2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

「SPEED」から「THE LAST」の根底に流れるもの

SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』@Zepp DiverCity 
終わりました、今年もあと1日。
webでは、たくさんレポもセットリストも上がってます!
マイクスタンドのシカオさん、今回のライブの象徴的なフォト。
 
25,26日のライブの模様は、
テレビでは、めざましアクア。
今日は、TBS はやドキ!で取り上げられて、、
はやドキ!では、「真夜中の虹」も流れた。
Img_7178
やっぱり、、メジャーってすごいな。。 
Img_7175  
でも、巷でも、評判がいいのかもしれないです。今回のライブ。
 
facebookで繋がってる方々も皆さん感動されていた。。
 
感動した曲の感想に、、共通の部分を語られてる方がいて、、
残しておきたいな。。と思いました。
 
個人的な感想ですので。。ご興味ある方だけ。
それは、「THE LAST」アルバム試聴会の部分での
後半のセットリスト、、
 
「愛と幻想のレスポール」
「真夜中の虹」
「アストライド」
前半の3曲もそうだけど、、曲と曲の間の間隔をCDで聞いた時と同じにしてあるととシカオさんならではの拘りをMCでも、語っていたのですが。。 
 
この3曲の流れがグサッと心に響いて、、涙を流さずにはいられないということでした。
「愛と幻想のレスポール」では、お得意のFUNK。
ここで放送禁止用語が、、縦3メートル、横4メートル?のスクリーンに、、ちょうどキッシーの頭上に、打ち上がります。
FUNKには、性は、つきもの。
 
「真夜中の虹」は、内容は、シリアスなドキュメンタリーなのに、中盤のアップテンポになって英語の歌詞が目に飛び込んできて、、トリップしてしまう瞬間があって。。
そして、、次の「アストライド」へは、音が続いたまま入っていく。
これは、、「ふるえる手」を思い浮かべながら、、この3曲の抑揚と歌にやられてしまうのです。
 
 
歌詞に散りばめられた世界は、、
スガシカオさんの死生観そのものでした。。
ある種、、そこは、歌とかにしないだろう。。つまりエンターテイメントに向かないだろう。。そういうところを敢えて、挑戦していて。
そこには、リアルなどうしようもない現実が横たわっている。見たくない、避けたくなる。でもそういう陰の部分を描かないと、、光の尊さが伝わらない。。アルバム全体でそうとでも言ってるような気がしてきたのでした。
 
ライブから帰ってきて。。
古い雑誌の記事をコピーした紙が
シカオさんの雑誌からはみ出ていて、、何気なく手に取ると
SWITCH で連載されていたスガシカオさんの「SPEED」という短編小説をシカ友さんにコピーした余分な分でした。
 
シカオさんの原風景にあるこのことが、時を経て文章になったり、音楽になったりして、スガシカオ音楽を聴く人の心を揺さぶり続けるんだろうな。。そう、、実感したのでした。。
 それを少しだけ、抜粋したいと思います。アルバムを手にするときに、、思い浮かべていただけたら幸いです。
今年も、勝手な思い込み妄想だらけのブログにお越しいただき、お読みいただいてありがとうございました。  
   
 

続きを読む "「SPEED」から「THE LAST」の根底に流れるもの" »

2015年12月26日 (土)

SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ACOUSTIC NIGHT@Zepp DiverCity 「ACOUSTIC NIGHT」 2015.12.25

まだファイナルの今日のライブが残っているのですが 昨日のZepp DiverCityでの「アコースティク パーティ」とは、 「生ライブ試聴会」の後 5分休憩の後からのセットリストが違うこともあり 混同しないように、その部分を書き留めたいと思います。

そして、「生ライブ試聴会」の部分は、今日のライブと重なりますので 大阪でのライブレポにセットリストが掲載されてますので そちらをご覧ください。
 
大阪でのSUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』の初日から 時間が経ってしまいましたので、、 かなり記憶に曖昧なことも多いで、、思い出したら触れていきたいと思います。
ここ、Zepp DiverCityは、2013年10月に  SUGA SHIKAO LIVE TOUR 「やるしかねーだろ!?2013」2DAYSが行われた場所。
記憶が錯綜しながらも 帰りのドリンク引き換えの場所で見た ポルノグラフティ岡野昭仁さんのお花を見つけて
「やるしかねーだろ!?2013」初日の2階プレミアム 席で見かけた スガシカオさんのステージを岡野さんが 食い入るように、真剣に見つめる姿を思い出したのでした。
この時、「来年には、メジャーからアルバムを出そうと思ってます。その前に、インディーズでやりたいことがある」
そう言う言葉と 来る20周年への意気込みを叫んでいたシカオさんがいました。
 
この2年後に、メジャー復帰後ここに再び立って新アルバム「生ライブ試聴会」で こんなに素晴らしい新曲とともに、 過去最高なスガシカオさんのステージを見られたこと。 最高のクリスマスでした。
ネタバレになってますので。
ご自身の判断で。。お読みくださいませ。。
 
 
 

続きを読む "SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ACOUSTIC NIGHT@Zepp DiverCity 「ACOUSTIC NIGHT」 2015.12.25" »

2015年12月23日 (水)

きっと、うまくいく 『Aal Izz Well』

福岡無事終了したようで。
残りは、東京2days!!!
 

敏腕マネージャーの仕掛けなのか、、

スガシカオさんのキュレーション力が発揮されてるのか、、
次々と発表されるニュースが嬉しい。
CLAMPさんのMVもサイコー!
 
1月に入るとテレビ放送もあるし。。
その中でも、あまりにもうれしかったのが、
スガシカオさんと尾崎世界観さんのスペシャでの対談です。
 
同じ時代の同じ音楽シーンに存在してる、このお二人の天才の絡みをどうしても見ておきたかった。
 
今回は、尾崎さんがインタビュアー。
 
楽しみすぎて、どうにかなりそうです。
 
「THE LAST」アルバム発売まで、あと一ヶ月を切りました。
 
25日には、真夜中の虹がリリース!
そして、初のスガシカオさんのクリスマスライブ!!!
この日は、満月のようです。
 
きっと音楽の神様も味方するはずです。
 
タイトルの「きっとうまくいく」というのは、
さっき見た映画のタイトル。

この予告編、ひどいのですけど、

ちょっと長いのですが楽しいし見て良かったな。そう思える映画です。
 
良いクリスマスになりますように。

 

2015年12月13日 (日)

SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ACOUSTIC PARTY@ZEPPなんば 「生ライブ試聴会」 2015.12.8

時間が経っても

あの日のシカオさんは、すごかった。。
SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』の初日。
アコースティック パーティ。
 
シカオさん自身のセルフライブレポが素晴らしいので
需要がないとは思いますが、、
セットリストは、最後にあげて
曲名は、伏せて、レポ、残しておこうと思います。
 
1月20日にリリース予定のアルバム「THE LAST] の生ライブ試聴会が
なんといっても、すごかったのでした。
そして、この日は、アコースティック パーティで披露された曲は、
スガマニアには、涙せずにはいられないセットリストでした。
まずは、「生ライブ試聴会」からです。
ネタばれになりますので、、
お嫌な方は、、ここからは、見ないようお願いします。
SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ACOUSTIC PARTY 
ここからは、、ネタばれです。。
 
注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    注意してください!!!    

続きを読む "SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』ACOUSTIC PARTY@ZEPPなんば 「生ライブ試聴会」 2015.12.8" »

2015年12月11日 (金)

1月20日は、新しいスガシカオ音楽を!

大阪2DAYS、行ってきましたー!

大阪の2DAYSとっても素晴らしいって言葉が
薄っぺらになるほど
すごい初日と激アツ二日目のライブでしたが
ライブレポを書いてしまうと
ネタばれを嫌がる方の迷惑になるかもと
躊躇しているうちに、、
なんだかかなり気分の悪くなるニュースを
フォロワーの方に教えていただいて
あまりにも憤慨してしまったのでした。
こんな拙い個人的な文章の個人的な感想でも
ライブがあるとアクセス数があるので
敢えて、ここで
書いておこうかな。
 
個人的な思いですので名前を挙げるアーティストの方とは
全く関係ないものです。
 
 
大阪から始まった「SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』は、
2016年1月20日にリリースされるニューアルバム「THE LAST」の楽曲を演奏する
”生ライブ視聴会”
このコンセプトは、「初めて音楽を触れた時のドキドキを感じてほしい」というもの。
 
冷静に考えれば、、今や、新しい音楽でも、時間が経てリリース日がくれば聴けるものだしもっと時間が経てば、レンタルされちゃうものだし
でも、前回のアルバムから6年待ってのアルバムの曲!
ただの6年じゃない6年でした。
待って、待って、待っての6年間。
新しいスガシカオ音楽を初生体験しよう!
アルバム曲を生演奏で聴くことに、価値をもう一度、見出そう!そういうものでした!
 
新しいアルバム「THE LAST」の中から厳選されて演奏された曲は、一曲一曲の個性が際立っていました。感動した人がたくさんいたのでしょう、、
初日、二日目、両日とも、帰り際、アルバム予約ブースには、たくさん人が並んでいました。
 
 
この企画は、まだ始まったばかりだけど大成功だ!って思ったのでした。 
 
そこへ、このニュース!
アルバムリリースの同じ日に、独立前の曲のベスト盤の発売のニュースでした。。。
「THE LAST」の予約特典に付けられるCDとタイトルも一緒。
タイトルも同じだし。。ベスト盤商法で売るということだと、
レコード会社も事務所ももう違うのに、CDショップで売られる時、同じ棚で売られたら、単純に、間違ったり、
独立したことを知らなかったり、事情を知らない人は、言ってることと、やってることが違うって思われることもあるんじゃないか。。そんな風に思いました。
音楽の世界だけではなくどこの世界にもあることで個人の思いは、何も変えられないけど。
そういうことに疑問を持って声を上げる海外アーティストはたくさんいる。
Thirty Seconds to Marsのジャレット・レト、u2のbonoとか。。。
日本もそういう次元にという願いを込めて書いてみました。
 
ここからは、、妄想ですが。。
今回のツアー会場にあるUFOキャッチャーの中に 
過去の表紙を飾った雑誌や、ツアーグッズが入っていて、、
私にとっては、宝物なのに、こんなところに入っていて、、
マスコットと同じ(あまり価値のないもの)という   
シュールな皮肉かと思ったのでしたが、、
現実だったのかと、、思ったのでした。
 
Img_6885
 
「THE LAST」収録曲、 「愛と幻想のレスポール」の歌詞に
”1弦は、愛する君のため”
”2弦は、憎しみ根が深いぜ”
”3弦は、懐かしい街の音”
”4弦は、妬みと醜い自分”
”5弦は、レクイエム 死んだマイフレンド”
”6弦は、未来へ向かっている みんなとオレの SO FUNKY GROOVE”
 
(ラジオ音源より)あるんだけど、
シカオさんは、未来に向かってる。。
1月20日は、新しいスガシカオ音楽を!

2015年12月 4日 (金)

スガシカオ💕「THE LAST」💕の魅力!!(追記しました)

最終リハーサルも無事終わったようで、、

お疲れ様でした。
 
SUGA SHIKAO LIVE TOUR「THE LAST」先行試聴ライブは、
届けられるアルバム曲ほぼ、初めて耳にする音楽。
こんな体験は、、初めて。
しかも、アコースティックナイトとファンクナイト。二日にわたって。。
これ、、聴く方は、楽しみでならないけど
届ける方は、、大変じゃないかと思います。
 
2月からアルバム制作が始まってから先月までの10ヶ月の間に
届けられたメルマガ【アルバム制作ノート】は、No,27までで打ち止め。
昨日、全部印刷してみたらちょっとした小冊子になりました。
 
同時進行で届けられるので届くたびにハラハラドキドキ。。
こんな体験も貴重だった。。
 
ツイッターやって、アメブロやFBでのフェスや参加したライブレポ。
そしてニコニコ動画では、
グダグダトークにボカロJAM生ライブ配信までやり続けながら。。
たった一人で、本当に、ここまでするアーティストって
いませーん。他に、知りませーん。
 
いつだったか、苦労したアレンジのデータが 上書きしてしまって消えちゃったなんてこともあったりした。。
曲の作り方も、長いアーティスト生活で生み出した
必殺技的作曲方も暴露していたり。。
それは、、適当なコード展開で作った曲をPCに演奏させて、、そこに即興メロディで歌ってみるという超難易度高い技ですが、、
このやり方で作った曲は、このアルバムの中のどれなのかを考えてみるのも、一つの楽しみです。
 
ここ何年かで急速に進化したレコーディングなどの音楽環境は、
一曲ごとの個性も画一的なものに、なりがちなのだそうだけど、、
そこも打破した作品にしてくれたことも書いてあった。
 
 
そしてアルバムとしては、初タッグを組む小林武史さんとのやりとりも
今まで見たことない、シカオさんの一面を見たような気がしました。
 
NHKプロフェッショナルで垣間みれたレコーディング風景で
ちらっと、聞けた「真夜中の虹」これも「ふるえる手」同様
小林さんプロデュース。
 
長くスガ沼に浸っていた人間には、
別の匂いの水が混入してきたことは、すぐ察知できてしまうのですが
この2曲ともマジック的な仕掛けが
その境界をわからなくしてしまったような気がしました。
そしてそれは、2曲とも新しい水脈のようにスガシカオ音楽として
これから流れていくんだなっと。。そう思いました。
 
 
 
今回のトレーラーで新しくわかったのは、この2曲。
「大晦日の宇宙船」
「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」
「大晦日の宇宙船」では、ゲストドラマーとして金子ノブアキさん。
金子さんのインスタにもアップされてました。
 
「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」
 これは、、スガマニアには、いや、個人的に、たまらないです。
まさに、このアルバムのヤバさ、中毒性、事件性でしたっけ?
そのコンセプトが感じられる2曲でした。  
 
そのほかには、、
夏に飲みに行った尾崎世界観さんのオススメされた花村萬月さん著「惜春」に触発されて書いた「青春のホルマリン漬け」
 
王道ファンクナンバー「愛と幻想のレスポール」は、、おそらく沼澤尚さん、田中義人さんさん参加のかな?
 
こちら参考にしました。
 
依然として、まったく情報がないのは
04. 「海賊と黒い海」
05.「おれ、やっぱ月に帰るわ」
  (アートワーク担当したインベカヲリ★さんの写真集「やっぱ月に帰るわ、私」のオマージュかな。。これは。)
06.「ごめんねセンチメンタル」
08.「オバケエントツ」
この3曲。。
 
このアルバム楽曲だけで、、本当に十分魅力的な「THE LAST」
完全予約限定版での「ガス カシオぬいぐるみ」(これ、びっくりした)
独立してからの楽曲リマスタリングCD「THE BEST」
ぶらり途中下車してないDVD..(これ、何気に本当楽しみだけど、ガス カシオさんだけじゃなくって、スガシカオさんも出ていてほし。。)
 
そして、ポスター!!
やっと「SugarlessⅡ」のポスターから掛け替えできます!!
ばんざーい!!スガシカオさん💕ブラボー!最高!!
スピードスターさん、ありがとーー💕
早く聴きたい。。
追記!!
本日、7日よりDLできます!
スガ シカオ
Digital New Song
「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」(from New Album「THE LAST」)

■iTunes Store
[リンク]https://itunes.apple.com/jp/album/id1062506939?app=itunes&ls=1 


■レコチョク
[リンク]http://recochoku.jp/song/S1002485254/ 


■mora
[リンク]http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17572/ 


■スガ シカオ×CLAMP「あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ」SPOT

 2016 calendar poster

Suga Shikaoさん(@suga_shikao)が投稿した写真 -

2015 12月 2 8:05午前 PST

 
 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »