2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

3年目の独立記念日の発表について。

独立記念日、10月27日。。

記念すべき3年目ですよ。。
あ。。あの時の衝撃たるや。。 
手が震えてツイートしたことを覚えてます。
 
その日に、今夜、ドキドキする、発表をするっていうのですから。。
TLは、なんか、ざわざわして。。。
世界進出かな?とか、健康上の発表だったらどうしようとか、、
いろんな想像がとびかい、、
お仕事も手につかないとか。。
そういうつぶやきがあるなか、、
だいぶ、夜もすすんで8時頃、、
何回かのフェイントのツイート。。
 
こういうときの、シカオさんって
毎回思うけど、楽しんでます。
弄ばれてます。。わたしたち。
 
じらせれてじらせれて。。
ツイートされたのは。。
ある意味、、独立よりも衝撃だったかもしれない。。
このクオリティ。。
以前から、シカオさんの書く絵は、
なんとなく郷愁をさそう、、
どこか、素朴であたたかみのある
ほんとに、、ゆるキャラになったらなって
思うものが多くありました。
 
シカオさんの実母であるヤグルトさんを
描いた絵も、アメブロにあったことがあった。
いまは、探せないけど。。
ヤグルトさんも、かわいかったなぁ。。
 
 
でも、今回のオフィシャルグッズは、
その次元を超えた新しい分野に
突入していた。。
なんか、かわいいとか、
すてきとか、、そういう次元じゃなくって。。
それは、シカオさんも以前から
エヴァ好きを公言して、
ファンカゲリヲンという曲もあるくらいだけど。。
このキャラクター。。どうやらそういう認識でいいみたいww
 
 
敏感に感じたフォロワーさんが
早速、イラストをアップされて
シカオさんがリプライしていた。
 
今回は、、赤いプニュプニュした丸い直径7センチのキーホルダーとして
登場!!!
メルマガで、プロフが紹介されてましたー!
液体の中身は、、よくわからなかった。。
これ、もってると、スガマニアの証ですね。
持ってる、持ってないか、、ちょっと踏み絵みたいです。
このシリーズ、続くらしいです!!!
 
今後、シカオさんの声で、このキャラクターが起してくれる目覚まし時計とか、いいかも!

2014年10月26日 (日)

Everyday I wonder just how I'll die. Only thing I know is how to survive.

Everyday I wonder just how I'll die.

Only thing I know is how to survive.

これは、先日のYahoo!生ライブで披露されたライブ会場で販売される

「モノラルセカイ」のツアーパンフレット in ジャケットCD&カレンダーの

表紙(シカオさんの着てるTシャツ)に書いてあった言葉です。

ツイッターのフォロワーの方が

いち早く注目して

どう訳すか話題になっていた。

I wonder justっていうのは、I think よりも
妄想ぎみの“思う”らしく
”もしもわたしが死ぬということががあったなら、
生き残こらなければならないことだけは、わかっている。”
直訳。。うまくスガマニアさんが
意訳されて、それがしっくりきたのでのせさせていただきます。
「ぼくはどんな風に死ぬんだろう でも、そんなの考えたって生き続けるしかないんだ」
この進化系のほうが、あとの映画の話にぴったりなので
こちらも、載せさせて頂きます。
「どんなに考えたって死に様なんてわからない。
でも、自分の生き方を決めるのは、自分だ!」

 
もう、今度だす、アルバムみたいなタイトルで
超絶カッコいいのですが。。
 
でも、この言葉の中に秘められてる(のだとしたら)
スガシカオさんの真剣度は、半端ないなと
そう、、思うのでした。 
 
「ダラス・バイヤーズクラブ」
昨日、DVD借りてきました。
2013年の映画でアカデミー賞で
マシュー・マコノヒーが、主演男優賞を
助演男優賞をサーティセカンドトウマーズ(30STM)のジャレット・レトが
受賞したので、ご存知の方もおられるのでしょうけど
DVDが一週間で、借りられるようになって、見ました。^^;
すみません、この秋、出費が控えておりまして。。
後半は、ネタバレもちょっとしてますが、ご興味あったら
お読みください。
あらすじは。。 
主人公の電気工、ロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)仕事中の事故で入院、血液検査でHIV(エイズウイルス)陽性と診断され、余命30日と宣告される物語。納得できないロンは病気について猛勉強を始め、米国未承認の薬を持ち込むための「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立する。
 
 

続きを読む "Everyday I wonder just how I'll die. Only thing I know is how to survive. " »

2014年10月22日 (水)

interFM 「音楽の窓」 感動の鹿野さんのアーティスト紹介【追記】 iTunes6位でした!

追記*「モノラルセカイ」iTunesでのJ-POP部門のランキング6位を記録してました。
まだ、買ってない方、ライブの中心になる曲ですよー!予習に!
Photo
昨晩のinterFM 新しい音楽番組、#音楽の窓で
スガシカオさんのコメントと
「モノラルセカイ」がオンエアされたのですが、
(シカオさんのコメントは、前のブログにあります)
この番組は、DJである鹿野さんが
音楽情報をランキングで紹介する番組。
「モノラルセカイ」配信のほんの少し前に紹介された
アーティスト紹介が、、
あまりにもすてきで感激してしまったので
ここに残しておきます。
鹿野さん、ありがとうーーー!!
 
ここから、、
 
スガシカオさんほんとにコメントありがとう!
あなたのようなすばらしい音楽アーティストがいることによって
こういう、ピュアに音楽を紹介する
音楽番組が存りつづけるんじゃないかなって思います。
スガさんね、話してくれたんですけど、おもしろいんですよね。
音楽っていうものは、すごく自由でいいんだと、
アッパーなビートとか、トラックを作ったら
それに沿う、アッパーな音楽をうたうんじゃなくって
逆をいってみよう。。と
この曲ってすごくアッパーなんだけど
歌詞の内容をみていくと非常にダウナーな歌詞になってます
ダウナーな歌詞なんだけど
”だれもがだれかにとって
特別な人でありたい、そう願うにちがいない”
というメッセージをしっかりと届けていくっていう
名曲になってます。
実は、この曲を作るのに相当悩んだそうです。
FUNKFIREのライブ、そしてフェスに突入して
曲をつくらなきゃってそういうモードになかなか
ならなくて。。
最近、みなさん、ライブをたくさんやるから
音楽を制作するってモードになるのはほんとに、大変だと
思うけど…。
 
スガさんもその辺、非常に、むずかしくなって
スタジオにいって、朝の9時にスタジオに入ってから
夜の11時半までPCの画面にずーっと見て、1日終わっちゃう。。
端から見てたら、、相当、アブナイって
通報もんですよ。。
そういう中で、この曲は、急にパーっと冴えて生まれてきたらしいんですけどね。
 
モチーフになってきたことは、言ってましたけど。。
80年代後編〜90年代のプリンスの8ビートのファンクな感じ
ロックな感じっていうものを狙いながら
実は、こういうのは、ブルーノ・マーズとか、マルーン5とかが
やたら狙ってるじゃないですか?
それが、自分的にも
世界的な風潮みたいなものが、ストライクで
次のスガシカオ盤ってのをつくってやろうって思ったそうです。
 
     ((インタビューされたので今度のMUSICAに記事になるのかな〜。。))
 
スガシカオというアーティストは、ほんとに、なかなかいない。
ファンクが大好きで、そして、たまにこの歌詞大丈夫か?
っていうぐらいセクシャルな歌詞っていうものが入ってきて
でも、あの独特なか細い繊細な声でそれを歌うからこそ、
日本の音楽として、フォーク的な旅情観みたいなものも
スガくんの声の中から生まれてきて
セクシーさとファンクってものがJ-POPとして
ぼくらが自然と聴けちゃう、っていうね。。
 
彼は、自分自身の才能、自分自身の機能を十分わかっているからこそ
そういう音楽を作っていけるんだと思うし
インディーズ時代を経て、またメジャーに戻っていって
そしてさらに自由な音楽を作っていきながら
スガシカオが攻めれば攻める程、
ポップなエッセンスってものが、日本のシーンに生まれてくるっていう
貴重なアーティスト!!!
それでは、スガシカオの「モノラルセカイ」
 
 
 
 
 
 
 

interFM 音楽の窓のシカオさんのコメント

昨晩のinterFM 新しい音楽番組、#音楽の窓で
にスガシカオさんのコメント流れました。
 
今週のランキング1位!!
それだけでも、感動だったのに。。
すばらしい鹿野さんのアーティスト紹介と曲紹介でした。
音楽ニュースも、BUMPだとか、きのこ帝国をおさえて。。
いやー、うれしかった〜。。
まず、シカオさんのコメントから。
音楽の窓をお聴きのみなさん、鹿野さん、どうも、こんばんは!
スガシカオです。
 
鹿野さんが新しい音楽番組を始めるということで
おめでとうございます!
 
VIVA LA ROCKという大きなフェスだったり
MUSICAという音楽雑誌だったり
そして、この音楽の窓という番組だったり
全部が、連動していて
さらに音楽が楽しく皆んなに伝わればいいなって
ぼくも、思いますし、
フェスなんかも、そうだし、ラジオとか、雑誌でも
そうなんですけど
主催する人とかの趣味とか、顔とかが見える
血の通ってるものがね、これからの音楽業界を
どんどん活性化していくんじゃないかと
ぼくは、いつも思っているので
こんなラジオができて、頼もしいというか
おもしろいですね! 
 
そんなスガシカオですが
10月22日に「モノラルセカイ」
新しい曲を、配信限定ですが
リリースいたします。
11月のツアーでいちばんいいところで
ガツンとみんなに聴いてもらおうとおもって
作った曲です。
 
かなりキラキラしててさわやかで
bpmはやくてノリやすい曲なんですが
キラキラしてる音とは、逆に
歌詞は、結構、ドスンと真逆の暗い感じの方向にいってる
そんなコントラストの強い曲なんですけど、
ぼく的には、ここ最近のつくった曲のなかで
お気に入りの作品になりました。
 
80年代っぽいギターのリフとか
モータウンっぽいベースのフレーズとかね、
そんなのも、自分っぽいかな〜って思っております。
今年、最後のライブになりますが、
ぜひぜひ、ライブに遊びにきてください!
 
つづきには、感動の鹿野さんのアーティスト紹介。
 

2014年10月21日 (火)

最近のラジオ出演から。 FM 802  SATURDAY AMUSIC ISLANDS MORNING EDITION

FM 802  SATURDAY AMUSIC ISLANDS MORNING EDITION

10.18
デビューから何年も経ちましたね?
 自分中で音楽に対してなにか変わりましたか?
 
もう17年ぐらいですかね?
すごい変わりましたね。
 
 なにが一番?
 
ライブとかすごい変わりましたね
当時、ライブ嫌いだったし
上手にできなかったですよ、毎回、毎回。
こうしたいっていうのはあるんだけど
全然ライブうまくいかなくて
いつもイライラしてて。
で、オレが楽しめないから
お客さんもそんなに盛り上がんないし
どっちかっていうと聴いちゃう感じになっちゃって。
それが、すごい嫌だったですね。もうね、
いっつも。
 どう変えていったのですか? 
 
10周年ぐらいの時から自分の中でいろんなもの変えようと思い始めて
人のライブ、年間どのぐらい?
60、70本くらい行って
いいライブってなんだろうっとかって
研究して、自分のやりたいライブってどんなだろうって
ちゃんと自分で作るようになってから、
すごい面白くなってきました。
 
バンドでずっと来てる人は
ずっとライブでたたきあげてくるから
そういうのは、ないんでしょうけど
シンガソングライターだとギター弾き語りながら
出てくるのが普通だから
そういう経験がないまま、デビューしちゃうから。
 
スガさんにとって、どういうバンドがいいバンド?
 
フェスとか出て思うんですけど
姿勢がちゃんと伝えられるバンドがいいバンドだと思うんですよね。
選曲とか、アレンジとか、演奏とかって言うけど
そういうことは、見てる方には、関係なくて
こういう音楽をこういう風に伝えたいんだっていう
ミュージシャンの覚悟と姿勢だと思うんですよね。。
 
如実に外タレの場合、でますよね。。
最近は、そういう風に歌を歌うように
自分でもしてますね。
 
 
 昔、インタビューさせて頂いた時に
 思いみたいなものは、。。
 たとえば、好きな人にはラブレターを
 書くとか、、おっしゃってたんですけど
 いま、その姿勢は、変わってないですか?
 
あんまり、変わってないですね。
 いつか、スガさんの短編でいいから小説を書いてほしい
 
嫌ですよ。。
書いて大失敗したんです。むかし。
闇に葬りました。
全然、違うんです。歌詞を書くのと、使う筋肉が。。
短距離走と長距離走のちがい。。
オレ、短距離が得意なんだけど、長距離ダメですわ。。
 
 星新一さんじゃないですけど、、短いのあるじゃないですか
 もっともっとって思うのですけど。
 
詩みたいな短いのならいいのですけど。。
足りないくらいが丁度いい。。
 
 名言でちゃった。。

【追記】 本日、interFM [ONGAKU NOMADO ]
DJ:鹿野 淳さんの番組に、スガシカオさんコメント出演だそうです!!
 
 

2014年10月14日 (火)

「傷つける」  と  「傷口」

クリープハイプの「八枚目でやっと!九枚目でもっと!」

のライブ感想のあとに
スガシカオさんの楽曲の「傷口」について
”個人的な理由”による解釈を
書いてみました。
長いのですが、お気持ちのある方だけおつきあいください。
 
 
クリープハイプの「八枚目でやっと!九枚目でもっと!」の
ファイナル NHKホールでのライブは、先月の9月18日でした。
 
彼らのライブのMCは、
ひとつ、ひとつが印象的。
 
冒頭、
「今日は、ライブレポートとか書かれるとおもうんですけど
雑誌や、音楽評論家が序盤は、メンバーもお客さんも緊張していたが
尾崎世界観のボルテージが上がるともに…みたいな〜
そーーいうありきたりなライブじゃなくしようぜーー!!」
というMCではじまった。
 
わたしは、その日遅れてきてしまって
それは、聞けなかったのだけど、
尾崎世界観さん自身が開演前の場内アナウンスをしたり
後のシングル特典になる映像の演出がしかけられたり
とても構成の錬られたライブでした。
 
彼らにとって初めてのNHKホールのライブ。
よくアーティストがするように、、
彼らもご両親を呼んでいた。。
今回のホールツアーでは、箇所箇所で
尾崎世界観さん自身の赤裸々な性体験を
語ってきたのだけど。。
あ、、それは、新曲タイトルが 「エロ」 だったからで、、
今回もこの場で語られることを大いに期待していたのですが。。
MC
「この曲をやる前に、全国各地で恥ずかしいエロいエピソードを
話してきたんですけど、、◯◯では、はじめてラブホに行った話でしたけど。。
もう、削られて、削られて、、限界まで来ていて…」
そうとう、身を削ってきたらしく。。。
「おとうさん、おかあさん、◯んこ」
*◯は、「う」ではないです。。
小学生低学年の男児レベルの言葉が放たれたのですが。。 
 
たしか、、某。。あ、シカオさんも、武道館でご両親を前に
座薬の話をしてしまったことを後悔されてましたが。。
 
 
そして、この日、もっとも印象に残ったMC。
「嫌じゃない傷というのがあると思っていて。
マルコ(尾崎家で飼ってるワンちゃん)につけれた古い傷があって
もう消えてしまってその傷は、何年も痕になってそれを
”何かいいな”と思って。。風呂に入ると眺めていたりして。。
頑張って曲を作っていくので、そういう傷をつけられたらなっと。。
耳の穴に傷をつけられたらな…って思っています。」
そう言って、
「傷つける」
これは、唯一、尾崎世界観さんのアコギで、演奏された曲でした。
とてもすばらしかった。
 
ここからは、個人的な曲の解釈での
文章ですので
ご興味のある方だけになさってください。

続きを読む "「傷つける」  と  「傷口」" »

2014年10月12日 (日)

あたらしい息吹 (豪華過ぎる PV) 追記:ラジオ番組情報

きょうのドリームフェスティバル 2014も豪華そうですね!!
盛り上がったみたい。
追記
 ドリームフェスティバル 2014 スガシカオさんのセトリは、、
 Progress 19才 コノユビトマレ 夜空ノムコウ LIFE 午後のパレード Real face
だったようです!鉄板だー!
追記おわり
 
こちらも、豪華すぎて、クラクラします。
BBCの新しい、音楽の提供の在り方なのでしょうか?
10月7日からスタートされたサイトのようです。
チャリティソングの模様。。
 
音楽って魅力的。
やっぱりとっても価値あるものだとおもう。
イギリスは、
その価値が活かされる、そういう国なんだなって
ラジオ局のサイトひとつ、みても、思うのですが。。
P028675d1
P0287bd0_2

1. Dave Grohl / 2. Alison Balsom / 3. Lorde / 4. Pharrell Williams / 5. Zane Lowe / 6. Sam Smith / 7. Paloma Faith / 8. Eliza Carthy / 9. Nicola Benedetti / 10. Chris Martin / 11. Jaz Dhami / 12. Martin James Bartlett / 13. Danielle de Niese / 14. Stevie Wonder / 15. Florence Welch / 16. Lauren Laverne / 17. Brian Wilson / 18. Jake Bugg / 19. Katie Derham / 20. Gareth Malone / 21. Kylie Minogue / 22. Chrissie Hynde / 23. One Direction / 24. Emeli Sandé / 25. Elton John / 26. Baaba Maal / 27. Ethan Johns / 28. Jools Holland / 29. Jamie Cullum / 30. Brian May / 31. Tees Valley Youth Choir / 32. BBC Concert Orchestra

interFMで先週の火曜日からはじまった
鹿野さんのラジオ番組「音楽の窓」
がっつり聴いてみましたが
これも、音楽情報のランキング形式での
楽曲紹介。。
独特な視点でオンエアされるので
目新しい音楽ばかりでたのしかった。
 
終わったんじゃないか?って思われてたコンテンツに
あたらしい息吹を感じました。
 
シカオさんラジオ、コメントが各地であるようです!!
シカオさんも、来週、ラジオ公開録音ですね!!

続きを読む "あたらしい息吹 (豪華過ぎる PV) 追記:ラジオ番組情報" »

2014年10月 7日 (火)

JERSEY BOYS  見てきましたー! ネタバレないですたぶん。

ジャージー・ボーイズ…

テレビCMされたのかしら?
フォロワーさんのお薦めがあるまで、全く知らず。
クリント・イーストウッドの音楽の映画…いままでも撮られてたの
しりませんでしたが興味が湧いたので
見てきました。
 
なので、実は、ストーリーの主軸になってる
フォー・シーズンズ事態を、あまり知りもしなかったのです。
曲をきくと、、あ。。と思う程度。。
すこし苦手感が正直ありました。
ビートルズの方が、ポピュラーですもんね。
それでもこの映画は、、音楽を愛してる人なら
誰でも感動できる映画になっていました。
舞台は、ニュージャージー州ベルヴィル。
イタリア移民が集まる貧しい街。
ただ、それだけでちょっとゴット・ファーザーっぽいのですが。。
その理髪店で働く16才の少年フランキー・ヴァリが
天性の歌声を周囲の人に認められてはいるのですが
それを活かせないでいた。 
 
バンドメンバーの出会いから
華々しい成功を描くわかりやすいサクセスストーリー。
そこには、時代を経ても変わらない
理不尽な音楽業界の
オトナの事情に翻弄される若者だったり
お金や名誉と引き換えに
大切なものが失われていく過程だったり
同じバンド仲間の同士での確執がうまれてしまったり
バンド誕生のきっかけにすぎないことをいつまでも拘る人物がいたり。。
 
あの時代でなくても
あの世界のできごとは
変わらないのかもしれない
なんてことを思わせるに十分なリアル感がありました。
 
それなのに、あの時代に
いるかのような錯覚。
これが、この映画のみごとさでした!!
 
音楽のすばらしさは、音楽でいいのですが、
それを”映画”としての見せ方が
とってもうまかった。
同タイトルでミュージカルとして活躍してた俳優さんが
出演されてたことも大きかったな。
とっても歌がうまかった。
描かれているのは、人の人生でした。
その当時の言い方でいえば、スターも人。
生み出されて愛されてる音楽は、永遠なのに。。
そこに携わった人の人生が描かれてました。
 
それを知って聴く音楽は、、
また、さらに素晴しく聴こえてきました。
ぜひ、映画館で。。最後、スタンディングオベーションしたくなります。
 
演出のなかで、俳優がこちらに
話しかけてくれるのですが、わたしは、これアリでした。
時間は、巻き戻せない。
そんなことを感じながら帰ってくると…
 
デビュー当時にたった場所に
19年後に同じ場所に
ふたたびたってるというツイートをみる。
スガシカオさんでした。。
やっぱりこの方、サンプルのないミュージシャン人生おくってらっしゃるな。。
 
 
 

2014年10月 1日 (水)

㊗新曲 モノラルセカイの感想と歌詞(修正しました)

今回の新曲。。「モノラルセカイ」
シカオさんの歌ってる姿を想像しながら聴くと
かなりやばいです。。
 
たぶん、両手でスタンドマイクをにぎって
ささやくように
歌うんじゃないかと。。妄想がとまりません。
 
サビでは、、すこし手をひろげるのかな?とか。
うーー、きっとカッコいい!!!
シカオさんのような倍音をお持ちの人が囁くように歌われることが
1番効果的にその声の魅力を感じることができるって
たしか倍音の分析された人が語っていたことだった。。
 
11月のツアーで披露されるときには
クラップつきで、口ずさみたくなるような
80’sのロック調なギター、ベースがカッコよかったりして
全体的に爽やかなのメロディアスな曲調!!!
 
でもその歌詞には、、
いきなり、、
”自分以外の世界をただ憎む”
”みんな敵”
”笑う奴ら”
”死”
”殺”
”プールの底”
”悪意”
”潰される”
ダークサイド的な言葉がずらり。。
ひゃー。。ここまでよくあつめたぞ。。
でも、そこに
”たったひとりだけの僕の味方”
”光をまとう君の言葉”
 ”誰もがだれかにとって特別な人でありたい
そう願うにちがいない”
 
”君はそんな世界からきた たったひとりだけの僕の味方”
 
キラキラした言葉とのコントラストがくっきり!!
まさに、光を纏って
曲を。。曲を聴いてる人を救ってくれる。
 
やっぱりスガシカオさんの書く歌詞の世界は、
いままでだれもが見ない振りをする部分を敢えて書くってことを
ここまでか!!ってところまでしてくれる。
だからこそ、信頼できるのだけど。
普通のJ-POPでは、敬遠されがち。
 
それでも、配信だから、やっちゃうよっ、
見ちゃったものそのまま書いちゃうよっていう姿勢の感じられる、
ツアーに間に合うように作られたこの楽曲は、
この曲でつながっていこうよって
「約束」のアンサーソング的な
スガシカオ音楽を愛する人への
ラブレターだとおもった。
 
それを証明するように、CDは、ツアーパンフレットに。。
足を運ぶ人だけに許される。
 
 
以上が個人的感想でした!!
追記
カッコいいMVがシカオさんのFacebookに
公開されてたので。。載せておきます。
 
つづきを読むに、聞き取り歌詞をかきました。  
Bysvz1tcyaelb8j

続きを読む "㊗新曲 モノラルセカイの感想と歌詞(修正しました)" »

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »