2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 「海賊と黒い海」篇 森俊之✖️スガシカオ✖️岡田勉 その3 »

2016年1月31日 (日)

Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 「大晦日の宇宙船・真夜中の虹」篇 小林武史✖️スガシカオ✖️金子ノブアキ その2

J-WAVE Galaxy ALL AREA PASS 思いがけず、素晴らしい内容の番組。
続きです。

小林武史さんにこのアルバムの中で印象に残ってる曲を聞く。

 
「大晦日の宇宙船」というこのアルバムの2曲目に入ってる曲なんですけれども
これはですね、一曲目の「ふるえる手」曲のエンディングとか一番の後のコード進行とかも、これ一応、僕が作ってるんですけどコード進行は。
そのコード進行は、 2曲目の「大晦日の宇宙船」のずっとエンディングやってるコード進行と同じなんですね。だから、「ふるえる手」と「大晦日の宇宙船」っていうのは、2曲で番いみたいなことを。
 
最初、「大晦日の宇宙船」を作って、そのあと、「ふるえる手」にいったから
そのアイデアを持ち出したのは、スガくんなんですけれども。
 
とにかく、そのちょっと陰鬱なムードって感じ、そこから始まっていく。。
僕がどういう言葉で言ったか、忘れたけれど、ムードってものを提案してたんですね。そして、ちょっとスキャンダラスなぐらい語り出していくスガシカオから始まって、、ある巻き込んでいく世界観の2曲目に行こうよ。。って最終的には、大晦日の宇宙船って曲になった。
ドンチャンドンチャンっていうお祭りムードとある種の世紀末感というか、終わりの感じが共存してる大晦日に未来と言っても先が見えてるのか、見えてないのかわからないような不思議な感覚。。だと思うんですけど。。
すーごい音の部分を歌詞が演出してくれたなという風に歌詞が出来上がってきた時に、思いましたね。
あと、特筆すべきは、金子ノブアキがドラムで、、推薦したのは、僕なんですけど、こういうシステマチックな楽曲に有機的な動物的というか、強烈に、うまくいったと思った楽曲であります。
そんな小林さんの言葉を受けてスガシカオさんは、
さっき、小林さんがなんて言ったか、忘れたって言ってましたけど覚えてますよ。「スガくん、不穏な感じで」って言ったんです。で。。笑、。不穏な感じって宿題投げ出されて、メロディもないんですよ、「不穏な感じで頼むわ」って言われて、メロディも考えて、歌詞も考えて、、不穏かって。。すごい苦労しましたね。小林さんから投げられるイメージが難しかったんで、、で作ったの覚えてますね。
僕は、金子くんあったことなくて、もちろんプレイは、知ってるんですけど。小林さんがすごい推してたので、間違いないだろうっておもったら金子くん、すげーやっぱりいろんな音楽、ものすごく知ってるし、僕がこの曲の中で、こういうルーツを映し出したいって思うところまでちゃんと、見透かしてドラムセットを選んできてくれるんですよね。スガさん、こういうの欲しかったんでしょ?って改めて、懐の深さびっくりしましたね。
 
このお話を金子ノブアキさんに直撃。。  
 
「大晦日の宇宙船」という楽曲にドラムで参加させていただきました金子ノブアキと申します。
小林さんもおっしゃってましたけどある種、システマチックな造りの曲で打ち込むがそもそも入っていて、どこから生のドラム入れましょうか?ってところからまずは、始まって。サビから始まって、、、(不明)また、Aメロに戻るんですよね。そこが多分、ミソで、、3回目くらいから、ドラムいていいんじゃないかって構成も含めてで、歌詞の世界観もお話しされてましたけれど、デモテープの段階では、鼻歌で入ってたのですけど、本チャンでレコーディングしてる最中に、その場で歌詞を初めて聞くタイミングもあって(笑)、、これ、歌詞できたんですね!叩き終わった後に、話すぐらいのタイミングだったんですけど。。
それが、僕の演奏家としての瞬間的なプレイの感情に、乗り移ってくれたと言いますか、、そういう思いがすごく、特に、最後の方ですよね、、リフレインで歌が入ってくるんですけど、それをすごく覚えています。 
プラスして、ご自身のルーツであるとか、昔のソウルとかファンクミュージックが好きであったので、ベースラインは、スガさんご自身が演奏されていたので。。聞いた時に、あーこれは、僕も好きな感じって思って、、機材選びは、レコーディングの時は、職人さんに見繕ってもらうのですけど、当初からイメージを話して、、一度、録ってから、、そういう話をしたんですけど、誰々とか、好きでしょう?って話題で盛り上がってですね、デモテープから飛躍した演奏っていうのでしょうか。アプローチ、そこへのオマージュも含めて、せっかく、一緒にやれるし、遊び心も含めて、アップデートしてく、、音楽の作り手としては、そういう喜びもあるので、その辺は、楽しくやらせていただけたと思っております。
 
印象に残った曲の続き。
「オバケエントツ」
ドラムを打ち込みは、生ドラムにするかで小林さんとの間に、一番揉めた楽曲。最終的に、やってみましょうか?って屋敷豪太さんを呼んで、、バッチリはまった曲。
(ここは、省略します)
「真夜中の虹」
小林武史さん
Fuyuがドラマーで。。レコーディングには立ち会えなかったんだけど、Fuyu起用してることが成功してる曲で、、僕が特に、関わってる3曲。「大晦日の宇宙船」「オバケエントツ」「真夜中の虹」は、ドラマーの色がすごい強い曲ですよね。スガくんは、どちらかというと、なるだけ安直に、人間のドラムに頼りたくない。。引き算みたいなものを意識してたと思うんですよね。加えていって予定調和になることだけは、避けたい。。というような、どこかで彼が鉄則を作り出して、、その呼び水には、僕が、”J-POP的なスガシカオは、敢えて、やめたほうがいい”と思うんだよね。。みたいなことが、、予定調和にならないように、いかにするか!を鉄則にしたスガシカオになった気がするんですよね。
 
スガシカオさん
小林さんからは、やっぱり一番最初のコンセプトで、、
例えば、歌詞でも、1番があって、2番があって、ちょっとした間奏があって繰り返した時に、3番、同じ歌詞が来るんだろうってどうせって思われたら終わりだから、そこは、絶対、違う歌詞が来るべきだし、メロディが来たりするべきだし、予定調和じゃない感じをとにかく大事にする、、そういうコンセプトを強く言われてたんですね。
それは、ジャケットもそうだし、アルバムの発表の仕方、今回、生アルバム試聴会ってのもやりましたけれど、とにかく予定調和じゃないものをぶつけていくことが、アルバムのイメージ。
すべてのことにおいて、僕は、うまく守れたというか、作れたと思ってます。
「真夜中の虹」なんかでも普通に録ったら、普通の曲になっちゃうんですけど、ずっとベースレスなんですよね。ようやくベースが出てきたと思ったら、まとまったと思ったら、ものすごいエレクトロな感じなる。。そういう次に次に裏切っていくこのアルバムの真骨頂だと思ってます。
 

« Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 「海賊と黒い海」篇 森俊之✖️スガシカオ✖️岡田勉 その3 »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

ラジオ聴けなかったので嬉しいです。ありがとうございます。
つい先日 「真夜中の虹」はパクリ?的なtweetを見かけました(NHKのcovers 水樹奈々の回で虹と2時の話があった為)。その人にこのブログ見て貰いたいと思いました。

ヒロさん、コメントありがとうございます。そうでしたか、それは、存じませんでしたが、、。  でも、こんな風に残しておくことで、誰かに届くことができると思っていて、、そんな人にも
スガシカオさんの音楽の素晴らしさ、伝わってほしです。お返事遅くなってごめんなさい。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/63723137

この記事へのトラックバック一覧です: Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 「大晦日の宇宙船・真夜中の虹」篇 小林武史✖️スガシカオ✖️金子ノブアキ その2:

« Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 「海賊と黒い海」篇 森俊之✖️スガシカオ✖️岡田勉 その3 »