2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プロフェショナル仕事の流儀 「夢のゴール」によせて。 | トップページ | SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ロゴマーク発表! »

2015年11月12日 (木)

プロフェッショナル仕事の流儀の反響?!スガシカオさん褒めちぎりの巻。(訂正あり)

プロフェッショナル仕事の流儀の反響?!

女優の真木よう子さんのインスタに、
「気まぐれ」の歌詞とともに
スガシカオに会いたいだってー!!
 

 スガシカオに会いたい メンドくさいから話し合いとかしないよ。壊してしまう方が楽だし。

真木よう子さん(@yokomaki_official)が投稿した写真 -

2015 11月 11 11:12午後 PST

 
いいね!16,000 越え!!ひーー!!
 
仕事の流儀は、、直接関係なくっても、うれしーな。
きっと、シカオさん、うししー!なんて言ってるかも。
 
正直、、複雑なファン心理なのは、、
しょうがないですけどね。。
 
さまざまなところに、きっとこれからも影響あるんだろうな。
今回の番組出演は。。
 
オリエンタルラジオの中田のあっちゃんも
素敵なツイート。
 
中田さんとは、CSの音楽番組での出会いで
”コノユビトマレ”の中田風楽曲解説もすばらしかったけど、、
”3月のライオン”で「兆し」が起用されたときの
PVにも出演。
音楽番組のコメントにこんなことも残してくれてました。
一生のうち、伝えられる言葉の数なんて限られている。
だから、
誰かが考える自分のイメージに縛られている場合じゃない。
最近、そのように考えるようになったというスガさん。

実は、前作のインタビューでお会いしたとき
雰囲気が変わったなと感じていたので、きっとこれが理由なのだろう。

最近、メジャーシーンの音楽は、
見えない確かでないものを意識しすぎて、
似たようなものばかりが増えてしまった。
だからCDが売れなくなったのかもしれない。

インディーズシーンは意外とおもしろい。
そんなことを思っていた矢先に、今回のインタビュー。

スガさんみたいな人がいてくれれば、
まだまだメジャーシーンも楽しくなりそうだ。

オリエンタルラジオ 中田敦彦
 
15周年の別冊カドカワのお祝いのコメントもすてきだった。

スガさんの歌は、いつも僕の人生の地図です。
これからも僕のために、国民のために、死ぬまで歌を作り続け
歌い続けてください。
 
 
そして、今度のアルバム、「THE LAST」に入る楽曲。
超絶、楽しみなスガシカオさんの全部盛り曲!!
これに携わったレコーディングエンジニア・マニュピュレータナカム氏こと中村文俊さん。
個人的に。。「桜並木」のシカオさんの声の質感と
温かみのあるピアノとのバランスが
とっても好きなんですけど、、
この方のおかげのようなのです。
最新型激烈FUNKROCKがたのしみです。
 
 
訂正))
中村文俊さんと諸鍛冶辰也さんの記事を混同してしまっていたので訂正します。
 
諸鍛冶辰也さんは、
「SugarlessⅡ」では、7曲もミックス担当されてますが
なかでも、桜井和寿さんとの弾き語りスタイルでデュエットしてる
「ファスナー」のときのこと。。
語っておられるので、、ご紹介。
(ご存知の方も多いでしょうが、、その方は、スルーしてください)
 
「桜井くんの場合は、とにかくブレスから始まって歌い尻の空気が
抜けるノイズまでが歌ですよね。
歌い尻でぐっとフェーダーを上げたくなりました。(笑)
比べると届きそうで届かない、
こちらが体を前にして聴きたくなるような声がスガくんかも。
でも、あの”足らなさ”がすごくいいんでしょう。
(そのとおり✨)
最新作を手掛けて思ったんですが、
声の年齢がデビューの頃とあまり変わらない人なんです。
これは、はじめての経験でした。
充分にキャリアがあるのに、
”わぁ、若くて恥ずかしいね”という歌声はなかった。
 (SugarlessⅡは、初期からのシングルのカップリング曲が収録されていたから)
 
最初から聴き手に媚びてない人だし、
特に最初の頃は、時間もあるから
もう練るだけねって、これしかできないというところまで
楽曲も歌い方も煮詰めることができたのかもしれない。
忘れられないエンジニアとして、井上陽水さんのディレクターを務めた
金子章平さんをあげて、、
(BSプレミアムの
井上陽水 ドキュメント“氷の世界40年”放送で
拝見したことが、、たしかありましたが)
スガくんもこれまでずっとセルフプロデュースで頑張ってきたけど
信頼できる目利きの人を唸らせてやるそんな心情が生まれてきたら
”一体どうなっちゃうんだろう”という更なるたのしみがありますね。
僕がその役割を担うとしたら?それは、重責ですけど、制作現場で一層自由に
好きなことをさせてあげたいですね。 
(別冊カドカワ 15周年スガシカオ特集より)
 
諸鍛冶辰也さんの言葉では、ありましたが
今度の作品は、この言葉が叶うものになりそうです。

« プロフェショナル仕事の流儀 「夢のゴール」によせて。 | トップページ | SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ロゴマーク発表! »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/62483272

この記事へのトラックバック一覧です: プロフェッショナル仕事の流儀の反響?!スガシカオさん褒めちぎりの巻。(訂正あり):

« プロフェショナル仕事の流儀 「夢のゴール」によせて。 | トップページ | SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ロゴマーク発表! »