2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2004年の教えてシカオちゃん The Shikao Times篇にあった 音楽的ルーツや、細々な質問に答えてる記事を 文字起こししました。 | トップページ | 地震、台風につづくおそろしいもの。 »

2015年7月10日 (金)

クローズアップ現代「あなたは音楽をどう愛す? 新・配信サービスの衝撃」のこと。

クロ現でとりあげられた

「あなたは音楽をどう愛す?
新・配信サービスの衝撃」
サカナクションの山口一郎さん、佐野元春さん、
テイラー・スウィフトの発言が、こういう番組で聴ける。
社会的問題として、音楽そのものの価値の行方を
取り上げられたことは、とてもうれしかった。
音楽ビジネス、、としての枠だったのかもしれないのだけど。
 
 
このブログを読んでいただいてる方は、
音楽の価値とは、どんなものか?
愛するアーティスト生み出す音楽の力がどれほどのものか
ご存知な方ばかりとは思いますが。。
でも、生活の余裕の上に成り立つ音楽。
負担がかからない方を選ぶのもわかります。
Appleは、わたしの音楽生活をほんとに楽しいものに
してくれてきました。
リスナー(消費者)の使いやすさ、ファッション性、サプライズを伴う機能性。
スティーヴ・ジョブス懐古趣味なのかな。。これも。
でも、、アーティストへの利益分配がどうにも気になります。
NINのトレント・レズナーは、タダで聴き続けられるよりも。
定額購読のスタンスと、、ずっと関わってきたコンテンツをAppleが引き継いだことで
アーティストという立場からも、文句は、ないようです。
 
 
先を歩んでいるアーティストは、いち早く行動に出ていて、、
番組に出ていた山口一郎さんしかり、、
スガシカオさんも大手事務所を出て、独立して
ニコ生や、SNSを駆使したプロモーションの展開にして
アコースティックライブのHITORI SUGARでは、新人アーティストに
ライブステージの時間を提供して地方の音楽活動に貢献してる。
 
こういうアーティストが存在する限り、すばらしい音楽は
生み出されるに決まっているのですが
自分が大切なものって大切にしないと失われるんだってことを
やっぱり意識しないといけないのかなっとも、思います。
すばらしいアーティストってそうそう生まれない。
奇跡に近いんです。
音楽に携わる人たちが生活していけなければ、
成り立たない。
 
 
ぼんやりと、、
これって、、日本が抱えてる問題とすごく似てるなって思っていたら
羽海野さんのツイートに目がとまった。
ほんのすこし前、、便利なものを追求したばかりに、大切なものを失ったばかりだったと。。
 
 
 

« 2004年の教えてシカオちゃん The Shikao Times篇にあった 音楽的ルーツや、細々な質問に答えてる記事を 文字起こししました。 | トップページ | 地震、台風につづくおそろしいもの。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/60683750

この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ現代「あなたは音楽をどう愛す? 新・配信サービスの衝撃」のこと。:

« 2004年の教えてシカオちゃん The Shikao Times篇にあった 音楽的ルーツや、細々な質問に答えてる記事を 文字起こししました。 | トップページ | 地震、台風につづくおそろしいもの。 »