2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏目漱石 「こころ」 と 姜尚中「 心」 | トップページ | FM802 25th Anniversary 802GO! RockFestival 「RADIO CRAZY」@12.27 星野源/スガ シカオ その① »

2014年12月24日 (水)

本と音楽の関係性 中島ヒロトさんとスガシカオさんのラジオ文字起こし。その1

11月3日に、オンエアされた
JFL HOLIDAY SPECIAL Cafe NESCAFE presents Meet At Book Cafe
中島ヒロトさんとスガシカオさんのラジオトーク
クリスマスイブにアップしました。
 
 
きょうのボクのミッションは。。
本と音楽の不思議な関係性を読み解いて行くこと。
文学と音楽、そこに共通するものとは。。
ここでは、ミュージシャンの本棚を紹介しながら
その創作の源になる本についてお話を伺います。
ボクの仲良くさせていただいてるミュージシャンで
ピッタリの方がいらしたのでその方をお呼びしました。
スガシカオさんです。よろしくお願いします。
 

ヒ:本もたくさん読んでらっしゃるでしょうし

シ:そんな本好きの人からすれば全然ですけどね。

ヒ:歌詞を書かれたり文章にふれるということは多いと思うのですけど

    スガさんは、世間一般では詞に関しては天才!て評がありますけどね。

ス:100年に1度って言われていますね。。

ヒ:あんまり自分で言わない方がいいとおもいますけど。。

ス:天才も最初は、自分から言い始めたところがありますけどね。

ヒ:あはははは

ス:新聞に小さく”第三世代の天才”って言われたことがあって、それを15年くらい引きずってるんですけど。。 

ヒ:引きずってはないです。ほんと、その通りだと思いますけどね。
 
ス:ありがとうございます。
 
ヒ:もちろん、ぼくもスガくんのデビュー曲、「ヒットチャートをかけぬけろ」97年になりますけれども、最新曲「モノラルセカイ」まで、たぶん、1000回以上、ラジオでね、
能動的に、、紹介してきました。。
ス:おんきせがましいなww
ヒ:自ら能動的に紹介してきたので、スガくんの才能は、非常にわかってるのですけど。。
あの、、スガくんは、あの村上春樹さんをして、日本のポップロック音楽は、あまり聴かないがスガくんの音楽だけは、新譜がでる度に、ちゃんとお金を払ってCDを買いに行くと言わしめたミュージシャンですからね。
 
ス:ぼくは、大好きなので、、天才だねっすごいって言われると、ひきますよね。。
あなたの方が1000倍ぐらいすごいでしょう。。みたいな。
 
ヒ:いやー、でも、村上さんをして、スガくんの楽曲を聴くことで思われたんですからそれは、間違いない訳で。。
ここに「意味がなければスイングはない」があるのですけど、この本からも
スガくんのことを評してるくだりが、、
そういう風に書いてあるのを、抜粋させていただいたわけなんですけど、
すごい、びっくりするくらい、、当たり前なんだけど、村上春樹さんだから、 
あ!!そうなんですよ、スガくんて。。思った、読んで。。
 
ス:すごい難しい分析されてますよね。
 
ヒ:だから、勿論、ちょっとわからない言葉も正直でてくるんだけど
それを除いたとしても、ぼくらが思ってるスガくんってそうだと思いますって。。
文章、すごいなって思いました。
 
ス:全部、見透かされてるみたいで、小細工とかも、ぜんぶ、見透かされてるんだろうみたいな、、感さえありますよね。
 
ヒ:きょうは、そんなスガシカオさんの本棚をのぞいてみたいと思います。
 
トントンギー(ドアが開く音)
 
ヒ:こちら事務所なんですね。
 
ス:ぼく、所属事務所がないので、ここで音楽を作り
レコーディングをし、雑誌の打ち合わせをここでやり、
マネージャーとの集合もここで全部やってるんですよね。
 
ヒ:当たり前ですけど、きれいにされて
一般には手が出ないソファーがおいてあり、、
 
ス:ぜんぜん、手、、手が出ますよ。。フツーの布張りのソファじゃないですか。。
 
ヒ:このソファで、、打ち合わせをしたり、取材を受けたり機材もいっぱいありますけれども
そして、ガラス張りの本棚、、DVDとかもあるんですね。
ご自宅の自分の部屋よりも、本は、こちらでって感じですか?
 
ス:自宅には、本棚もCDもなにもないですね。
楽器も一台もないです。
切り離して考えないとだめなんで。。。
 
ヒ:なるほどね。。
一人の時は、この本棚から本をだして読むってかんじなんですね。
 
ス:そうですね。
 
ヒ:では、失礼して、改めて本棚改めて、紹介させていただくと、、
なるぼど、、村上春樹さんの本が多いですね。
 
ス:半分ぐらいは、だぶん、春樹さんの本ですね。
全集ももってるので、単行本もほぼコンプリートで揃ってるはずです。
 
ヒ:すごいですねー。このあとも、、この本を見ながら
話を伺って行きたいんですけど。。長いことしゃべっておりますが
なんも、出ないもんだなー。。ノドもちょっとかわいて…
 
ス:なんか、だせ!ってことですか?
 
ヒ:そこに、バリスタが。。
 
ス:バリスタっはい、これで3代目です。。
 
ヒ:ちょっとコーヒー飲みながら、、
 
ス:ボタン押せば、、自分でできるんで。。
 
ヒ:セルフサービスで、、じゃ。。 
 
つづく。。
 
 
モノラルセカイ

« 夏目漱石 「こころ」 と 姜尚中「 心」 | トップページ | FM802 25th Anniversary 802GO! RockFestival 「RADIO CRAZY」@12.27 星野源/スガ シカオ その① »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/58309819

この記事へのトラックバック一覧です: 本と音楽の関係性 中島ヒロトさんとスガシカオさんのラジオ文字起こし。その1:

« 夏目漱石 「こころ」 と 姜尚中「 心」 | トップページ | FM802 25th Anniversary 802GO! RockFestival 「RADIO CRAZY」@12.27 星野源/スガ シカオ その① »