2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ARABAKI ROCK FEST.16 レポ クリープハイプ〜清水ミチコ〜平原綾香〜スガシカオ | トップページ | スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 »

2016年5月18日 (水)

動画あり。「弾き語りボカロJam Vol.5」で感じた事。音楽の窓で、「私たちの望むものは」4位に紹介。

16日深夜のニコ生で

ボカロJAMで披露された曲は、kokuaのニューアルバム「Progress」から「BEATOPIA」「私たちの望むものは」 2曲と、
THE LASTからの「あなたひとりだけ幸せになることは、許されないのよ」の3曲でした。
kokuaのアルバムからの2曲は、
ビクターのスペシャルサイトから試聴できるようになっていたのでしたが、、
「BEATOPIA」は、試聴できないようになってたし、
ジャンル的に苦手で
いろんな方がしてるカバー曲の先入観もあった 「私たちの望むものは」 あまり聴いてない曲でした。^^; 
 
 
ボカロJAMで披露された「BEATOPIA」は、ノリノリのダンサブルな楽曲。
「アイタイ」のリズムを少し早くした感じの打ち込みがずっと流れて、、
ギターのリフが気持ちよ〜く入ってる。
低い声で「ユニクロファイヤー(そう聞こえる、、)」リフレインする。。
軽やかなピアノは、武部聡志さん。。
ストリングスが入って、、ドライブで聞いたら気持ちよさそーな楽曲でした。
 
次の曲に入るまでの間奏のコード進行が、、すごく好きだった。。
そこに、「あなたひとりだけは幸せになることは、許されないのよ」
初音ミクでRemix!!
この曲は、シカオさんの声で聞きたすぎではあるのだけど、
シカオさんは、「イェ〜」のとこしか終始歌わなかったのだけれど
ミクの声が曲にあってて
このバージョンもとってもよかった。
曲が終わると、また、冒頭の間奏のお気に入りのフレーズが流れる。。
この時、カオシレーターという装置による
液晶画面をシカオさんが指で撫でると音質が変わるという機器にも
興味をそそられました。。ノイズみたいな音がかぶさってクラブみたい。
(機器じゃなくて、、シカオさんの指に注視してしまったという変態情報も多々ありました(私を含む))
これ、ライブで再現してほしい。。
 
 
最後にとどけられた「私たちの望むものは」
これが、、とてつもない破壊力だった。
前半は、ピアノとカラカラとした音のパーカッションと鈴みたいな音と
シカオさんのボーカル。。声がとっても近く聞こえる。
後半、音が厚みを増して、曲が壮大な感じになってく。
 
「私たちの望むものは あなたと生きることではなく
 私たちの望むものは あなたを殺すことなのだ」
 
スネアとかが入って、キュルルル(シカオさんがつまみを回す音)
してからの、、弾けた感じのシカオさんの歌い方と、ピアノの旋律とが追いかけるように、絡み合って、、歌詞の深みとともに、、胸に突き刺さる
 
このRemixもまた、どこかで聞きたい!!!
 
ニコ生、聴き終わった後、、しばし、呆然としてしまった。
 
「私たちの望むものは」
この歌の何を聴いていたのだろうか?と、、
原曲も、カバーも聴いていたのだけど、、
この歌の何をわかっていたのだろうか?!
共生・・このバンド名、kokuaの語源に当たる、、
NHK仕事の流儀プロフェッショナルで「夢のゴール」の時の
会話にあった、、「共生」って言葉も浮かんで、、
自問自答する、、一曲でした。
追記!
動画がアップされました。
 
まだの方は、TS試聴で。。。
   
 
昨晩、interFMの「音楽の窓」のランキング4位で
紹介されたのは、
「Progress」の中からの「私たちの望むものは」でした。
この曲をどう受け止めたらいいのか、、
少し、当惑した私には、
鹿野淳さんの紹介が ぴったりの言葉だったので残しておきます。
 
 
kokuaの錚々たるメンバーの方々の紹介、、
独立した後、自分の人生の中での自身が最も納得ゆく金字塔のアルバムをドロップして、、一周した感じとか、
いろんな余分なものが抜けたと思うんですよね、デトックスが、、
それによって10年ぶりに、ファーストアルバムとして
kokua名義でアルバムを出しました。
非常に、Popな作品になってるんですけど。。
 
この曲は、カバーです。
岡林信康さんという言って見れば、全学連、全共闘世代、学生運動時代の
名曲になってる曲なんですけど、
スガくんは、岡林信康が、、すごく好きなはずで 
実は、一昨年、MUSICAとキリンビールとのタイアップをしたことがあるんです。
ある企画で。
その時に彼(スガシカオ)が曲を書いてくれたんですけど
タイトルが「見る前に跳べ.COM」
「見る前に跳べ」っていうのは、岡村信康の代表曲なんですよね。
男として、音楽で闘うという術を
岡林信康の歌は、すごい語ってるんですけど
ソロアーティストとして、自分一人で今、未開の地を戦ってるスガシカオにとって歌で闘う姿勢がシンクロする部分が多いんじゃないかな?
それをあえて、ソロではなく、ハイクオリティなハイファイな音楽仲間と一緒に
演じるところに感動がありますよね。。
音がいいですよね、録音状態がいい。
これだけボーカルの録音状態がいいのは、なかなかない。
その録音状態に耐えうるメインボーカルもなかなかいない、スガシカオさすがです。
kokuaファーストアルバム「Progress」6月1日リリースです。
 

« ARABAKI ROCK FEST.16 レポ クリープハイプ〜清水ミチコ〜平原綾香〜スガシカオ | トップページ | スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 »

スガシカオ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/65541889

この記事へのトラックバック一覧です: 動画あり。「弾き語りボカロJam Vol.5」で感じた事。音楽の窓で、「私たちの望むものは」4位に紹介。:

« ARABAKI ROCK FEST.16 レポ クリープハイプ〜清水ミチコ〜平原綾香〜スガシカオ | トップページ | スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 »