テルミン様>コメント、こちらにありがとうございます。
ほんとに、、あんなにピッタリで。。
もうすこしギターも、ピンクだとおもったけど、、
まったく、違和感なかったのが、更に可笑しさを、増していますた。
イジメテミタイとおもいきや、、リアルフェイスってとこも、、よかったです!^^
ギリギリなんだなって。^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/56707389

この記事へのトラックバック一覧です: FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ②:

« FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ① | トップページ | Taylor Swiftとシカオさんの語る音楽の価値   ……For Taylor Swift, the Future of Music Is a Love Story »