2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『kokua Tour 2016 「Progress」』"音楽の神々たちの遊び" NHKホール その2 | トップページ | 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 »

2016年7月16日 (土)

AMY エイミー 本物の音楽

見終わってエンドロールが流れて、

照明ついても、立ち上がれなかった。。
来る7月23日で亡くなってから5年。
全てプライベート映像でできてるドキュメンタリーなのに
ジェットコースター並みの緩急にとんだ
ヒューマンドラマを見終わったみたいだった。
まだエイミーが14歳だった頃、誰かのお誕生日で、、歌声を披露するシーンで、、
あ、、”音楽の神”が宿ってる、、そう確信させられた、映像から始まる、初期の頃からのマネージャーの秘蔵映像などだけでつなぎ合わされたものだったのに、、。
 
エイミー・ワインハウスを聞いてた2008,9年って、今より私自身もUKチャートのことを気にしてたり情報も入ってきてたので、ゴシップ情報とともに彼女の音楽を聴いていた。
 
スガシカオさんがらみでいえば、2010年に、シカオさんとimaluさんがMCでコリーヌ・ベイリー・レイがゲストに出た番組「inspired by UK ROCK」って番組。
それは、mステのように、アーティストが
UK-ROCKの名曲をカバーするという番組でした。
UKROCK事情として、エイミーの楽曲が紹介されていたのだけれど、、
その部分がブログに残っていました。(ご興味ある方は、どうぞ)
 
この映画が、日本で公開されたことが、奇跡なくらい今、洋楽聞かれてない。    
この映画の中で、、エイミーが「本物」って言葉をたくさん使う。自分の音楽の表現として。私も、多くの人が抱く彼女のイメージに囚われて音楽を聴いてしまっていたのだけれど、、少なくとも、この映画で描かれた彼女の音楽は、「本物」でした。 
 
ライブ映像の横に、歌詞(日本語訳)が出る。これが、本当に、見事な訳詞で。 
ライナーノーツでは、いまひとつ、ピンとこなかった楽曲が、、こんな意味だったんだ!!と改めて、わかり、涙腺崩壊するという場面が、、。   
 
大好きなあの曲、、、あのクソ野郎の曲だったんだ。。とか。。
 
そして、後半に行くに従って、胸が締め付けらる。。
グラミー賞をとったり、名声も高まるのに、、
アーティストの輝きは、闇をさらに深めるのです。。
彼女が、、27歳の若さで死なないで済むタイミングが、、いくつもあって、、。
本当に、、残念でならない。

« 『kokua Tour 2016 「Progress」』"音楽の神々たちの遊び" NHKホール その2 | トップページ | 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/66541407

この記事へのトラックバック一覧です: AMY エイミー 本物の音楽:

« 『kokua Tour 2016 「Progress」』"音楽の神々たちの遊び" NHKホール その2 | トップページ | 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 »