2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏のおわりは、スガシカオの季節。 | トップページ | スガシカオ音楽のエロさ…のつづき。 »

2014年8月27日 (水)

すずしくなって。。おもうこと

このブログのカウンター一週間前からおかしくなり。。表示もされない状態がずっと。。

一週間ほどまったく表示されなくて。。
あ。。
もう、シカオさんもメジャーにもどったし。。
こんなブログあっても、なくても
どーでもいいブログなので
このまま、自然消滅もありだな。。とか
思ってましたが。。
そうさせるとしたら…このブログを終わりにするとしたら。。
やっぱりこのことは
書いておきたいと思うことがあって。。
いままでは、、照れというか羞恥心もあって
あえて文章にしなくてもいいかなと思ってたのですが。
 
それは、、スガシカオ音楽のエロさです。。
 
クリープハイプが斬新なタイトル”エロ”を
出したことで、
エロティックなPVと斬新なタイトルと
センスのいい歌詞で攻めてきて
CDの特典につけた”エロ本”というブックレットも気が利いていて
彼らってなかなかやるなーとおもっていたのだけど。。
音楽から。。感じられるエロさはなくて、むしろ、伝わってきたのは、爽やかさだった。
クリープのこの曲は、それが、むしろ、ねらいだったりするのかもしれない。。とも思いながら。。
 
スガシカオさんの音楽の根幹になってるFUNKって
肉体に訴えてくるグルーブが
それだけでセクシーだったりするのですが。。
でも、シカオさんのFUNKってもうすこし、日本人にもとっつきやすい
メロディがあって歌詞があってで、、
FUNKに、意味のある日本語を乗せることを
心掛けてると自ら語っていることもあるし、
その歌詞にある、シカオさんの視線に
秘密がありそう。
 
10周年の記念に出された
別冊カドカワの、スガシカオ特集に
宮藤官九郎さんが残してる言葉が
いまでも、説得力がある。。

ラジオに来てくれた時に、

当時、僕らが出してた「君にジュースを買ってあげる♥︎」
っていう曲の歌詞を
「いいですねぇ」って言ってくれたんです。
「でも、僕だったらもうちょっと踏み込んじゃうんだけどなぁ。
”君にジュースをかけたい”とか…」って。
 
”なんてこと言うんだ!”って思ったんですけど(笑)
そこが、僕との大きな違いだなって思って。
 
やぱり大人なんですよね、発想が。
今回のベスト盤に入ってる曲の歌詞を読んでいくと曲は
ポップで、キャッチーなのに、
ひねくれてるというか、ちょっと変態っぽいですよね。
 
しかも歌詞カードを読まなくても聞き取れる感じで
歌っていて。だいたいエッチな歌詞を歌う人って
巻き舌とかで、ゴマかしてたりするけど
スガさんは、しっかり歌ってるから、聴いていて、その歌詞が
ストレートに入ってくるんですよね。
 
だから、こんなにエッチっぽいのにOLさんとかに
人気があるのは、どういうことなんだろうってすごく考えるんです。
 
僕の場合は、エッチなことを書いても
どうしても童貞感がでちゃうんだけど、
スガさんは、間違いなく童貞じゃない感じなんですよね。
だから、女の人はたまんないんだろうな、と。
 
なんかソフトSMみたいな歌詞が多いじゃないですか。
ハードなSMは、嫌だけどソフトなら、みたいな感じに
思わせてしまいそうなところがちょっとうらやましいなぁと思いました。
 
このお話、、もうすこし、続けようと思います。
お昼にすみません。

« 夏のおわりは、スガシカオの季節。 | トップページ | スガシカオ音楽のエロさ…のつづき。 »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/57199712

この記事へのトラックバック一覧です: すずしくなって。。おもうこと:

« 夏のおわりは、スガシカオの季節。 | トップページ | スガシカオ音楽のエロさ…のつづき。 »