2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書

いつだったか、、
大きなアリーナ級の建物の入り口に
人がたくさん吸い込まれる映像と
スガシカオさんが一人でギターかき鳴らして
歌を歌っている映像が
CMになってテレビで流れている、という”夢”を
見たことがありました。。
独立後間もない頃に見た夢で
HitoriSugarでギターをシカオさん自身が抱えて
自分でブッキングしてライブ会場回ってた頃の夢なので
口外するのも、、憚かれたと言うか。。
でも、、 
その夢が、、ついに、ついに、叶いましたー。
スガフェス開催、埼玉アリーナでの開催決定おめでとうございます🎉🎉🎉  
 
VIVA LA ROCK プロデューサー鹿野 淳さんとのインタビューによる
スガシカオさんの所信表明がここにあります。
”夢”という言葉が
このところのシカオさんの楽曲の中に
しつこいくらい出てきてのは、、
こんなビックプロジェクトを抱えていたからなのか、、
想像も楽しくなります。
 
昨日のライブの模様は、ライブレポも上がっていて
セトリもツイートした通りですので
繰り返しになりますが、、備忘録として残します。 
今日は、もっぱらギタリストがどなたが務めるのか、、
スガマニアさんたちの話題でした。。
ツイートで、JUONさんは、渋谷にいるし。。とか、、
サウンドチェックに現れたのは、
ザ・ミュージシャンな感じのギタリスト。。
ロン毛で、瘦せ型、、俯き加減。。(失礼おゆるしください)
 
いつも左サイドで演奏のベースの坂本竜太さんが
そのサウンドチェックの時、右サイドに来て
このギタリストの方を肩を組んで、ステージ前方へ。。
ジェスチャーで、、この人、よろしく!!って言ってる。。
「お名前は?」
「なんてお呼びすればいいんですか?」と聞いてみると、、
竜太さんが、本人に促して、、
ご本人が、、「松江です」
 
松江さん。。
バンドメンバーは、
キーボード:Pochi さん
ドラム:SATOKO さん
ベース:坂本竜太 さん
ギター:松江潤 さん
「赤い実」のオープニングで
ものすごく弾けたシカオさんの登場!!
黒のロングジャケットが、風に吹いてないんだけど
あまりにもシカオさんの動きが激しいので
ひらひらして、カッコいい!!
この時勢いでバランス崩す場面にヒヤリするも、、
”あなゆる”のスガ汁全開の色気にやられる。。
ライティングと相まって、、独特の世界観が
こういうロックフェスに響き渡って気持ち良かった。
松江さんのギターも気持ち良かった。
 
”19才”の後、ニューアルバムからと言って”真夜中の虹”
POCHIさんのキーボードと、SATOKOさんのドラムの迫力。。
この曲の緊張感は、、比較的若いバンドばかりのフェスの中で
ピリっとしたものを聴く人に、与えるんじゃないかな??
そんなシカオさんの気迫のこもった一曲でした。
 
シカオさん「来年、スガシカオは、20周年を迎えます。」
私たち「おめでとうございます!!!」パチパチパチパチ!!
シカオさん「ここで重大、かつ大事な発表があります」
 
私たち、、「何?何??」
 
kokuaのアルバム告知もあるし、、
NHK BS ドラマ「ふれなばおちん」の主題歌のことかな??
と、覚悟もなく聞いていた私たちに、、衝撃の発表でした。
 
「20年に一度のミラクルフェス「スガフェス」をここ埼玉アリーナで開催します!」
「親しいアーティストや、尊敬するアーティストを招いて、最高のフェスをやりたいと思っています!これからも”奇跡”が起こるように、この曲を歌います!」
”奇跡”
 
いま、奇跡が、起こりそうな予感に、、
抑えきれないくらい
胸騒ぎがするけど、、、、
涙が、、、
シカオさんのトベーー!
 
涙とび散りながら、、ジャンプしました。。  
そのあとの「コノユビトマレ」
シカオさんのここでの、、ギターソロもカッコ良かったー!!
そして、、「Progress」
超絶、、カッコよかったー!
 
VIVA LA ROCKによる公式ライブレポは、こちら
 http://vivalarock.jp/2016/report/sugashikao.html
 
ビバラアンセムのシカオさんによる 
宇多田ヒカルさんの「traveling」聞けなかったのが心残りです。
お友達が足怪我したばかりで、、移動に不安があったためでしたが、、
一生に一度しかやらないとか、、残念すぎでした。
 
VIVA LA ROCK 2016.5.28
スガシカオ セットリスト
 
1.赤い実
2.あなたひとりだけ幸せになることは許されないのよ
3.19才
4.真夜中の虹
5.奇跡
6.コノユビトマレ
7.Progress
 
サカナクションの演奏の後、
最後の挨拶に出ていらした鹿野淳さんからも
スガフェスの告知がありました。
鹿野さん、本当に、ありがとうございます。
Img_9518
最後までおつきあいありがとうございました。
私と同じこと思った方のツイートを載せさせていただいて
拙い覚書、終わりにします。
 
この拙ブログ、アクセス数20万カウントしました。
いつもお越しいただいてる方に深く感謝いたします。
 

2016年5月18日 (水)

動画あり。「弾き語りボカロJam Vol.5」で感じた事。音楽の窓で、「私たちの望むものは」4位に紹介。

16日深夜のニコ生で

ボカロJAMで披露された曲は、kokuaのニューアルバム「Progress」から「BEATOPIA」「私たちの望むものは」 2曲と、
THE LASTからの「あなたひとりだけ幸せになることは、許されないのよ」の3曲でした。
kokuaのアルバムからの2曲は、
ビクターのスペシャルサイトから試聴できるようになっていたのでしたが、、
「BEATOPIA」は、試聴できないようになってたし、
ジャンル的に苦手で
いろんな方がしてるカバー曲の先入観もあった 「私たちの望むものは」 あまり聴いてない曲でした。^^; 
 
 
ボカロJAMで披露された「BEATOPIA」は、ノリノリのダンサブルな楽曲。
「アイタイ」のリズムを少し早くした感じの打ち込みがずっと流れて、、
ギターのリフが気持ちよ〜く入ってる。
低い声で「ユニクロファイヤー(そう聞こえる、、)」リフレインする。。
軽やかなピアノは、武部聡志さん。。
ストリングスが入って、、ドライブで聞いたら気持ちよさそーな楽曲でした。
 
次の曲に入るまでの間奏のコード進行が、、すごく好きだった。。
そこに、「あなたひとりだけは幸せになることは、許されないのよ」
初音ミクでRemix!!
この曲は、シカオさんの声で聞きたすぎではあるのだけど、
シカオさんは、「イェ〜」のとこしか終始歌わなかったのだけれど
ミクの声が曲にあってて
このバージョンもとってもよかった。
曲が終わると、また、冒頭の間奏のお気に入りのフレーズが流れる。。
この時、カオシレーターという装置による
液晶画面をシカオさんが指で撫でると音質が変わるという機器にも
興味をそそられました。。ノイズみたいな音がかぶさってクラブみたい。
(機器じゃなくて、、シカオさんの指に注視してしまったという変態情報も多々ありました(私を含む))
これ、ライブで再現してほしい。。
 
 
最後にとどけられた「私たちの望むものは」
これが、、とてつもない破壊力だった。
前半は、ピアノとカラカラとした音のパーカッションと鈴みたいな音と
シカオさんのボーカル。。声がとっても近く聞こえる。
後半、音が厚みを増して、曲が壮大な感じになってく。
 
「私たちの望むものは あなたと生きることではなく
 私たちの望むものは あなたを殺すことなのだ」
 
スネアとかが入って、キュルルル(シカオさんがつまみを回す音)
してからの、、弾けた感じのシカオさんの歌い方と、ピアノの旋律とが追いかけるように、絡み合って、、歌詞の深みとともに、、胸に突き刺さる
 
このRemixもまた、どこかで聞きたい!!!
 
ニコ生、聴き終わった後、、しばし、呆然としてしまった。
 
「私たちの望むものは」
この歌の何を聴いていたのだろうか?と、、
原曲も、カバーも聴いていたのだけど、、
この歌の何をわかっていたのだろうか?!
共生・・このバンド名、kokuaの語源に当たる、、
NHK仕事の流儀プロフェッショナルで「夢のゴール」の時の
会話にあった、、「共生」って言葉も浮かんで、、
自問自答する、、一曲でした。
追記!
動画がアップされました。
 
まだの方は、TS試聴で。。。
   
 
昨晩、interFMの「音楽の窓」のランキング4位で
紹介されたのは、
「Progress」の中からの「私たちの望むものは」でした。
この曲をどう受け止めたらいいのか、、
少し、当惑した私には、
鹿野淳さんの紹介が ぴったりの言葉だったので残しておきます。
 
 
kokuaの錚々たるメンバーの方々の紹介、、
独立した後、自分の人生の中での自身が最も納得ゆく金字塔のアルバムをドロップして、、一周した感じとか、
いろんな余分なものが抜けたと思うんですよね、デトックスが、、
それによって10年ぶりに、ファーストアルバムとして
kokua名義でアルバムを出しました。
非常に、Popな作品になってるんですけど。。
 
この曲は、カバーです。
岡林信康さんという言って見れば、全学連、全共闘世代、学生運動時代の
名曲になってる曲なんですけど、
スガくんは、岡林信康が、、すごく好きなはずで 
実は、一昨年、MUSICAとキリンビールとのタイアップをしたことがあるんです。
ある企画で。
その時に彼(スガシカオ)が曲を書いてくれたんですけど
タイトルが「見る前に跳べ.COM」
「見る前に跳べ」っていうのは、岡村信康の代表曲なんですよね。
男として、音楽で闘うという術を
岡林信康の歌は、すごい語ってるんですけど
ソロアーティストとして、自分一人で今、未開の地を戦ってるスガシカオにとって歌で闘う姿勢がシンクロする部分が多いんじゃないかな?
それをあえて、ソロではなく、ハイクオリティなハイファイな音楽仲間と一緒に
演じるところに感動がありますよね。。
音がいいですよね、録音状態がいい。
これだけボーカルの録音状態がいいのは、なかなかない。
その録音状態に耐えうるメインボーカルもなかなかいない、スガシカオさすがです。
kokuaファーストアルバム「Progress」6月1日リリースです。
 

2016年5月 1日 (日)

ARABAKI ROCK FEST.16 レポ クリープハイプ〜清水ミチコ〜平原綾香〜スガシカオ

よくライブレポートにある、、
 
カッコ良くて死にそうになりました!!
こういう感想は、絶対書きたくなかったのに、、
もっと音楽的なスガシカオさんの魅力を、、
そう思い続けて、書かせていただいて参りましたが、、
とうとうこの日が来てしまいました。
カッコ良くて死にそうになりました!!
 
とは、いいつつ、少し、書き残しておこうと思います。
 
みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
ARABAKI ROCK FEST.16  2DAYSの参加は、初めて。
 
前日は、ほとんど山に囲まれた場所なので最高のロケーションでしたが
山の気候の厳しさに、終始翻弄される1日となりました。
Img_9169
スガマニアさんのお一人のテントが雨風を凌いでくれて  
助かりました。。感謝です。
この日は、Suchmos、GRAPEVINE 、THE King All Stars、グループ魂、奥田民生
後半は、テントごしに聴いてました。
 
仙台のホテルに戻ってからの、、2日目。
快晴のアラバキロックフェス。
Img_9184
 
勝手がわかっていたのでスムーズなスタート。
クリープハイプ、清水ミチコ、平原綾香、そして、スガシカオ!!!
という流れ。
入り口ゲート近くのステージARAHABAKI、
まさかの最前にスタンバイ。
このステージ、花道があるのが素敵でした。
メンバー3人登場。。そして尾崎世界観。
スペースシャワ−TVで
スガシカオさんと尾崎世界観さんの対談。
(個人的には、後世に残すべき対談だと思ってるのですが。。
一応、文字起こしは、してますのでご興味ある方は)
 
この時と同じ衣装で登場。
最初で花道に出てきて、片足、両手あげて、、ポーズして
もっとも代表曲からスタート
セットリスト
オレンジ
エロ
新曲破花
おやすみ泣き声、さよなら歌姫
憂、燦々
HE IS MINE
社会の窓
 
 
テントのあるBAN-ETUステージでは、清水ミチコさん
おそらくフェスは、初めて。。なのに、
テントサイトのあるこのステージは、2番目の大きさ。
フェス飯の美味しいキーマカレーが吹き出すくらい
笑かせてくれました。。
桃井かおりさんの定番から、音楽好きのために、
井上陽水さんの真似、矢野顕子さん、ユーミンでノーサイド、森山良子さんのザワワ
クリープハイプの尾崎世界観さんの真似から
ゲスの極み乙女。 川谷絵音くんの真似まで。。
これ、どこかでもう一回みたいです。
 
そのあと、ステージとステージの距離は、  
フェスの中では、広い方なので移動は大変です。
TSUGARUステージは、
バックに湖?の見える新緑に囲まれたステージ。
Img_9199
平原綾香さんのパフォーマンス、素敵でした。
ロックフェス初とのことで緊張されていたとのことでしたが、、
この大自然を味方につけて、
壮大な音楽を届けてくれました。
一曲目は、ジュピター(木星)そして、、曲名わからずですが
フラメンコ風の楽曲をベースと歌だけで時に、ボイスパーカッションをしながらの曲もあったり。 
中でも4月27日発売の「LOVE」からの
中島みゆきさん作詞作曲「アリア -Air−」は、
心うたれました。
 
いよいよシカオさんのステージ。。
変わりやすい山の天候、、少し雲が出てきて
肌寒くなってきて、、
雲行きを心配しながら、、サウンドチェックが始まります。
全体的に、黒でコスチュームをまとめてる、昨年夏限定の思い出バンド。。
スガシカオ with 菅波栄純(THE BACK HORN)&SATOKO(FuzzyContorol)&坂本竜太
春もやりますってことで。。
そのサウンドは、菅波栄純さんの手作り動画で
うかがい知ることができます。
そして、この動画で、、
カッコ良くて死にそうになりました!!
が、、表現されていると思います。。
シカオさん自身もセットリスト攻めたって
つぶやいてらしたけど。
 
正式なライブレポを待つばかりですが。。
一曲目の「赤い実」は、最近、改めていい曲で、、
歌詞は、あんな赤裸々なのに、
音楽的に、完成された楽曲なんだろうっと聞き直してところで。。
栄純さんのギターの音色がこの曲にあってるのもあるのだけど
ロックフェスの一曲目にふさわしい曲。
そして、、この曲です。。
「あなた一人だけ幸せになることは許されないのよ」
シカオさん、この時、マイクスタンド
ロングジャケットが風になびいて、、クラっ。。(私がです)
倒れそうになりました。。
もっと音楽的に、、書きたい。。のに。。
 
映像としてどこかに残して欲しいです。。本当に。
テレビ放送では、名曲「Progress」とか「19才」とか
THE LASTの「真夜中の虹」になりますでしょうか。
どれも残しておきたく、、
今回のすべて映像で目撃したのに、
幾度も繰り返してみたい聞きたいパフォーマンス、音楽でした。
 
同じステージで見た平原綾香さんは、周りの自然を味方につけた
パフォーマンスで、、
スガシカオさんのは、
スペースシャワ−TVでの尾崎世界観さんの対談で
アルバム「THE LAST」の感想で、、最高ですと評した後に
窓の景色が邪魔になる音楽。。そう評していたけど、、
美しい自然をもスガシカオ自身の色に染め、、
”自然をも凌駕する音楽の力”を感じました。
今回、ドラマーでしたFuzzyContorolのSATOKOさんが呟いた
その言葉がぴったりの。。セットリストでした。

ARABAKI ROCK FEST.16

スガシカオ セットリスト@TSUGARUステージ 2016.4.30

赤い実
あなた一人だけ幸せになることは許されないのよ
19才
奇跡
真夜中の虹
Progress
 
最後になりましたがご一緒できた方、ありがとうございました。
素晴らしい2日間ご一緒できて幸せでした。感謝いたします。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »