2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月25日 (月)

幻になるのか、、シカオさんのパツキン姿。。スガシカオさんとプリンス関連の記事。

スガシカオ 史上、、初めてのパツキン。。

 
どうやら、、もう少し濃くする予定のはずが、、
新幹線の時間が迫り、、カラーリングを途中で
大阪へ向かったための
一夜限りの。。シカオさんの金髪姿。。。 
FM802のサイトでちらっと見れたパツキン姿。。似合ってた!!
紺のスーツと相まって、、最近ずっとカッコ良かったけれど、、
ダントツのカッコよさだったのに。。
 私のインスタの反響もすごくって。。
一応、fm802のインスタアカウントさんからもいいね!もらってまーす。
その反響もあってか、、メルマガで
記念に、、って送られたきた写真は、、システムの関係で
ものすごくちっさくて。。><
 
13007236_1195962067081847_698069795
今日の17時にまでらしい。。残念です。記念に、、残しておきます。
 
そして、、プリンス関連で
影響を受けた名だたるミュージシャンのお名前にシカオさんの名が。。音楽的なニュースで取り上げられて嬉しかったので残しておきます。

プリンスはどういう存在だったのか、音楽シーンに与えた影響

歌手のスガシカオは、自身のinstagramで、プリンスの遺作となったアルバム『HITNRUN Phase Two』のCD盤の写真と共に追悼の意を綴った。スガシカオは「ファンク番長」の異名を持つほどの“ファンカホリック”(編注=スガシカオのアルバム名にもなった『ファンク中毒』を意味する言葉)だ。J-POPとファンクの融合という難テーマを形にしたスガシカオの楽曲からは、演奏面でのキレが注目される事が多い。ギターのファンクアプローチや、咆哮するリードプレイからは、自身のオリジナリティとなったプリンスの血を匂わせている。タテに踊るベースプレイや鋭いリズムセクションも然り、プリンスの“サウンド”に影響を受けたシンガーの一人だ。 
 

追記
こちらも、残しておきます。(許可頂いてありがとーございます。)

続きを読む "幻になるのか、、シカオさんのパツキン姿。。スガシカオさんとプリンス関連の記事。" »

2016年4月19日 (火)

スガシカオ やるしかねーだろ!?(雑談枠)第15回備忘録

怒涛のスガシカオさんの2016年の春もいよいよ初夏に突入。。 

更新しないと出てくる広告も出てきてしまいました。。
このままフェードアウト。。それでもどなたにもご迷惑おかけしないのですが
自分の備忘録に、残しておきたいことがありまして。。
 
それは、スガシカオさんのご自分の声の分析の部分です。
ミスチルの桜井和寿さんとの会話を再現してくれているのですが
よくぞ、、話してくださったというか、、
桜井さんのシカオさんの声への憧れは、まさに、シカオさんの声の魅力そのものでした。
ご自分では、コンプレックスとおっしゃってましたが、
それこそ、唯一無二の宝もの。
それでは、月に一度の生放送!雑談枠 第15回目
TS視聴が今日までだった
チビT社長とのぶっちゃけトーク。。かいつまんで、残します。
 
Img_8897
まずは、、
KATーTUNへの楽曲提供のお話。
KATーTUN10周年のメモリアルソングをやらせていただきました。
Mステは、録画で見た。ちょっと涙ながらになってね。。
俺も、、亀梨くんから送られてきた時、泣いたよ。
ずっと一緒にやってきた仲間と別れる
のはツライよね。
 
ROOTS66のご報告。
体調が悪くて、整体に通ったら首が鞭打ちになってしまって
体調戻ったのに、首だけむち打ち。。
仙台の整体の人は、スガシカオファンで、かえって気疲れ。
出演者は、自分よりキャリアが長いので優しい人ばっかり。
大槻ケンヂさんは、いい人、吉井和哉さんは、本物のエロ。一日中エロ考えてないとアーは、ならないと思う。。せっちゃんは、業務エロ。シカオさんは、吉井さんに比べると、小学生サイズ。。(エロのサイズです)
 
 
「夢のゴール」をオンエアして、Kokuaアルバム「Progress」のお話。
KOKUAのアルバム「Progress」は、びっくりするくらいいい曲が入ってる。
大半は、俺が曲を書いている。。
でも、めちゃくちゃいい。
がっちり、J-POPどまん中!! 
俺の「THE LAST」と逆でロックバンド!
Kokuaのツアーは、最初で最後かもしれない、
 
俺のアルバムみたいにバカみたいに、売れることはないけど、売れたらレコード会社の人(の態度)が変わるかも、すぐ変わるからね。。
ジロウちゃん。(確か、ギター命名の時、出てきた人かな?)
バンドメンバーがそれぞれが忙しい方たちだから難しいかも。。 
来月のボカロJAM、、Kokuaの曲絡めないかな。。(権利問題で難しいかも)
 
COVERS出てほしー。。(これ、私でした。。) 
いい番組だよね、、
 
BABY METAL好きってところから、
ラウド音楽が好きで、本当は、ラウド音楽をしたかったけれど、ラウドって面の音楽でブラックミュージックは、点の音楽。
ドラムもベースもギターもジャッって弾くと、コンプレッサーってのがかかって
スピーカーから、バーンって面でくるんだけど、それに対して、面の歌で押し返さないといけないわけ。
ロックバンドって基本そうなんだよね。
全部面の音楽で、音圧で押し寄せてくる。
ミスチルとかもそうだけど、ラウドは、もっとそう。
エレキギターの面に声が、俺は、負けるから、
ブラックミュージックって点の音楽だからさ
ガッガッガッガッ(ドラムのリズムを打つジェスチャー)
この間に、すき間があるんだよね。。
音をバーって出しても、そのすき間に声が残ってくれるんだよね、ブラックミュージックは!
だから、生き残れるブラックミュージックだと。
 桜井くんのような面の声に憧れる、、そこがコンプレップスなんだけど、、
桜井くんは、よく言うよ、、
(スガさん)俺の声は、サビまでは、これぐらいのかすれ声なんだけど、サビになると倍音って言って、かすれたところをブワーッと膨らましてくれるんだって。
同じ声なのに、倍音が出たり出なかったりすることで
Aメロとサビを声の広がりで調節する、、そのやり方に憧れる。
 
 
この回では、浜崎貴司さんとの出前GACHI 018〜熊本・玉名場所の告知もあって、
熊本美人に会えることも楽しみに語ってました。
最後になりましたが、少しでも早く普段通りの熊本に戻れるよう、願っております。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »