2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

NHKプロフェッショナル仕事の流儀を前に、、シカオさんは、命がけ。2002年始めのシカオタイムズのお蔵入りの文章をご紹介

NHKプロフェッショナル仕事の流儀を前に、、

一個前の記事は、、

軽々しく書きすぎでした。。
反省。。
 
ただ、どんなに言葉を尽くしても
いまのシカオさんの気持ちには、、
近づけない。
 
受け取り手と、発信側とでは、
ほんとに雲泥の差があるのだから。
5年、、見続けてきて。。
思うのは、
今度のアルバム制作は、、 命がけだなってことです。
2回も点滴。。ほんとうは、とっても心配。
深夜のラジオパーソナリティや、
新曲のプロモーションが過激で
以前も、点滴打たれてるシカオさんみたことがあったけど。
あんまり深刻にならないうちに、病院行かれてください。。
 
「Progress」のときは、中島みゆきさんの
NHK プロジェクトX主題歌「地上の星」越えという
いまでも、よく引き受けたとおもう、高いハードルだった。
 
でも、その「Progress」も、
やっと最近は、バラエティ番組に、パロディされるくらい
浸透したkokuaの「Progress」。
今回は、この曲をも越えないといけない。。
 
いったいどうしてこんなに
次から次と、すごいハードル越えを自ら課すのだろう。。
 
「Progress」について、、MUSICAという雑誌2013.4に、
『TIME』を作ったとき、死とか性描写とか
エグいグロいものを作ってる時に
世の中がもっとグロくって、、
そんな中、『TIME』をだしてしまって、
みんなが疲れ切ってるとこをに、さらに
鬱なものを出してる感じ。
それを受け入れるのって余裕のある人ですよね。
ということは、
『スガ シカオの書く、あのダウナーな世界っていいよね』
って、ガラスケースの中をみんなが見てる感じ。。
それを「Progress」の歌詞で書いたんですけどとあった。
 
ガラスケースの中にいるのは、
スガシカオさんだったのです。
 
その感覚は、、いまもずっとシカオさんの中にあるんじゃないか?
そんな風に想像できます。
 
だけど、震災以降、、音楽の持つ力が
注目されて、、この曲もたくさんシカオさんは、歌われたし
たくさんの人に聴かれて、そして、指示されてきて、
本来の歌詞の意味を越えた
名曲に、なったんだなっと思います。
 
 
『The Last』 ニューアルバムリリース前のティザー映像で
公開された「ふるえる手」は、
アストライドの序章的存在。
これは、お父さんのことを歌った歌詞。
 
メルマガで伺えるお父さんの人物像は、
シカオさんよりも小柄で無口で
お酒が好きで習字が好きで珍味が好き。(あざらしとか)
真面目ゆえ、正義感が強い。
家族が路頭に迷うのに、会社辞めちゃう人。
(失礼があったらごめんなさい)
 
このお父さんの歌詞を、、公開一曲目にもってくるところ。。
お父さん譲りだな。。なんて思います。
これが、、これが、、スガシカオさんだなーって
思うのです。
 
2010年の熊本HitoriSugarツアーで
「夏祭り」を演奏後、、
お父さんを追想されて
「ふるえる手」のエピソードを
MCでされているのを
残していただいてるブログをご紹介。
P様 感謝いたします。
 
「夏祭りは 父親が出てくるんだけど

父親との夏の思い出といえば 子どもの頃

父親がプール連れて行ってやるっていって

『平泳ぎって言うのはなぁ。こうやるんだよ』

っていって 教えている手が アル中で震えてるんだよ!

それが 今の俺くらいの年齢なんだよね・・・

そんなことを思い出しながら 歌いました。」
 
メロディは、あいかわらず、ちょっとクセになる部分があって
後半は、壮大な感じがしてくる。
ニコ生で、、2番がいいんだよーって
言われてました。
ほんとに、1月がまちどうしいです。
 まずは、来週月曜日22時
プロフェッショナル仕事の流儀!!必見です!!!
 
 
2002年始めのシカオタイムズのお蔵入りの文章をご紹介いたします。
 
 
 

続きを読む "NHKプロフェッショナル仕事の流儀を前に、、シカオさんは、命がけ。2002年始めのシカオタイムズのお蔵入りの文章をご紹介" »

紅白出ないかな?『The Last』の最高のプロモーションです。

新宿の巨大看板。
そして、「プロフェッショナル仕事の流儀」出演。
その番組の中で、主題歌制作を放映。
(追記)主題歌では、なかったです。訂正します。
 
すごい!!これ、誰が考えたの?
『The Last』の最高のプロモーションです。
 
これか!!!メルマガにあった、、
既存のステレオタイプのプロモーション活動じゃない
ドキドキするやつってのは!!!!
 
でも、、この流れで年内発売でもよかったのに!!!
ふと、、シカオさんのつぶやきを思い出す!
うひうひって、、なんだろー!!
紅白だといいですね!!

2015年10月26日 (月)

明日は、スガシカオさんの独立記念日です!

あと一週間に迫ってました。
プロフェッショナル仕事の流儀
10周年スペシャル。
きょうは、その第一弾で、ナイナイの岡村隆史さん。
その放送あと、予告編が流れるかもしれません。
 予告編が、待ち遠しくて
自分でアイコンつくって盛り上がってます。
ひとりで。。。
でも、このブログ広告バナーに、
シカオさんが。。記念に貼っておきます。
Csnxhyvukaaneta

 ㊗️ プロフェッショナル仕事の流儀 10周年スペシャルでスガシカオさん。 しかも、アルバム制作密着!! 独立後、メディアでの露出もなかなかなくなり、最初は、HitoriSugarをギター抱えて回るところからのインディーズ再スタート。フェスにもだんだん声がかかるようになり、メジャーデビューは、2014年5月21日。2015年は、サマソニ出演。明日は、5回目の、独立した記念日になります。いよいよ、シカオさんの再デビューアルバムリリース目前。その少し前に、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀出演。本当に、おめでとうございます。 #スガシカオ #musician #dope #singer #ソロアーティスト#songwritter #NHK #仕事の流儀

ケイさん(@kei4201)が投稿した写真 -

2015 10月 25 10:22午前 PDT

   
そして、明日は、
5回目の独立記念日です。
昨日のシカオさんのSUNSETは、、
どんな思いで撮影されたのだろうな。。
 
いろんな思いのSUNSETがありましたが。。
万感の思いって、、
きっといまのシカオさんにぴったりの言葉なのかなと
あの夕日をみて思いました。

 Sunset

Suga Shikaoさん(@suga_shikao)が投稿した写真 -

2015 10月 25 1:19午前 PDT

2015年10月22日 (木)

シカオさんの新宿ステーションスクエアに巨大看板が、新宿だったわけを。。考えてみました。

ニコ生での新アルバム特集で、

このアルバムにかけるシカオさんの
気持ちが語られました。
「The Last」
意味深なタイトルの意味も。。
用意した楽曲は、50曲。すごい!!!
この楽曲の数は、、決して多作家じゃないシカオさんにしたら、大変な数です。
それを小林武史さんと3月くらいには、絞り込んで
10曲にした。アストライドを含めて
アルバム収録曲は、11曲。
”最後のアルバムになってもいい”くらいの勢いで
とりかかっていたので
「ラスト」でいいじゃん。。。と冗談で言っていたら
スタッフからTHE をつけて「最新の」って意味もある「THE LAST」と言われて
つけられた。
タイトルについては、いつも他人任せなシカオさんでした。
 
アートワークを任せたのは、インベカヲリ★さん。
 
上等なスーツでいいカメラマンに撮って貰えば
それなりにカッコいい写真は、撮ってもらえるけど
このアルバムには、そういう写真じゃなくて
「写ってはいけない情念とかが写真に写りこんでる」
そういう写真家をさがせ!
 
ものすごいハードル高いシカオさんの要望に応えて
選ばれたのが、彼女。
 
新宿東口アルタの向かい
新宿ステーションスクエアに巨大看板で
展開されたプロモーション。
存在感があった。
 
この看板の告知があったとき、なぜ、新宿なのか?
そのことが、疑問だった。
シカオさんの生まれ育った街は、、もうすこし下町だし。。と。
2度目、最終日に訪れたときには、
インベカヲリ★さんと出町つかささん著
インベカヲリ★さんフォトの「取り扱い注意な女たち」を
読んだせいか
新宿西口から、東口への近道に使われる
トンネルを抜けてシカオさんの看板を見てみたくなった。
 

 同じものなのですが 音楽つけないバージョンです。 スルーしてください。

ケイさん(@kei4201)が投稿した動画 -

2015 10月 22 6:40午前 PDT

 
 
どんどん新しくなっていく新宿で
ここだけ時代から取り残されたような趣で
歌舞伎町の目の前の
ここが一番。本来の新宿のような、、そんな気がする場所を
敢えて通りたくなったのでした。
「取り扱い注意な女たち」には、
薬や、SEXや、男性や、、なにかに囚われて
過激な日常を送ってる6人の女性に
インタビューをしていてそれにまつわる写真が載せられてる。
そのインタビューの最後の方になると
その女性が救われていて、、ほっとするのでした。
 
その救われた女性の言葉に
「あの街は、自分をさらけ出すことができる街なんです。
学校や会社にはありません。
もしわたしがあの街を知らなかったら、
自殺していたかもしれません。
自殺までいかなくても、どこかの病院の
ベッドの上にいたでしょうね、今でも」
新宿2丁目のレディース・バーのことだった。
 
この街は、目を背けられがちなタブーも
許容してる街。。
 
 
 
あの看板が、、新宿だったことが、、
なんとなく結びついた気がしました。
 
今回のニコ生のプレミアム会員には、そのスガシカオマネキンが
山蔭さんと登場してました。
 
アルバムに入る写真がとてもたのしみです。
 
 

2015年10月16日 (金)

ここ数日で、わかったこと。スガシカオさんの有言実行力

独立のときもそうだったけど、、

今回も、、不意打ちだった。
 
めざましで放送があったり
スポーツ新聞に掲載されてるのを
知ったのは、、シカオさんのインスタ。

 Today's newspaper.

Suga Shikaoさん(@suga_shikao)が投稿した写真 -

2015 10月 14 5:28午前 PDT

その新聞が手に入れない、
日付がかわってからだった。
 
いつだってファンは、右往左往。。
 
うれしかったのに、、文句言ってる。。
 
だって、6年待ってたんだから、、ニュース見て
一緒に喜びたかったなーって思いました。
 
 
新宿東口にもゲスの極み乙女。のライブの後
行ってきました。
 
平日の22時近くでも
結構人がいて、、
アルタ前の広場の家路を急ぐ人を
じっと観察してるみたいな、、
巨大パネル。
すこし、、エロティシズムを感じる
UFOキャッチーに入ったマネキンと
頬杖をするスガシカオさんの視線は、、鋭くて
ドキっとしてしまう感じでした。
Crwkz0cuyaagfie
 
アルバム発売日は、、来年の1月20日なのに、
先行で、、爆音生ライブツアーが12月から。
 
アルバムも3種類。
さまざまな工夫があるみたい。
でも、中身はわからない。。
 
 
わからないことだらけで、、ツアーがはじまるのだな。。
そういう感想です。
 
 
でも、ひとつだけわかっているのは、、
「ふるえる手」は、、すでに、名曲の予感がするということです。
 
 
MUSICA 2015.11を読みました。
 
そこには、このアルバムの中身については、想像を超えたことが書かれていました。
侮っていました、スガシカオさんを。。
 
 
「カッコいいと思った音楽を肉体的に消化して
瞬間的に自分の音楽に反映できる年齢は、
50歳をひとつの区切りなのかなぁと
思ったりしてて
自分がクリエイティブな意味でも、エバーグリーンな意味でも
”おおー、これねー”みたいな
アルバムをそこまでに作りたいなって、
すごい思うんですよね。
そうしたら、あと5年しかないわけですよ
そしてたらトライできる機会は、あと2回?
それ、外したらなかなか難しいんじゃないかなって思うのね。
だから、ここから先は、自分のほんとの傑作を作りたいなって。。」
2011年3月「音楽の人」より
 
今度のアルバムのことをシカオさんが語った記事でした。
ほんとに、、5年で、、つくりました。
ほんとに、すごいアーティストです。
 
アルバム制作を密着した
NHK プロフェッショナル仕事の流儀。
全裸でテレビの前に集合ですね!!
 
 
 
 

2015年10月14日 (水)

ついに、この日が、来ました!!!New Album 『THE LAST』発表!!!

New Album 『THE LAST』1月20日発売!!
11月2日に自身がテーマ曲を歌うNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」(月曜後10・0)に出演し、12月8日から新アルバムを引っさげた全国ツアーをスタートさせる。

2015年10月12日 (月)

「ハモンドオルガン」=「本物のオルガン」=山小屋

スガシカオさんのアルバム制作ノートのNOが

大きくなってきました。いまは、20号!
これは、いくつが終わりなのでしょう。
これが終わるときが、アルバム完成!!
うれしいのに、、
アルバムが完成すると、
このラブレターのようなメルマガは、届かなくなるんだなぁ。。
 
メルマガの文章が
回を追うごとにキレ味するどくなって、
アルバムまだ、聴いてないのに、
聴いてるような、、そんな馬鹿な錯覚にまで
発展しそうな勢いが感じられる。
 
一枚のアルバムとして完成されるまでに
かける思い、時間、作業、、
それは、想像以上にエネルギーが溢れて、、
それが言葉にもなって現れて
こころを打つのだっと思うと
アーティスト自らの言葉で
ライナーノーツを手にしたいなっと思います。
 
ここからは、かなり私的解釈にもとずく文面なので
ご興味あるかただけ。
この連休に訪れた
七倉岳という山にある船窪小屋で一泊してきました。
今回の登山の目的は、登山ではなく
この小屋に泊まることでした。
あまりにも、薦められるので
一度と。。
 
でも、少ない経験から言わせていただくと
アプローチが長くて、登山事態も、、ものすごく
大変だったわけですが、、(足が悲鳴をあげて、登山中に2度攣りました)
その過程を忘れるほどの、、
小屋のすばらしさでした。
 
快適とか、便利とか、効率とは、真逆の。。
この小屋に集う人の思い
すべてでそれは、成り立っていました。
 
到着すると、、「おはぎでおもてなし」
無料で、振る舞われたのでした。荏胡麻とあんこ。おいしかったー。
 
水場は、ここから20分下からもちろん手で運んで
組み上げてらっしゃるのでとっても貴重です。
電気は、とおってないのでランプの灯りだけになります。
その中で、いただいた夕食は、ほんとにここが山小屋?
そういう品数でした。
Img_5970
囲炉裏を囲んだ夕食が5時からで、、6時からは、お茶の会という
この小屋ならではのお楽しみタイム。
 Img_5978
ビデオでこの船窪小屋の歴史が上映されたあと
「おとうさん」のお話。黒部ダムの建設に携わったお話です。
ここには、「おかあさん」と「おとうさん」がいらっしゃるのです。
そして、小屋番をされてる女性スタッフの方と
「道しるべの会」というボランティアスタッフで支えられてる。
その方と、偶然居合わせた登山者じゅう数名とのお茶会。
 
自己紹介と船窪小屋になぜきたか、、そんな話をするのですが
それぞれのお話が、素敵だった。
若いご夫婦は、2歳のお子さんをやっと預けることができて
いらしてました。
山小屋の管理者の中でも評判の小屋なので、この日は、赤石岳避難小屋の
方も、評判を聞きつけて泊まりに来ていた。
その女性の方が、ハーモニカでアメリカ民謡を。。
いっきに、山小屋ムードが高まったのですが、、。
 
文章では、、伝えられませんが、、これが、、
この小屋の魅力なんだと、、実感しました。
マニュアルや、企業方針だとか、ましてやマーケティングだとか
では、、絶対に生み出せされない
この空間、この時間、この雰囲気。
歳月と人と人の思い。
そこからしか、生み出されないすばらしい空間でした。
泊まったところからの、、朝日。
もちろん、外にでましたよー。。寒かったー。
Img_5971  
 
ここからは、、こじつけですが
前回の記事に書いたシカオさんのツイートにあった
「ハモンドオルガン」=「本物のオルガン」
この楽器も、、そういうものなんじゃないか?
そういう記事がありましたので、ご紹介です。
スガシカオさんと森俊之さんと
HAMMONDオルガンについて語ってる記事
です。
 
 

続きを読む "「ハモンドオルガン」=「本物のオルガン」=山小屋" »

2015年10月 5日 (月)

本物のオルガンとは。。知らなかったー!

この秋をどういう気持ちですごしたらいいのか
わからないでいる人も多いのではないでしょうか?
いつもなら、来年のHitoriSugarのライブを楽しみに待つ
そんな秋なのに。
あなたが、スガシカオファンの場合です。
 
我慢強いタイプの人多いんじゃないかな。。
スガシカオファンって。
洋楽のアーティストのアルバムなんて、、もっと間隔空いてるけど。。
 
邦楽のアーティストのリリース間隔が、、せまく、せまくて。。
ツイッターで流れてくるリリースニュースに、、イチイチ
やられてしまうこのごろです。
でも、メルマガによると、、
スーパーサイヤ人越えの歌詞の曲の
レコーディングがはじまったみたいで
あと、、もう少しの我慢なのでしょうか?
 
インスタにあげられた
レコーディングの楽器が、、美しくて。。
 
そしてこの写真から、、、気迫のようなものが
伝わってくるようにも思える。
生楽器にこだわってるところに
期待も高まるのですが、、。
 
 
そのあとのオルガンのツイート。 
 
みなさん、、よくご存知で
ハモンドオルガンっていうのですね。
そしてレスリー・スピーカーって単語も飛び交って。。
シンセサイザーに取って代わられた楽器。
YOU-TUBEで音とか映像を見て
エレクトーンじゃないの?って
思ったのは、、わたしです。
こちらにくわしい説明がありました。
そして、、この文章のなかに
”トーンホイール型のハモンドの種類は、200種類以上と言われており、上記のタイプはその一部です。B-3の米国での価格は、1960年代で車のキャデラックとほぼ同じ$20,000したと言われています。”
 
2万ドル。。これが、、本物のオルガン。。
なんだか、、ワクワク、ドキドキしてきました。
<追記>
そして、このサイトの
日本のオルガン アーティストのなかに
林田”POCHI”裕一さんの名前が!!
そんなに、、有名だったのか。。これもしらなかったです。
<追記終わり>
 
早く音を、、
スガシカオさんの曲で聴きたい。
 
 
 
振り返ってみると情熱大陸という番組で
「Sugarless」に収録されてる曲を制作した
習志野のお家の放送もあったり、
「SMILE」のアルバム制作の様子をドキュメンタリー風に
伝える番組もあったりで
制作されてるその現場を公開されることが
多い、、シカオさん。
曲が誕生する、、そのリアルな瞬間も
想像させてくれる、、稀有で貴重で最高なアーティストだなっと
思います。
 
そして、、心配もかけさせてくれる。。これも醍醐味!
リハって、、なんのリハ!?!?
 
 
 

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »