2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 | トップページ | Reborn-Art Festival × ap bank fes そして、オハラブレイク その1 »

2016年7月30日 (土)

『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その2

バックスクリーンに映し出された
ペイズリーパークの壁画には、プリンスがリスペクトした
アーティストが描かれてる。
それをシカオさんが説明。。
スティービー・ワンダー、カルロス・サンタナ、マーカス・ミラー
スライ、ジョニ・ミッチェル。
自分に影響を与えたミュージシャンを右側に、真ん中にプリンス。
左側には、若手ミュージシャン。
プリンスは、若手ミュージシャンを起用することに積極的だったことを
シカオさんが高く評価していて、、
こういう姿勢は、、シカオさんご本人の音楽活動にも影響を深く与えてるんだと、、想像できるのでした。。
 
9月30日にペイズリーパーク内が公開されたドキュメンタリーがWOWOWで放送されるらしい。忘れずに見たいと思います。
 
そして、シカオさんは、
プリンスの最もリスペクトするアーティストして、
スティービー・ワンダーをあげ、
スティービーのフランスでのライブに飛び入りした映像を紹介。
この時、TUNAさんもいらして目撃されたとかで、、その当時のユーチューヴに上がった動画を保存したとのこと。
「Superstition」演奏時に、
スティービーにスタッフが耳打ち、、
そこに、プリンスが登場するのだが、、
 
この関係は、自分(シカオさん)で言えば、
「陽水さんのライブに、、オレが飛び入りするってことに
当てはまるんだけど、、ムリっす!!
つまり、それだけ、プリンスとスティービーの中は、親密な信頼関係が築かれていたことだということなんだよね」(正確な言い回しでは、ありません)
シカオさんは、また、音楽的なプリンスの一面として、、
プリンスがベースを弾いている映像を紹介。
 
よく見てください、、ベースをピックで弾いてます。
プリンスが指でなく、ピックを使って演奏する意味を
シカオさんは、ファンクにおけるベースの存在は、
粘りつくような音なのだけれど、
プリンスは、それを求めていないということなのだ、、と分析してました。
 
また、マイルス・デイビスとプリンスのコラボレーションしている映像を紹介。
マイルスとプリンスの共通性について語るシカオさん。
プリンスもマイルスもセルフプロデュース力の高いアーティスト。
似ている部分が多いのでコラボレーションは、うまくいかなかったのだと。
 
ここは、吉岡さんからだったと思いますが、自分の音楽”マイ・ミュージック”に対する思いが、似てると、、マイルスは、レコーディングした音源を金庫に入れて、レーベルには渡さなかったとか、、こういう部分も酷似していたと語ってました。
 
大変、申し訳ないのですが、、記録してるメモが、ここまでで。。
もう少しいろいろ語られていたのですが、、
思い出せません。
吉岡さんは、外国のアーティストの生年月日で日本の年号と干支をすぐ言い当てられる特技をお持ちだそうで
吉岡さんがプリンスも、マイケルも、マドンナも、戌年で、昭和33年生まれだとおっしゃっていたことが、今日のまとめになりました。
 
 
プリンス、トリュビュートライブは、想像以上に素晴らしく
私は、特に、最新アルバムで最後のアルバムになった
「HITNRUN Phase Two」より「Xtralovable」と 「Look at me,Look at U」 2曲披露されたのが嬉しかったです。
「Look at me,Look at U」は、大好きな曲だったのと、バンド演奏としては、世界初で感動しまくりでした。。村上佳佑さんうまかったです。
詳しくは、TUNAさんの解説によります吉岡さんのブログにあります。
バンド演奏のアンコールの部分で
一旦ステージから去ったシカオさんにサプライズ。
スティービーワンダーのHappy birthday!をみんなで合唱。
シカオさん、28日。カニリカさん、26日。
ケーキとお花でお祝いでした。
🎉🎉お誕生日、おめでとうございました🎉🎉

 昨夜は目黒BAJで、PRINCE追悼イベント第2弾「Rest In Purple (Phase One) ~プリンスへ捧ぐ」が行われました。胸に輝くプリンスバッヂ! . めちゃくちゃかっこいいトリビュートバンド、切れ味鋭い爆笑トーク、本当に楽しいイベントになりました。 イベントの締めで「今日はここにプリンス来てたよね・・・」っていう誰かのコメントが胸に刺さりました。次は秋に開催します、お楽しみに! . ちょうどカニさん(26日)とおれ(28日)の誕生日の真ん中の日だったので、みなさんにお祝いしていただきました。 生バンドでスティービーのハッピーバースデー歌われちゃったんで、もう感激でした!!ヤバイわー。 . これから1年は、秋の全国ツアーや20周年スガフェスも控えてるんで、フルスロットルで生き急ぎます! みなさまよろしゅうお願いします!

Suga Shikaoさん(@suga_shikao)が投稿した写真 -

2016 7月 27 6:57午後 PDT

« 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 | トップページ | Reborn-Art Festival × ap bank fes そして、オハラブレイク その1 »

レスト・イン・パープル(Rest In Purple)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(^-^)プリンスファンと申します。
スガシカオさんに関して調べていて、
こちらに辿り着きました。
スガシカオさんのプリンス愛には、
プリンスファンとして、嬉しく思い、
この様なイベントを開催して頂いて、
本当に有り難いなぁ~♪と思っております。

秋位にまたフェーズ2があるみたいで
スガさんにお逢い出来るのが楽しみです!
それにしても、50歳には見えないですね。
スガさんは、スゴく気持ちがお若いの
だろうなぁ~♪と感じました(^-^)

実は、スガシカオさんの好きなプリンスの
ペイズリーパーク保存の為の嘆願を行って
おりまして、こちらに記載させて下さい!
↓頭にhtを省いてますので、コピペした後
htを追記お願いしますm(__)m
(オバマ大統領への嘆願書としての署名活動)

tps://www.change.org/p/barack-obama-designate-prince-rogers-nelson-s-paisley-park-as-a-national-historic-landmark?utm_source=embedded_petition_view

プリンスが保持している不動産が数点
売却予定リストに入っていまして、
まだペイズリーパークはまだリストに入って
いませんが、維持費などを考えると
ビジネス優先の米国では、
予断を許さない状態でして…
スガシカオさんにも、このプロジェクトの
お知らせとお願いのメールをお送りさせて
頂こうかと思います♪

長々とスミマセン!
どうぞ拡散宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/66750237

この記事へのトラックバック一覧です: 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その2:

« 『レスト・イン・パープル、フェイズ1~プリンスに捧ぐ』 in ブルース・アレイ・ジャパン その1 | トップページ | Reborn-Art Festival × ap bank fes そして、オハラブレイク その1 »