2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

友とワインと嘘と胃袋

友人でありバンドをしてて
同じ職種(歌詞を書いてたりする)で
リスペクトする人。。
 
”あいつ”は、Mな、Sさんなのでしょうか?
もしも、あの方だとしたら、
お二人の出会いは、Mステで隣同士になって
そのあと、シカオさんがCD持って
楽屋に行ったというのが
出会いだったと何回か聞いていて
その後、ラジオ番組にゲストで読んで以降
公私ともに仲よしだと聞いている。
名番組、「僕らの音楽」でも
対談されてましたよね。。
このとき、セッションは、YUIちゃんとでした。
シカオさん、FLOWER FLOWERのアルバム、お薦めしてましたね。
 
 
2000年の11月号BREaTHという雑誌に
”一人のリスナーとしていろんな人の曲に
感動して聞いてる。(中略)
歌い方とかメロディも含めて、
スガシカオさんとか、aikoさんとか、あと玉置浩二さんもよかったな”
 
ミスチルの桜井さんがそこで、、おそらくはじめて。。
(違っていたらごめんなさい)
スガシカオさんのことを語っていて
 
偶然、ブックオフで見つけた時は、
あ。。もしかして、これ、シカオさん読んだんじゃないか?
という妄想でいっぱいになったことがあった。
 
それは、この雑誌には、シカオさんのインタビュー記事も
掲載されてたからだった。
『4Flusher』のプロモーションのときだった。
 
この記事に、いまにも通じる歌詞について
語るシカオさんの言葉が、印象的だった。
「だから、自分自身を、俺ってものを
絞り込んでいけば絞り込んでいくほど、
そこを中心点にして描かれていく渦は大きくなって。
人を巻き込んでいく渦が、”みんな”っていう
不特定多数の存在をイメージしながら創った曲も
みんなに訴えてみんなのこころにひっかかってく
力を持ってるだろうけど。
でも、ぎゅーっと自分個人に焦点を近づけて
より深く一点を描いた時に、曲の中に出てくる力も
たしかにあるんだよね。」
 
 
スガシカオ特集の別冊カドカワは、
2度ほどあるのですが(これは、保存版ふくめ2冊ずつ購入してます)
10周年と15周年いずれにも、
桜井さんとのインタビュー記事が載っている。
 
15周年のときには、桜井さんが
「音数の少ないシンプルな構成のアルバムを作ってほしい。
スガさんの持ち味って倍音だから…」とあって
独立後、インディーズ時期に出した
そのアドバイスが効いてるのかもと
思ったものでした。
Mr.Chirdren特集15周年の別冊カドカワにも
シカオさんが、コメントを寄せている。
「桜井くんには、”同士”みたいな感覚を持ってます。
僕もそうだといいなぁと思って付き合ってるし、
桜井くんもそうなんじゃないかと思うし。
考え方や世の中に対する構え方は
全然違うけれど、志向するところはよく似てる気がしますね…」
 
1129
やっぱり、昨晩のつぶやきの
泥酔作詞大会のお相手は、
MバンドのSさんに、間違いない気がしてきましたが。。
 
 
昨日、ツイッターに流れてきた記事。
ミスチルにそれほど詳しくないわたしでも
ちょっとした衝撃でした。
時は、流れて、、自由って意味も、
いろいろに意味を帯びてきている
そんな風にもおもいました。
 
男性のこういう関係は、うらやましくもあり
あこがれでもあり、大変、興味深いのですが
女性には、立入れないことなので。。
この辺でやめておきます。
 
大好きなアーティストがご機嫌なこと、、それだけで十分なのです。
ビクターロック祭り!ご出演おめでとうございます!!!
この第一弾での発表、うれしかった!!
スピードスター様、ありがとうございます!!
このブログは、基本、妄想でなりたってます。。すみません。
お読みいただいてありがとうございます。
 

2014年11月23日 (日)

Suga Shikao ~Next Round Tour 2014~ @東京ドームシティ スガシカオの柔らかなカオス (3)

「バクダンジュース」

同じような世界観でありながら
最近の独立後の曲、「Re:you」
 
いつのまにか、バンドメンバーが
揃っていて
ドロっとしたエレクトロファンクみたいなこの曲のあと、
ひきつづいての「19才」は、CDとは、違って、
もっとも好きなアレンジで生まれ変わり、
エレクトロファンクポップ。
2013-14CDJ(カウントダウンジャパン)のときと
おそらく同じアレンジかな。WOWOWで放送されたので、見直してみたい!
LMFAO のPartyRockAnthem思い出します。
田中義人さんのギタープレイによるポップな感じがいい♪
最初こそ、緊張されてた感じのシカオさんも
いや、してなかったかな??
このときには、セクシー全開でしたー!
 
つづく「ストーリー」は、
オーソドックスなアレンジで
ファミリシュガー時代を思い出せた。。
ユウコさんのコーラスがすてき。
 
「バナナの国の黄色い戦争」
この曲のゴージャス感っていうのは
生演奏だとほんとにすごい!
こういうFUNKを日本でこんなに浸透させてる
シカオさんの功績ってスゴいなーって思う!
 
「HOP STEP DIVE」は、名古屋でも
感じたことだけどこの曲ってこんないい曲だったけ?
なぜか再発見の曲です。
たぶん、コアな曲がすきだった時を通過したんだと思います。
 
ここで、、やっとMC
さらっと挨拶だけで、、あんまり覚えてないのですが。。
 
 
そして、「ぬれた靴」
このセットリストにこの曲がある違和感は、
ずっとあったのですが、、村上氏の登場で納得です。
村上春樹氏に”ぼくのいちばん好きな歌詞”といわしめた、、
名曲中の名曲ですが、ライブでは初!!!
一音一音漏らさず聴いたのですが。。
このライブ音源、ほんとうにほしいです。
 
つづく「グッドバイ」のアレンジが、、最高でした。
CDでは、ちょっとだけ時代の音を感じる(生意気。。スミマセン)
のに、、このライブでは、まったくそれを感じさせない、
メロディの美しさが引き立つ、アレンジでした。
 
MC
(独立してしばらくは、大変で
邪魔とかがあったけど、少しずつ味方になる人が
集まり始めて、去年の夏くらいからやる気がでてきて
今年のはじめに「アコースティックアルバム」を出したんだけど
来年は、アルバム制作に入ります。
誰かがアイドルとかの売上げで負けだとか
騒いでいるけど、そんなことでイイ音楽は
消えていかない。
音楽は、どんな形であっても残っていくと
思ってます!!)
(追記;感動してたのに、抜けてました)
 
 
このあと、「LIFE」「アストライド」
名古屋でも思いましたけど
曲のつながりも照明もすばらしくよくて
「アストライド」では、、
この曲を、いま、同じ場所で村上春樹さんが聴いてる。。
そのこともあわせて
ステージ上のスガシカオさんがカッコよすぎで
泣きました!!
 
 
バンドメンバーが去り、
つぎの曲の前に
HitoriSugarみたいに、
楽器を演奏しながら演奏スタイルを
レクチャーしてくれます。
こういうスタンディングライブでも
こういうのあるのいいな!
エド.シーラン彷彿させる
スラム奏法の説明。
ギターボディを叩いてビートを刻む。
この「アイタイ」も格別でした!
そして、個人的にもっとも聴けてうれしかった曲。
シンプルなアコースティックでの
「AFFAIR」この曲は、デモテープとして
デビュー前にあったものを
スガマニアの方に聴かせていただきました。
もちろん、そこからの進化はすばらしいのですが、、
時を経て、このギターだけのシンプルな「AFFAIR」が聴けることって
どれだけ幸せなんだろうと思うのでした。
「Progress」で、ふたたびメンバーが途中から
登場して、重厚なサウンドが届けられて
カッコよく、、ためてからの。。。「進もう!!」が決まって!!
 
また、、あやしげな雰囲気の照明
MC
ここで。シカオさんによるバンドメンバー紹介だったかな。。
バンマス坂本竜太さん。。ボーダーのシャツとネックレスのこと、、へんなって言ってましたね。
コーラス大滝裕子ユウコさんは。。衣装が、ツアーの日程がはげしくてクリーニングにしょっちゅう出すのでちぢんだ。。って。。
ドラムス、岸田容男さんキッシーさんは。。いつも、言ってることが意味不明なので、、パルス(?)で感じるしか無いって。。
ポチさんは、いまや、売れっ子プロデユーサー。。でも、ガソリンスタンドでアルバイトしてた。。
ギター田中義人さん。。札幌のフランクザッパでした。。
※こんなひどい紹介ですけど
この名もなきスガシカオのツアーバンドの豪華さったら、ないのであった。。
このときでした。(訂正)
MC"実は、ドキドキしていて、。。あとで、ツイートするけど、、"と
村上さんが観覧されてることを匂わせる発言をしてました。
すっかり安心して心配なんてしてなくても、
いつのまにか、気がつくと、がんばってー。。なんて、言わされてしまいます。
なんだか、このあたり、、
シカオさんの不思議な魅力です。
 
MC“有名なJ-POPをたくさんやったから、、”
ここ、ウケたので、2回いう。。
“有名なJ-POPをたくさんやったから、
これからは、FUNKをやるぜーー”
「カラッポ」
「モノラルセカイ」
「奇跡」
ここから盛り上がり過ぎでした。
「91時91分」※名古屋のセットリストにはなく追加された楽曲
                  そのかわり、「愛について」なくなりました。
「したくてたまらない」
 
「Thank you」
海にうつった 月の道
たどれば 神に近づける
 
この曲を聴いて、NEXT ROUND TOURのライブは、
大成功だったな。。と思いました。
(意味がなければスイングはないに、掲載されてます)
 
このときのバンドメンバーのそれぞれの方の演奏も
シカオさんの神懸かりな歌も照明もオーディンスもさいっこうでしたー!
 
「午後のパレード」。。
この曲は、スガシカオライブ、サザエさんソングです。
あーー。。たのしみは、、終わってしまいます。
 
アンコールでは、、定番のグッズ紹介。
ベースの坂本さんと、ギターの田中義人さんが
それぞれタオルをもって通販のお姉さん的動作。
シカオさんが一生懸命CD付きツアーパンフ説明してるのに
気がちっちゃうほど。。
これだけでも、DVDにしませんか?ようつべでもいいよ!!
権利問題ないし!!!
そして、、カパフルくんの巨大パネル登場。。
メルマガでも発表のあった、サプライズで
グッズ販売促進企画の発表!!!
わたしの第一声は、「なにそれ?」でした。。
帰りは、グッズ売り場の長蛇の列!!
作戦成功でした。。。。。。
当選、、無理だろうな。。
 
そのあとの「アシンメトリー」の息の揃い方!!
神がかりでしたー!!
ここでしたか?スペシャルなゲストとして
FireHornsを招き入れて。。
「イジメテミタイ」は、忘年会ソングだっていってましたよね??
ピンクのギター登場です。。
「コノユビトマレ」
 
このあと、ダブルアンコールで
「情熱と人生の間」
シカオさんが、バンドメンバーに、ひそひそ、、
急遽きまった一曲は、FIREHORNSも加わっての
「俺たちファンクファイヤー」でした。
ジャンプは、14回でしたー!!
 
長くなりましたが、、お読みいただいて
大変、むりくり、村上春樹さんのエッセイと
結びつけてのライブレポ、、
理解不能な点、多々あると思いますが。。
 
「意味はなければスイングはない」
ご購入いただいて楽曲とともに、あじわってください。
ありがとうございました。
※MCの部分、協力者M子さま、大大感謝です。
 
Suga Shikao ~Next Round Tour 2014~ @東京ドームシティ
2014.11.22
セットリスト
 
1.バクダンジュース
2.Re:you
3.19才
4.ストーリー
5.バナナの国の黄色い戦争
6.HOP STEP DIVE
7.ぬれた靴
8.グッドバイ
9.LIFE
10.アストライド
11.アイタイ
12.AFFAIR
13.Progress
14.カラッポ
15.モノラルセカイ
16.奇跡
17.したくてたまらない
18.91時91分
19.Thank you
en
20. アシンメトリー
21.イジメテミタイ
22.コノユビトマレ
wーen
24.情熱と人生の間
25.俺たちファンクファイヤー

 

Suga Shikao ~Next Round Tour 2014~ @東京ドームシティ スガシカオの柔らかなカオス (2)

東京ドームシティホールは、

スガシカオさんもはじめてライブ会場として
使われたので。。
わたしも、始めてだった。
 
入ると受付嬢のような方がいて右手から
エスカレーターがあったので
それでアリーナーまで降りて行く。
 
ステージは、横に広く天井の高い
気持ちのいいステージでした。
オペラハウスのようなバルコニー席も
たっぷりあって
そこからの眺めもとっても良さそうだった。
 
関係者席と思われるところに目をやるも
だんだん熱気で霞んできて
村上春樹さんの所在は、わからなかった。
 
 
かなりの長い間のBGM
グラハム・セントラルステーションの
楽曲で、唯一わたしのiPhoneに入ってる曲
アルバム「Release You」の中の一曲、「I Believe In You」で
ボリュームが上がって、
最高潮な気分でライトダウン。
 
緞帳があがって
スガシカオさん登場。
ナタリーの記事の写真にもあった
グレーっぽいシャツにブルーの革?のつなぎで、
肩ひもブラっとさせて登場!!
 
アコースティックギターのカッティングで
「バクダンジュース」
一曲目がこの曲だったのは、、
この日のためだったのか?!
左右に2枚ずつのライティングボード?のようなものが
点滅して、妖しげなスガシカオワールドがスタート。
 
この曲は、
”スガシカオの柔らかなカオス”の章の
楽曲解説のなかで最も(わたしには)難解な文章で
2006年、、たしかその頃はじめてこの文章に出会うのですが
すぐには理解できなかったのです。
 
いまでも、はっきりとこういう風に言ってる!!などと
数多くのハルキストの前でとってもじゃないけど
言えないです。
 
ただ言えますことは、
この文章は、スガシカオワールドを
村上春樹さんが深い愛情をもって
語られてるということです。
 
「バクダンジュース」の解説では、
”ぬめりのある独特の生理感覚、
もうひとつは、突き抜けてしまうようなあっけらかんとした観念性”
この二つの感覚が…”柔らかいカオスのようなものを生み出す”
この章のタイトルにもなってます。
 
”1995年以降でなければうまく通じにくい、
漠として「カタストロフ憧憬」ではないか”
“言い換えるなら、彼の音楽は、そのカタストロフ憧憬っぽい
抑圧的な「気分」を白昼堂々と遵法枠内でスマートに内燃させていくのである”
 
このカタストロフの言葉の意味は、「大変動、大変革」で憧憬は、「あこがれ」なのですが
村上さんのいう、カタストロフについては、、
日本人は、地震や台風の自然のもたらす「カタストロフ」とともに生きてきた民俗で
襲いかかる自然の猛威も「諸行無常」という言葉で乗り越えてきたけれど
1995年に起きた阪神大震災と地下鉄サリン事件は、これまで全く経験したことのない新しい種類のカタストロフだと
村上春樹著書、雑文集の「東京の地下のブラック・マジック」に語っています。
 
今回、「意味がなければスイングはない」を
改めて読み直して、
スガシカオさんが、1998年リリースした、アルバム「FAMILY」
※(うっかり間違えてました。。「CLOVER」より訂正しました
Yさん、ご指摘ありがとうございます)
このときから時を経て
3年前の311を経験したのに
なぜか、児童虐待や無差別殺人事件が
多発する2014年にも
「バクダンジュース」の癖になるファンクリズムと
歌詞が心に響くのは、当然なのかもしれないと
思うのでした。
 
今回のセットリストの一曲目は、
アルバム「FAMILY」からの「バクダンジュース」意外には、
ありえない!!
という、勝手な解釈の記事になってしまいました。。
 
ライブレポ期待されていた方、、すみません。
つぎに、ライブレポらしいこと書かせていただきます。
 
つづく。
 

Suga Shikao ~Next Round Tour 2014~ @東京ドームシティ スガシカオの柔らかなカオス (1)

「意味がなければスイングはない」の村上春樹氏の著書の中で

全10章のうちの一章が、
”スガシカオの柔らかなカオス ”というタイトルがつけらています。
 
この著書のあとがきに
”ゆくゆくは文学か音楽を職業にしたいと希望していたわけだが
結局は音楽を職業にすることになった”
とはじめての職業は、音楽だったと語り、
ジャズ喫茶の店をはじめたが、
でも、なにか物足りなさを感じて29歳のときに
ふと思い立って、専業小説家になったとあります。
その後、音楽について積極的に文章を書かなかった理由を
「もう二度と音楽を仕事の領域に持ち込みたくない」
という気持ちがあったと書いた上で、
 
”音楽について
一人の誠実な(そう思いたい)音楽のレシピエントとして、
同時に一人の職業的文筆家として
そろそろ真剣に腰を据えて語るべきではないか?”
 
と、、語られた
全10章のうちの一章が
”スガシカオの柔らかなカオス ”でした。
 
 
11月22日、この日の東京ドームシティ周辺は、
コスプレイベントがあって、
オレンジやパープルの髪の色のコスプレイヤーで、溢れていた。
11222
どうやら、撮影ポイントがあっていたるところで
撮影していて、まさにカオスな感じだったのですが。。
その喧騒からすこし離れた会場前で
スガシカオさんのライブの開場を待っていた。
 
11221
一緒に並んでいたハルキストのシカ友さんに
春樹さんがいると言われて前方に目をやると
カジュアルな感じの”世界の村上春樹”さんが
会場のガラスばりの壁に寄りかかってスマホをいじっていた。。
30分押しのため、待たされているのだった。
フォロワーさんの話によると
何度か係員に訊ねていたのに、その係員、
「ここで待っていてください」という対応で、、
係員もまさか、ここに村上春樹さんがいるなんて
想像もできなかったのだろうと思ったのでした。
 
 
 
つづく

2014年11月18日 (火)

それでも、スガシカオライブ音源のDVDほしー!!

のこる3本と、NEXT ROUND TOUR 2014は、

大詰め!!!
きょうの大阪、盛り上がるだろうな。。
 
毎回、ライブの感想がTLにとびかって
名古屋参戦したというのに、、また、味わいたい。
これ、生ライブ依存症ですね!
東京まで、待ちきれません。。
ギャンブル依存症っていうテーマをクロ現でやっていて
なんか、似てるな〜。。っておもったのでした。
すでに重症です。。
そこで、すでに参加された方も、事情で行けない方も
ほしいのが、ライブ音源のDVD!!!!
 
独立前までは、当たり前のように
アルバムCD初回盤限定に、おまけでついてきていた。
FUNKFIRE’07 FUNKFIRE’08いまでも、よく見返してます。
 
2011年10月の独立以降、
ベストアルバムが2枚。2つのメジャーレーベルから出てるのですが
これには、つけられなかったし。
独立後、自主レーベル、新しいメジャーレーベルからのリリースにも、つけられてないです。
追記:(「アイタイ」には、表題曲「アイタイ」のミュージックビデオと、独立後にリリースされた

配信限定シングル2曲(「Re:you」、「FESTIVAL」)のライブ映像を収録したDVD

ついてました。。)すみません。
先日も、”映像作品は、権利の都合で”とあった。
 
このツイートに、いささか、子供染みてはいたのだけど
こんなツイートをしてみた。
 
このとき、「シカオさんは、もうDVD発売しないって言ってるのですか?」という
リプをいただきまして、、
簡単に、140文字の中で、勝手な自己解釈で返答できないので
できるだけ、いまの段階でわかってることだけ書いてみようかなと
思いました。
 
シカオさんのライブには、独立前の曲、独立後の曲が
バランスよく入っていて、
後半のFUNK祭りには、独立前のかかせない曲が数曲ある。。
 
あたらしい曲ばかりのライブなら、きっとDVDにできるのかもしれないけど。。
ライブは、”生き方”って以前、語っていたけど、
この現実も、含めて伝えてくれてるのかもしれない……
とも思うのです。
「世の中には、ままならないこともあるのだ。。」というような。。
 
クリープハイプがレコード会社を移籍するときの
騒動のときの記事があって、それが
この問題の難しさをわかりやすく
書いてあって。。
アーティスト本人が原盤を持てばこういう問題は解決できるのでは?とおもうのですが、それは難しいのでしょうか?」
 
ミニアルバムの制作費を、、フェラーリ458の値段と同じくらいだと
書いていて、いささか、いまに照らし合わせると半分くらいだそうだけど
それでも、1000万円。。
『CLOVER』から『FUNKASTiC』まで、オリジナルアルバム9枚。
9×1000万円。。こんなおおざっぱなことでは、ないでしょうが。。
 
原盤権を所有している事務所や、レーベルから
生ライブ音源をDVD化できる権利を
アーティスト自身が手にすることは。。
とても大変なことだと想像できます。
原盤権の存続期間は原則的ににレコードの最初の発行の翌年から起算して50年
たぶん、わたしは、ギリギリな感じです。
 
テレビから流れてくる音楽を聴いて
音楽雑誌にたくさん掲載されるアーティストは
この契約があるから流れてきて、見たり聴いたり
できているのですよね。
まぁ、すべてではないですけど。。
いままでの楽曲の所在のことを、、
メルマガでたった1度だけ、教えてくれました。
 
「過去15年で作ってきた曲で、BEST盤が発売されようが、
リミックスされようが、DVD化されようが、ぼくの口出しが及ぶ所ではありません。
曲は、ぼくの作ったものではあっても、ぼくのモノではないのです。」
 
ですので先ほどのツイートは、子供染みたことでは、ありましたが
ほんとに、こころの叫びでした。
 
ってか、なにより、シカオさん自身が血や涙をながしてるんだろうなと
思うと、、せつなすぎです。
 
昨年でしょうか、亡くなられた佐久間正英さんが
つくられてた原盤権がアーティスト側に有利なのシステム
こういう考え方が、すこしでも広がることを願うばかりです。
 
スガシカオさんが、、
ここまでしても、やりたい音楽。。
それを待ち望みたいと思います。
※最後に、たくさんRTして頂いた方ありがとうございます。
 

2014年11月14日 (金)

ニコ生のセカイ

スガシカオさんのNEXT ROUND TOUR 2014
楽器のメンテナンス、ご自分の体調管理、演奏のおさらいとか
ミュージシャンのやることって
たくさんあるのに、
先日は、たのしいニコ生、届けてくれました。
コラボTが似合って、いつになく?
カッコよかった〜✨✨
 1
残念ながら、いつもアシストしてくれる山蔭さんは、
ご病気のため、欠席で、、
そのかわり、代打にキッシー登場!!
とってもたのしかった〜!
キッシー登場前、、シカオさんが一人でやってるとき、
なんか、一対一感が、実は、すきです。
 
4000人?5000人対1なんですけどね、ほんとは。。
でも、間が持たなくなっちゃうのかな?
そのあと、二人になってホっとしてベラベラしゃべりだす
シカオさんもすきですけどww
 
ニコ生のセカイ。
これが、どれほどの浸透度なのか
よくわからないのですけど。。
確実に、ひろがってきていてだれもかれも
やりはじめてる。
 
シカオさんが、独立直後、初音ミクとか、ニコ生、やりはじたのは、
おそらくニコニコ動画がこういうガイドラインのもとで運営されているところという
こともあって、手がけられたのかな?と推測するのですが。。
こういうメジャーにちかい(あのときは、インディーズだったので)
アーティストでは、魁だったんじゃないかな?って
思ってますがいまや、メジャーにいるひとが、わざわざニコ生でやってる。。
 
 
鹿野淳さんのインタビューで
FNS歌謡祭に出演されたあと、NEW ACOUSTIC CAMPのライブに
出演されて。。
どちらにも、居場所をみつかられなかったっと語っていたことに、
すばらしく完璧であったし、観客の反応もよかったのだけど
違和感のようなものがあったんだぁ。。と
あらためて感じて、、。
 
テレビ、ラジオのセカイ。
ニコ生のセカイ。
SNSのセカイ。
 
今回のツアーから登場したゆるキャラ”かぱふるくん”は、
日本で唯一、自立しないゆるキャラ。。
緑色の触覚みたいのなのは、武器で、
攻撃的なんだそうです。 
なんか、かわいい子が写真とったりすると汁をだすとかww
スガ汁じゃないですって言ってましたけど。
 
空気中を”浮遊”してるんだ、、なんて言われたこともあって、
テレビ、ラジオのセカイ、ニコ生のセカイ、SNSのセカイ。
どこの場所にも適応して、存在感をしめしてる
スガシカオさんの立場を投影してるようにも感じました。
 
2
 
先日、星野源さんがスタジオパークに出演されたときに
視聴者に、質問できるコーナーで
いま、音楽をなにで聞いてるのか?
三択になっていて、
1、CD・カセットテープ 2、インターネット/ダウンロード 3、テレビ・ラジオ
たしか、一番が、3で、つぎが、1で、2がインターネットだった。
平日の視聴者の年齢層が高いってことも
あるのだけど、音楽にそれほど興味なければ、
いまや、わざわざ音楽買わないんだな。。って思ったのでした。
 
いま、デフレスパイラルから脱却したあとのアベノミックスで
空前の物価上昇。。賃金の上昇は、、そのままで。
びっくりするくらい円安の影響でのさまざまな食品の値上げがあったりで
お財布がさみしいこのご時世。。
 
なにがこころをあたためてくれるのでしょう。
鹿野さんの「モノラルセカイ」のライナーノーツで語られた普遍的な音楽。
いつまでも、聞き続けられる普遍的な音楽。
それは、たった一曲のCDだったり、DLであったり、
ライブであったり。形態はさまざまでも、音楽であったらいいなとおもいます。
 
新しいツアー告知もはじまりました。
10448752_769662326455571_2198582290
 
 
 
 

2014年11月 6日 (木)

スガシカオ全部盛り Next Round Tour 2014@Zepp Nagoya 2014.11.4 セットリストあり

スガシカオ『Next Round Tour 2014』11月4日Zepp Nagoya

すばらしいライブには、
ほんとに言葉は、いらなくて
ただただ足を運んでほしいとおもうのですが。。
『Next Round Tour 2014』
演奏が、、アレンジが。。云々じゃないすばらしさでした!!
 
ライブレポというよりも
これから行くのに、セトリ知りたい方。
もう、行かれた方。
行きたいけど、様子を知りたい方へ。
拙い文章ですが、、お役に立てたらうれしいです。
 
 
 
グッズ売り場で、会場限定タオルを発見!!
おもわず、ゲット!
日本列島を2つにわけて、北を白地に赤の文字、
南を黒字に黄の文字の。。
商売上手です、今回!!
Photo
かぱふるくんも、げっとー!
やばいです!!かわいい!!
等身大のパネルもあった。
注意事項がたくさん、かいてありましたー!
”凍らせたり、直射日光の下に置いておくと破裂します!”
”思わぬ事故の危険がありますので、小さなお子さんの手の届かないところに”
等々、丁寧に扱わないといけないみたい。
今回のツアーでもっとも驚いたのは
シカオさん自身の等身大パネルでした!!
とってもうれしかったです。
なんでいままでなかったのか、不思議です。
ライブ後、しばらく解放してくれて
写真を撮られる方が大勢並んでました。 
 
 
このあと、ステージの印象と
ライブから伝わってきた感想になります。
セットリストもあります!!!
ですので、お読みになるとき、ご注意くださいねー!
 
 

続きを読む "スガシカオ全部盛り Next Round Tour 2014@Zepp Nagoya 2014.11.4 セットリストあり" »

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »