2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 | トップページ | プリンス追悼トークイベント「レスト・イン・パープル〜プリンスに捧ぐ(フェイズ・ゼロ)」その2 “Rest In Purple” Phase 0 @渋谷タワーレコード »

2016年6月 8日 (水)

プリンス追悼トークイベント「レスト・イン・パープル」その1 “Rest In Purple” Phase 0 @渋谷タワーレコード

緊急プリンス追悼トークイベント行って参りました。
プリンスが生きていれば58歳の誕生日
渋谷タワーレコード8階イベント・スペース「HACHIKAI」
スガシカオさん発起人
カニリカさん
ツナさん
そして吉岡正晴さんMCによりトークショーは、始まりました。
 
会場は、3列ほど椅子席があったのですが細長い会場に250人ほど集まり大盛況のイベントだったと思います。
開場後、DJ OSAさんによってプリンスの名曲が流されて
「Sexy MF」の時には、会場から歓声が上がるほど盛り上がり
トークショー前に、タワレコから振る舞われた「Perple One」(一杯500円)
グレープジュースだったのだけどとても美味しかった。
 
4人が登場されて、、
吉岡正晴さんからまず、今日6月7日がプリンスの故郷ミネソタ州において
「プリンスの日」と正式に制定されたことが発表されました。
デイトン知事の言葉は、
この日のこのイベントの内容を簡潔に表現していると
言っても過言ではない言葉なので残しておきます。
「プリンスは、音楽産業におけるイノベイターであり、指導者であり、博愛主義者でもあった。彼は、革新的な音楽とアイコニックなアイデンティティを想像した人物だった」
 
まずは、4人の方からのプリンスへの思いを語られました。
メモ書きから薄れゆく記憶をたどってのレポ
言い回しなど再現できないのですが
よかったらお付き合いください。
 
まずは、このイベントの発起人である、アーティスト「スガシカオさん」
本来は、アルバム出たばかりでプロモーションで忙しいはずなのに、、
それ、そっちのけで、、来ていただきましたー。
(この時、、お名前を出すところを吉岡さんが戸惑われたので、、)シカオさんが、、「ずっとスガシカオです!マークにもなってませんから、、」と
会場がどっと湧いて、、
 
スガシカオさんからの言葉
プリンスが亡くなってから、ずっとプリンスロスが続いていて
僕からTUNAさんに声をかけて、吉岡さん、カニリカさんと4人での今回のイベントをやることになりました。
 
6月7日が、奇跡的にこのイベント会場が、空いていて、、と吉岡さん。。
 
このイベントのタイトルに”フェーズ0”とあるのは、一回っきりのイベントではなく、フェーズ1、フェーズ2と続けて、
オレが死んだとしても続いていくような(ここドキっとしましたが、それくらいの思いと受け取って、、)
一過性のイベントではないものにしたいと思って、、すでに、フェーズ1の日程が決まっております!!追って、おしらせしますが、、ずっとプリンスのことをずっと語っていきたいと思っていますと、、シカオさんの熱い思いが語られました。
 
カニリカさんからは、
チケットなしで、、1990年のプリンスのツアーに飛んで、ダフ屋でゲットし初ライブ観戦というエピソードを披露、、、プリンスの魅力は、ライブパフォーマンスの完成度、素晴らしさ、、(ここでシカオさん、大きくうなづく)
ここで、名言が、カニリカさんから
「神は、二物を与えず」という言葉があるが、
プリンスに神は、四物も五物も与えたのに、唯一与えなかったのは、身長くらいだ!
 
TUNAさんは、今回のイベントの音源、映像を用意してくださった方で、この後も次々とレアなプリンスエピソードをご披露してくださるのだけど、普通のサラリーマンをされているとのこと。
シカオさんが時々メルマガで嬉しそうに、プリンスのレア音源の話を披露されるけど、この方のお力なのかもしれない。
 
この後カニリカさんから、スクリーンに映されたプリンスのヘアースタイルから読み解くプリンスの独特かつ斬新な美的感覚のトーク。
シカオさんの鋭いツッコミにより大変、楽しかった。
 
最初は、アフロヘアのプリンス。
吉岡さんより19歳頃と言われると、、シカオさん”19歳??これは、地毛なんですか??”
ここは、もしかしたら、、シカオさんの名曲、”19才”を絡めて欲しかったのかもしれないが、、吉岡さん、華麗にスルー。。^^;
 
そのあとも、ハイウエストのパンツ、厚底の靴のお話や、ダリのサングラスをかけるプリンス、顔が見えないくらい鎖が帽子から下がってるステージ衣装(レディ・ガガも似たようなことをしていた)、、
中でも”乳母”スタイルと命名された髪型がスクリーンに映し出された時、
シカオさんが
グラミーか、なんかのアォードの時、プリンスがチュッパチャップスを
舐めていて、、歌うのを拒否したエピソードが語られました。。
(曲名は、ググったら"We are the world”でした)
そして、このころ、レコード会社と確執があったプリンスは、
音源を自分のファンクラブにDLさせるだけになっていたことも。
 
スペインでダンサーの結婚してる時代のスペインで撮られたプライベート写真。
パパラッチに、プリンス自らカメラのファインダーを向けてる写真。
いずれも、カニリカさんが、プライベートフォトなのに、カッコいいと言ったことに、シカオさん、「これはね、、”スタイリスト入ってます!!!”」
っと断言!!かなり、決め付けてました、ココ!!
 
30分ほどたっぷりかけて、カニリカさんは、プリンスが大好きです!!と連呼しながら、プリンスの独特かつ斬新な美的感覚を貴重映像で紹介してくれました。
追記)カニリカさんのお名前を間違えておりました。失礼いたしました。
お詫びして、訂正申し上げます。ご指摘いただいてありがとうございます。
続く

« スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 | トップページ | プリンス追悼トークイベント「レスト・イン・パープル〜プリンスに捧ぐ(フェイズ・ゼロ)」その2 “Rest In Purple” Phase 0 @渋谷タワーレコード »

レスト・イン・パープル(Rest In Purple)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/65905878

この記事へのトラックバック一覧です: プリンス追悼トークイベント「レスト・イン・パープル」その1 “Rest In Purple” Phase 0 @渋谷タワーレコード:

« スガフェス開催おめでとうございます!VIVA LA ROCK スガシカオ ライブ覚書 | トップページ | プリンス追悼トークイベント「レスト・イン・パープル〜プリンスに捧ぐ(フェイズ・ゼロ)」その2 “Rest In Purple” Phase 0 @渋谷タワーレコード »