2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

願いをこめて。

南の島?で無事、スガシカオさんの48回目の

お誕生日をお迎えになったようでよかったな。。

独立直後、こんなハッピーなお誕生日を

迎えられるなんて想像もできなかった。

それくらい、先行きが見えなく不安だった。

2014年5月21日のメジャー復帰で

そんな不安な日々から解放されたはじめてのお誕生日。

ご本人のよろこびと感謝のメッセージがブログに込められていて

ほんとうに、うれしい記事でした。

ヤグルトさんのお元気な姿とお墓参りのお写真だったので

お父様の気配も感じられるすてきな一枚でした。

そして、また新たな決意表明みたいな言葉もあって、、

あらためて、このミュージシャン、カッコいい!!

こんな早業で、自らの環境をかえる。。

そんなに簡単じゃないです。

ましてや、厳しい音楽業界!!そこでの偉業です!!!

尊敬と感謝と喜びともう、なんだかうれしくなって、、

一日前に、ケーキ屋さんに予約してあったケーキで勝手にお祝いしました!

一人のアーティストとして、音楽にささげる姿勢に、こころ打たれ

届けられる音楽に宿る魂に、虜にされてますが、

これからもたのしみすぎです。

スガシカオさん、そしてスガシカオ音楽を愛する人がすてきな一年に、なりますように!!

  75

2014年7月16日 (水)

FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ 7/11 その3 (エド・シーラン、カリスマドットコム、ポルノグラフティ)

7月11日にFM802で放送された
25周年記念番組、YOUR RADIO 802 のDJ スガシカオさんのラジオレポ その3
 
注)今回は、自分のすきなエド・シーランのことをスガシカオさんが語ってるということもあり、すこし、余計なお世話な説明もあるのですが、興味の無い方はスルーで。。
 

続きを読む "FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ 7/11 その3 (エド・シーラン、カリスマドットコム、ポルノグラフティ)" »

FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ 7/11 その2

7月11日にFM802で放送された
25周年記念番組、YOUR RADIO 802 のDJ スガシカオさんのラジオレポ。
前回は、いまの世の中における音楽の行方みたいな
感じでしたが。。
今回は、いまのスガシカオさんの音楽的な嗜好、方向性が
感じとることのできるわたしにとっては、ヨダレもののお話でした。
こういう音楽的な話をきちんとできるアーティストとしても存在感があって、
古典的な音楽から、いまの新しい音楽まで邦楽から洋楽まで
ジャンルを越えた音楽をわかりやすい言葉で伝えてくれる。
もちろんミュージシャン的な見解で。。
ほんとうは、一冊、本を書いてほしい。
のだけど、、忙しいからな。。
引退したら、本を書いてくれるのだろうか。。
氷室京介さんが50代前半で引退っていうニュースをみた。
そういうのあるんだ。。っと思った。
自分のすきなアーティストが引退したら。。
想像もしたくないことだな。っとおもった。
同じ時代に生きていて、新しい音楽が生まれることに感謝して。。
 
つづきは、「アストライド」「情熱と人生の間」がながれてからです。
 

続きを読む "FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ 7/11 その2" »

2014年7月12日 (土)

FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ その1

ひさびさのスガシカオさんのDJでした。

あの曲のかけ方、、シカオさんの喋り終わるか、否やで
前奏がかかる。。
シカオさんのライブでもそうだけど、
間は、魔なのか?というくらい嫌う。。(ように感じる)
うしろにかかってるBGMも、きっと考え抜かれている。。
超ファンキー!!
第一週目で、大満足で、第二週がまちどうしい。。てか、
レギュラー化してほしいです。。
ダメかな。。シカオさんも、忙しいからな。。
☆がっつり深い音楽のお話でした。
 
冒頭、、fm802でのデビュー当時の関西から「黄金の月」が火がついたお話。
担当した番組のお話。
そこで気になってた中村一義さんとのお話。
 
17年目を迎え、近年の自らの状況と
世の中の音楽の在り方の変化など、、
スガシカオさんの言葉で聞きたかったことばかりのお話満載でした。
 
できるだけたくさんの方に、読んでいただきたいです。
もし、できましたら、拡散してほしいと思ってます。

続きを読む "FM802 YOUR RADIO 802 DJスガシカオ その1" »

2014年7月10日 (木)

Taylor Swiftとシカオさんの語る音楽の価値   ……For Taylor Swift, the Future of Music Is a Love Story

カントリーソングの女王っていってもいい、テイラー・スイフト。

いつもどちらかというと、彼氏が入れ替わることが
記事になりがちの彼女のテキストが、すばらしかった。
「熱狂的なほどの楽観主義者」であると前置きをしたうえで
音楽業界の在り方について、Wall Street Journalに寄稿してました。
「アルバムの価値はなくなることはないと考えています。
そのアーティストがたくさんの気持ちと魂を込めて作ったものならば
なおさらです。
海賊版やファイルシェア、そしてストリーミングサービスは、アルバムセールスを
格段に縮小させました。そして、アーティスト各々は、この衝撃に異なる対応をしています。
 
最近は、プロモーションの一環で音楽を無料で提供するということが起きていますが
これからは、音楽業界だけに限らず、私の出会う人たちが、作品の価値に気づき、
(お金を払って)その作品を手に入れようとしてくれることを願っています。
 
音楽は、芸術で、芸術というものは、とても重要でかけがえのないものです。
重要でかえがえのないものは、価値があるということです。価値あるものは、お金を払うに値すると思っています。私の意見としては、音楽は無料であるべきではありません。将来は、各々のアーティストとそのレーベルがアルバムの価格を決められるようになると考えます。自分たちが生み出した芸術作品を過小評価してほしくないからです。
 
 
テイラーらしいのは、
This moment in music is so exciting because the creative avenues an artist can explore are limitless. In this moment in music, stepping out of your comfort zone is rewarded, and sonic evolution is not only accepted…it is celebrated. The only real risk is being too afraid to take a risk at all.
 
アーティストが探求できる創造性の道は無限で、音楽におけるこの瞬間はとてもワクワクするものです。この瞬間において、自分の殻を破った人は報われ、音楽革命は受け入れられるだけでなく、賞賛されるでしょう。本当のリスクは、ビビって全くリスクをとらないことです。
。。
 
全文の訳は、こちら。
 
 
ここに訪れてくださる方は、
スガシカオ音楽を愛されている方が多いので
知ってる方も大変多いのだけど
スガシカオさんも、音楽の価値への、言葉を雑誌に残してます。
 
ディスクがなくなるのは、別にいいんじゃないかと思うんですけどね。
形態が変わっても、
音とメッセージの中にある価値は変わらないと思うし。
ただ、そのメッセージや音にすら
価値がなくなっちゃた時には、音楽は、ジ・エンドになっちゃいますから。
(中略)
雑誌でいうと、、立ち読みだったり、iTunesの試聴した時の
熱い想い、「すげぇよかったす!」っていう気持ちが
なくならないようにしないといけないなって凄い思ってて。
それがなくなったときは、たぶん、終わりなんですよ。
音楽がおわりになる。
だから僕は、「NO MUSIC NO LIFE」、「音楽がすきです」って書いてる人は
味方だと思いたい。
(MUSICA 2012.8)

2014年7月 6日 (日)

FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ②

メジャー復帰第一段のFFは、
このセットリストだったわけを勝ってに考察して
書いてるライブレポのつづき。。
 
(追記:音楽的なライブレポは、こちらで。http://ro69.jp/live/detail/105197?rtw
 
GO GO FUNKコーナーの最後の曲は、
“叩けばホコリばっかし”
いつも、ここでバンドメンバーの紹介がはじまるのですが…
たしか、大阪では、
この中に「ゼツ◯ンがいるぞー!」ってシカオさんが唐突に
叫んでからはじまったのでしたが。。
東京では、、義人さんから聞いた話になってた。。
シカオさんがラップしてる間、東京では、
義人さんがそれにあわせてゼスチャーしてた。
以下、シカオさんのラップ 
 
朝の4時、隣の部屋から女の「 あ、は〜ん」
って声、、がする
誰だよ、明日本番だって言うのに、
いま、本番やってる…
部屋の割当表で確認した。。
そいつの名前は、、オレからは、言えない
そいつの名前は、、漢字四文字。。
叩けば、ホコリばっかし。。。
叩けば、ホコリばっかし。。。
 
(2番は、バスルームからという
展開のラップ。。)
ようやく静かになってねようとしたら
朝の5時バスルームから女の「 あ、は〜ん」の声。。
まぢかよ、朝の5時から2回戦。。
以上、うろ覚えですがこんなラップで
会場、異常な盛り上がり。
竜太さんは、喫煙ルームだから、、違うとか言ってましたよね。。(訂正しました。すみません)
 
後に、ゲストのDさんがでてきて
ユーストからの人は、わからないけど
おれも、本名、漢字四文字といったのは、このことでした。
 そして、スガさんも、漢字四文字でしょ??の展開。。 
たんまり、ワシントンGO GO FUNK堪能して 
「あまい果実」
大阪のとき、
この曲の位置がちょっとあやふやでしたが
ニコ生のTSをみて、
セットリストを直しました。
 ★すみません、結構間違えてました。
何人かの人にお聞きして統合したものだったのに、
そうなったのは、ゲストのmummy-Dさんのせいです。
大阪でのいきなりのゲスト登場は、
なにもかもぶっ飛んでしまいました。
Dさんの丁度真正面の位置にいたので、真っ白になるのは、
なおさらでした。
「ドキュメント2010」をあれは、FUNKASTiCツアー以来
また聴けるなんて。。
「セクシーシュガーナイト」のあと2人の、なんだか照れていう
「オレだけ見て」よかったぁ!!
竜太さんとシカオさんの息もぴったりの 「91時91分」。
トランス状態に会場全体がなっていると、、
シカオさんの「お台場から、宇宙へ」雄叫び。
ヘドウィグアングリーインチの
ミッドナイトレイディオのアレンジからの、、
「アストライド」が
個人的には、1番心に残りました。
この振り幅のひろい音楽性を同じアーティストで
同じライブで味わえる。。。それがいまのスガシカオさんでした。
義人さんの久しぶりのアブストラクトなギターが、この曲に
こんなにもあうなんて。。最高だった。
先日のツイートで、ミスチルの桜井さんであろうと
推測されるSさんも絶賛。
「HERO」をかつて、シカオさんが絶賛してたけれど。
「アストライド」この曲は、わたしの中では、この名曲を越えていました。
おもわず。。落涙。。ほんとにすばらしい曲でした。
 
つづく、「アイタイ」でのPochiさんのキーボード、、
だれかが、リンキン・パークみたいだってツイートしてたけど
リンキンの「BURN IT DOWN」みたいなウラメロが入ってて
ほんとに、これも、最高のアレンジだった。
「アイタイ」は、xxxHolicの実写版としてWOWOWで放送されたドラマの主題歌。
独立後、タイアップも決まっていたのでメジャーレーベルから出すことにする。
この時点では、この曲だけという限定つきだった。
音楽を流通させる方法は、曲のもつ役割による。。みたいなことをこのときよく話していた。
すぐに聴いてほしい実験的にな曲は、配信限定で。。
じっくり聴いてほしい曲は、CDでと言う風に。
 
その魁になったのが、「Re:you」独立して、翌年の2012年6月27日にリリース。
SNSでタイトルが決められた曲だった。
このときも、賛否両論あったりもしてたけど
大手の音楽事務所では、できない、
メジャーだったらできないことをやってみてる。
そんな意志表示にも感じられる、シカオさんのアプローチでした。
 
「奇跡」本編、ラストの曲。。
”いま、自分が変われそうな予感。。”
このセットリストでなければ。。
そんなことを考えさせられるような
セットリストでした。
 
アンコールは、キッシーが先にでてきて
ドラミング。。
ピンクのツアーTに着替えて登場。
「情熱と人生の間」
ここで、もういちど、Dさん登場!!!
シカオさんが、カッコイイラップをDさんに無茶ブリ。
すてきなの一発!!!やってくれました。
2曲目、「俺たちファンクファイヤー」
キッシー祭りで、タオル振りまくり!!!!
キッシーのきめのセリフは、、
「助けて!!おかあさん」
でした。
 
ダブルアンコールでピンクのギター。
ツアーTとのギターの境界線がない。。
溶け込んでた。。みごとなコラボ。。
「Real Face」
独立後のはじめてのバンドツアー
FUNK FIRE2012のラスト曲でした。
「ギリギリでいつも生きていたいから〜」
 
以上、長々とおつきあいありがとうございます。
この日、奇跡的に良番のチケットを
お譲りいただいてほんとにびっくりでしたが
うれしかったです。。その方には深く感謝です。
 
 
 

FUNKFIRE2014 スガシカオ@ZEPP Tokyo 私的ライブレポ ①

どうして、あのセットリストなのだろう?
だれも、気に留めない考察で
今回は、ライブレポを書いてみようと思います。
やっぱり、このFUNKFIRE2014っていうのは、たった3回だったけど
この時期、この場所でやりたかった意味があるように
思えてならないのです。
時間が有り余ってる方がお読みください。
 
 

開演までの流れるBGMが、シカオさんが作ってるんですね。
先日のツイートではっきりしました。
Skrillexの曲が流れて、、会場内から催促の手拍子が鳴り始めました。。
気分高まり、、BGMが、女性になったのあと…暗転。。
メンバーの入場のあと、1番最後にシカオさんがきて、、
おお、、広島での衣装と一緒、数字の模様だったのか。。
改めて似合ってる!!!!
1曲目の「赤い実」
独立してからの曲の歌詞には、
これは、スガシカオさんの歌詞じゃないだろう的な
曲も生み出されてた、そのうちの一曲。
このライブでは、
冒頭だけ、スリップノットのシド・ウイルソンのRemixバージョンが使われている。
Remixバージョンが出されたことも、びっくりしたけど、まさかこの曲を後に、
シカオさんが自分でDJするとは思わなかった曲だった。
このライブでは、DJスタイルではなかったけれど
赤い照明が、とっても似合っていた。
 
2曲目の「見る前に跳べ.com」
キリンビールの”のどごし生”と、音楽雑誌MUSICAの企画で
スガシカオに、人生のテーマ曲を書いてもらうという
後にも先にもない、選ばれた人は、どれだけ幸せなんだろうという
企画でしたが、マジシャンの卵の方が選ばれ
すてきな披露ライブも行われた曲でした。
 
そうなんです。
ここまで、お読みいただいた方は、想像されたかもですが。。
このセットリストは、、そのまま
独立した2年半のスガシカオさんのやってきたことが
そのまま、セットリストになってるって思ったのです。
やや、こじつけですが、メジャー復帰第一段のFFは、
このセットリストだったわけを勝手に想像してみました。
 
 
3曲目の「ストーリー」
”安全と冒険で君は、どっちへいく?
退屈を充実で君はどっちをとる?
そんなにかんたんにえらべるくらいなら
なんの迷いもなく幸せになれるか…”
独立したあと、SNSでツイッターしかシカオさんからの情報がないとき
この曲を頼りにしていた。
安全よりも冒険を選んだんだよな。。と
 
16年間、自分の作ってきた曲を前の事務所に置いてきて
新しい曲を1曲目から、また作っていく。
シカオさんにとって、インディーズになるってことより
このことが1番他に替えがたいことだったことでは、ないか。。
 
”そしてぼくらは立っている同じ世界に立っている
かわっていく心 かわらない願い” 
 
この2行の歌詞が、この今こそ、響く歌詞でした。
 
 
4曲目の「Festival」は、独立後、iTunes配信オンリーで1位!!
記録した曲だった。
いっさいのプロモーションなしでの記録でした。
ご自身では、
”俺の将来的な展望って、この曲基準だから”と語っている。
(MUSICA 2013.4より)
 
まだ、ツイッターも、今程の普及率もないころだった。
ニュース番組で一般の人のツイートが流れるようになるなんて
おもってもなかったな。。
この2011年(震災以後)の独立されてからの3年程のSNSの発展って
もの凄いと思う。
 
ライブでは、この曲を生できくと重低音で響くベースと
義人さんのロックテイストなギターのあとの
すこしキレぎみのシカオさんのギターソロがすきなのだけど
今回もすばらしかったな。
ひさびさのレスポールの音。今回の音がわたしには、とってもいいように思った。
 
 
5曲目の「LIFE」は、
映画「オー!ファザー」の主題歌になり
新宿、渋谷で、スガトラ(ラッピングされたトラック)が走り回った曲!
この曲で大合唱がおきるなんて想像もしてなかったんですけど…。
はじめてきいたとき、華やかな曲。
この華やかさは、アレンジ小林武史さんで。。
スガシカオさん初のまた、これも新しい試み。
大阪でも、東京でも大合唱でした。
みんながスガシカオがすきーって言ってるみたいにww
つづく「コノユビトマレ」とセットに今後なりそうな
安定の繋がり方でした。
 
キッシーのGO GO FUNKのリズムがながれると
外人タレントがカタコト日本語話すような口調で
恒例になったGO GO FUNKの説明がはじまる〜
「このGO GO FUNKっていうのは、
このリズムで、どんどん曲を繋げていくんですよ。
クラブのDJみたいに…
演奏は、30分越え
譜面の長さも6メートル(ここ、うろ覚え)
有名な曲のパクリ、、リスペクトだったり
ニュースのテーマソングだったり
(っていってたけど、正しくは、、「朝まで生テレビ」だから
討論番組だけど)が入ってるから
みんなたのしんでってくれ〜!!
 
 
「サヨナラホームラン」
「たとえば朝のバス停で」
「ファイヤー」が、
オハイオプレイヤーズの
「FIRE」を日本のファンクバンドFlyingkizが
カバーした名曲の◯クり?サンプリング??
2007年に、いままでのファミリーシュガーバンドという
バンドと共に回ってきたツアーをやめて、
スガシカオさんが坂本竜太さんの紹介で
集めたメンバーで作ったFUNKFIREのバンド。
バンド名は、正式には、まだない。。そうですが、、
2008年より「GO!GO!」
「たとえば朝のバス停で」
「FIRE」
がセットリストに登場。
 
 
2007年が、たしかここZEPPですよね?
わたしにとっての初FF。。でした。
モッシュ地帯でおしくらまんじゅうになりながら
ホールとは、ちがう至近距離のシカオさんで
一曲目、バクダンジュース…からはじまって
「ひとりぼっち」で
あれ、ザ・ホワイト・ストライプスのIckyThumpか??って思ったのを
おもいだしてました。
ギタープレイ、、腰が抜けそうでした。
だっれにも、感じたことない始めての体験でした。
あれからスガマニアの一歩がはじまったんだとおもいます。
今日、田中義人さんのブログで

広島の初FF。。。ドン引きだったことを知り、
もしかしたら、今回、広島が選ばれたのは、
リベンジ的意味もあったのかもと想像しました。
 
つづく「愛について」のアレンジが
超絶、よかったです。
あんなに、あんなに、聞いてる曲なのに、
このアレンジが好きになる。
”どんだけ、スガシカオすきなん?”
スガマニアの方は、きっと自分で自分に、ツッコミいれてるとおもいます。
 
「USO」これは、
マイクをスタンドからとって、左右に移動しながら歌うのですが
歌詞にある
「ウソ 髪の毛も
実はニセモノです」
のときに、大阪では、前髪
東京では、左の髪をシカオさんがいじるのですが
なぜか、そこがかわいかった!!!
ギターひく、うたう、意外のしぐさが、、もっとみたいのかもしれません(変態)
 
「絶対もてたい、ウソでももてたい」
ここは、シカオさんと義人さん並んでヘドバンです。
広島、大阪では、たしか替え歌だったり
アイドルが、某有名多人数タレントグループの名前になってたり、
この曲、ほんとにライブでたのしかったー!!
フェスでも、ぜひ、やってほしいです。
 
つづく 
 
 
 

2014年7月 4日 (金)

FUNKFIRE 2014 @ZEPP東京 生中継!!

今晩、こちらから観れます!

シカオさんがあんなに宣伝してるけど
一応、こちらにも、リンクしておきます。
 
今夜も最高なはず!!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »