2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 »

2016年1月29日 (金)

PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その2

このブログを訪れる方は、、
スガシカオさんの魅力は、、私よりも知ってるって人ばかりですので、、
少しだけ、、尾崎世界観さんのお話。。 
 
音楽雑誌、WHAT'S IN
で書き下ろし連載されてる”続々続世界”から
 
この前、飲んでる時に「お前、あの時、売れようと思ってなかったの?」「うん、売れようと思ってなかった」っていう会話を聞いて、嬉しくなった。売れようと思ってなかった訳がないって思いながら、売れようと思って無かったの?って聞く方も、売れようと思って無かった訳がないって思いながら、売れようと思ってなかったって答える方も、どっちの気持ちも凄くわかる。
 
コンタクトをしてないから、実際には経験した事は無いけれど、落としたコンタクトを探しているのと、アルバイトをしながらどうなるのかもわからないバンドを続けていく事は、似ていると思う。絶対に、見つからないというあきらめと、それでも探すのを止めるタイミングが見つからなくて、ダラダラと探してる。そんな状態は、怖くてしょうがない。 
 
そんな中、奇跡的に見つかった。見つかったら、見つかったで、また落とすんじゃないかっていう不安と戦わなければいけないんだけど、ずっと探していた物が見つかった。そうやって、クリープハイプは、まだ続いていて、(中略)、、少しでも多くのことを経験していきたい。
Img_7682
 
スガシカオさんのラジオを文字起こす時も思うけど、もそうだけど、言葉を操る人の文章や、言葉は、こうやって、文字を起こしてても、心地いいのです。では、インタビューの続きそどうぞ。
 

スガシカオさん:あとさ、オレ気になったんだけどさ、女の人の歌詞の口調で書くじゃない?あれってどうしてなの? 

 
尾崎世界観さん:自分が女の人じゃないので好きにできるというか、男だと、女の人よりわかってしまうので自由にできない部分があるんですよね。
 
スガシカオさん:あ、そうなんだ。。面白いね。オレもおんな言葉、使うことが多いんだけど、最初、男の言葉で書くと、ちょっと気持ち悪いんだよね、情念が強すぎて
。よりストーカー度が増すというか、あんまり気もちいいもんじゃないので、女の人の言葉で同じことを書くと、意外に美化されたり、することがあってそれで女の人の言葉を使うようになったんだよね  
 
尾崎世界観さん:ヘーー。。でも、お互い、女子?。、、女子ですよね?笑
 
スガシカオさん:笑、女子、、飲んでる時の話、女子だよね。。
 
尾崎世界観さん:口が悪いんだけど、言ってることは、女子なんですよね。気持ちが伝わらないっていう悔しさと、女々しさが、、あって。
やっぱりスガさんと話してて思うのは、人が好きなんだなぁって思いますね。人のことが好き。興味がある。。いろんな若いバンドも聞いていて音楽も聴いてる、凄くずっとキャリアが長いのに、何かを好きになるっという感覚。。そこの扉が開いてるというのは、見習いたいなって思いますね。
 
スガシカオさん:そうね、キャリアが長くなると新しい音楽を認めたくないみたいなね、、
 
尾崎世界観さん:全然、ないですよね?
 
スガシカオさん:全然ない。。
 
尾崎世界観さん:それは、そうじゃなかった時ってあったんですか?
 
スガシカオさん:オレは、桑田さん、昔好きで、、今では、いろいろお話させてもらってるけど、桑田さんってそういうのを認める人で、、自分よりもすごい年が離れてるバンドにカッコいいよね!っていう勇気がある、、
 
尾崎世界観さん:自信があるんでしょうね。
 
スガシカオさん:自信があるからだし、それを言えちゃうところは、カッコイイなって思って、デビューの時、ピックアップしてもらって応援してもらったから自分より年下の音楽をフラットに聞こうって。。
 
尾崎世界観さん:本当そうですよね。。そうします!!
僕は、今は、そうじゃないので。。
 
スガシカオさん:笑。。どうなの?
 
尾崎世界観さん:いいとは、、思うんですけどね、悔しいって気持ちが。。。
 
スガシカオさん:そうね!悔しいよね。。オレもすぐ、悔しいと思うし。それは、自分の作品で返すしか、、ないから。。 
 
尾崎世界観さん:今回の「惜春」を読んでもらった時、悔しいって気持ちがあったわけじゃないですか、こんなすげーものがあるんだって、それを作品で負けないものを作るってすごい、健全な流れですよね?
 
スガシカオさん:健全だね!!書いてることは、、健全じゃないけど。
 
尾崎世界観さん: 笑!!そうですね。。
 
 
尾崎世界観さん:そして、6年ぶりのアルバムですが、、最高ですね!!本当に。
 
スガシカオさん:ありがとうございます。
 
尾崎世界観さん:あの、いっぱい跡が見える感じがする、ドキュメンタリーで見たせいもあるかもしれないのですけど、実際そういう映像も見たし、そうなるまでの形の過程も聞こえてきたり、見えてきたりするアルバムだなと思って。。
 
尾崎世界観さん:聞き流せないアルバムですね。。車で聴くと、、すごく疲れますね。
 
スガシカオさん:疲れますよね。。それは、、オレがクリープハイプの音楽聴く時と、同じ印象!!笑
 
尾崎世界観さん:笑。窓の外見ながら聞いてても、やっぱり窓の景色が邪魔になる。やっぱり夜に、一人で、、歌詞カード見ながら、、っていう聴き方が、自分にはいいなって思いますね。
 
 
スガシカオさん:それは、とても嬉しくて、、なんか、サラッとさ、通りすぎちゃう音楽は、やっても意味ないなって思っていて、例えば、音楽専門チャンネルとかテレビでもいいんだけど、出てる歌って、、アイドルとか、いろんなものがかかるわけじゃん。その中に混じって、ポンってかかった時に、スーっと流れていっちゃうようなものは、作りたくないな!ってすごい思っていて。。
 
 
尾崎世界観さん:それは、6年間空いた期間も影響あるのですか?
 
スガシカオさん:そうだね、一人で独立して、インディーズになってからそんな音楽に費やしてる時間はないなって思うようになって。でもさ、、ひっかかる音楽って、クリープもそうだけどさ、、万人受けってなかなか難しい。。両方持つっていうさ。。どっちかを選ばなくちゃならないことがあって、それは、迷わず、人の心にザクッと引っかかるものをこれからは、選んでいこうって辞めるとき、思ったんだよね。だから、そういう風に、アルバムが響いてくれてることは、嬉しいことだし、、今回のアルバムは、尾崎くんとの出会いもそうだけど、出会いがね、、そのすごい出会いが化学変化をもたらしたのよ。
 
尾崎世界観さん:他のアルバムに比べてもそうですか?
 
 スガシカオさん:それだけ、強い人と出会っていて、プロデューサーの小林さんもそうだけど、自分の音楽とか、歌詞とかに、すごい揺さぶりをかけられる人に出会ったことが、今回のアルバムの収穫で。。
だって、「惜春」紹介されなかったら、あんな詩なんて書いてないからね。  
 
なんかそう。これを形にしてもいいんだっていうのが。。
 
尾崎世界観さん:それは、、そうですね。圧倒的な作品に出会うと、こういうのを作品にしていいんだっていう安心感がありますよね。衝撃を受ける音楽とか、表現は、そうですよね。。さっき言ってたように、自分の中で、なんとなく流れていくものに流されると、同じになっていくけど、こういうことをやっていいんだって先にやってた人がいると、そこを超えたいと思うし、安心もするし。
 
 あと、一回。。続きます。
 
今夜は、、ミュージックステーション!!6年ぶり。昨日のマイラジも8年ぶり!!いろいろあった6年。。泣いてしまうな。。お時間合う方は、ぜひ見てください。

« PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/63692964

この記事へのトラックバック一覧です: PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その2:

« PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その1 | トップページ | Galaxy ALL AREA PASS NewAL『THE LAST』の制作の裏側 お互いの印象篇 小林武史✖️スガシカオ その1 »