2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝サマソニ出演!スガシカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)!6年前のサマソニ出演のときを振り返って、、 | トップページ | To Apple, Love Taylor ♪鮮やかすぎる!! »

2015年6月17日 (水)

是枝監督「海待diary 」を見ました。パンフレットには、スガシカオさんが。。

この原作の漫画もスガシカオさん絶賛で

読み始めていたのですが、、
あまりにも好きすぎて、、
監督が、、あの是枝監督だとしても
不安があった。
 
見終わって、、すぐよりも
映像が何度も脳内で蘇り
あのシーンが、よかったな。
あの演技が絶妙だったな。
あの風景がまた見たい。。
 
そんな風に余韻を楽しめる映画になっていました。
 
そして、パンフレットには、スガシカオさんのレビュー。
 
この映画のエンドロールに、、
スガシカオさんの楽曲が流れることを願った人は
少なくないです。
 
スガシカオさんも、、そのことに触れています。
 
吉田秋生さんの漫画で描いた世界と
スガシカオさんの音楽のもつ世界は、
とても近いところを描いてるなっと
思わせる点がたくさんあって。。
 
一つのモチーフに宿る人の思い。
それも、人の生と死に関わる少し、難しいテーマを
とてもうまく吉田秋生さんは、漫画で
スガシカオさんは、歌詞と音楽で
描いていたから。
「桜」「月」「青空」「坂道」
もうすこし、、あるでしょうか。。
 
願いは、、叶わなかったのですが
そこには、是枝監督の表現者としてのこだわりが
あったのだと思います。
 
パンフレットのスガシカオさんの文章をお読みになったら
少し前に書いた拙記事も
目を通していただけたらうれしいです。
是枝さんと、シカオさんが以前対談された記事のことです。
 
SWITCH 特集是枝裕和の20年
”海待”へーある家族の物語
ここに、、個人的にうれしいことが
書かれていました。
作家向田邦子さんが、とても好きなのですが
是枝監督も「私を作って9人のテレビ人・映画人」に
上げていらして、
向田邦子さんのところで
わたしが以前、向田邦子さんの「胡桃の部屋」の
震災後のタイミングで流れたリメイク版をみたときの感想と
まったく同じ思いを抱かれたことが書かれていた。
 
向田さんの作品は、古き良き日本の家族ではなかったのではないか?
という視点だった。
家族は、すばらしいという価値観に縛られなかったところが向田さんのおもしろさだと。。
 
この「海待diary」も
懐かしさや、風景の美しさに目を奪われながらも
古き良き日本の家族を描いてるのではなく
さまざまな葛藤がありつつ、、佇む4人の姉妹が描かれてました。
 
 
 

« 祝サマソニ出演!スガシカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)!6年前のサマソニ出演のときを振り返って、、 | トップページ | To Apple, Love Taylor ♪鮮やかすぎる!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/60411295

この記事へのトラックバック一覧です: 是枝監督「海待diary 」を見ました。パンフレットには、スガシカオさんが。。:

« 祝サマソニ出演!スガシカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)!6年前のサマソニ出演のときを振り返って、、 | トップページ | To Apple, Love Taylor ♪鮮やかすぎる!! »