2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« THE LAST ENCORE TOUR ネタバレあり@名古屋 ダイアモンドホール 9.10 | トップページ | 「夜空ノムコウ」 »

2016年10月 2日 (日)

「THE LAST」〜 ENCORE〜の赤坂Britz2days 9.30/10.1

「THE LAST」〜 ENCORE〜の赤坂Britz2days。

すごかった。
終わりました。
セトリなどのネタバレは、前のページにあります。
 
あ、、これが、
これが、スガシカオさんの望んだライブなんだ!
シカオさんの思い描いてた世界に気づくのは、
スガシカオさんの楽曲が発表されて
やはり少し時間が経ってからなのだ
それは、今まで立っている場所からの飛躍が
目覚ましいから。
ずっとスガシカオ音楽を聴いていた者が
驚愕し、戸惑い、衝撃を感じたりして
でも、それが時間とともに
毒のように回って言って
自分の身体に入っていってからじゃないと、
この「THE LAST」というアルバムの醍醐味を
そしてライブ会場のあの異様な熱気を生むことができなかったのではないのだろうか?
あの曲の歌い出しで、、あの曲のサビで、
はたまた、ギターソロを弾いてる時、
シカオさんに
「神がキターー!!」そう思う瞬間があって
バンドのメンバーとのグルーヴに
オーディエンスも踊り狂う。。
初日の名古屋から感じていたことだけど
ここ赤坂Britzでも、
若い男性ファンが増えて、、しかも大声で「THE LAST」の楽曲をうたっている。
ヒットナンバーや有名曲では、以前からあったのだけど、
独立前のアルバムツアーでは、見られなかったことのように思うのです。
長くスガシカオさんの音楽を聴いていた者よりも
初めてこのアルバムでスガシカオさんの音楽を知った人の方が
反応が速かったのではないだろうか?
 
一度感染した病で、、免疫力がついてしまったようなことと同じで。。
まだ、はじめての人の方が、反応しやすいことと一緒で。。
 
何度かのお仕事の後の
小林武史さんとの出会いからこのアルバムがはじまったことを
昨日、関係者席におられることを知って、思い出した。
今のスガシカオにJ-POPはいらない。
スキャンダラスな世界、不穏な世界を
こんな激しいグルーヴでライブするのは、
スガシカオさんだけだと強く思ったのでした。
 
こんなライブは、やっぱり日本のどこを探しても見つからない。

« THE LAST ENCORE TOUR ネタバレあり@名古屋 ダイアモンドホール 9.10 | トップページ | 「夜空ノムコウ」 »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

お邪魔しますm(_ _)m

正直なところファン歴が長そうな方ほど、特にヒトリシュガーでは、とにかく見ていたいと思う傾向が強いなぁと感じていて、何で演じる側の気持ちを分かってあげられないのだろう…、自分のライブで自分の曲で、お客さんが盛り上がってる姿を見ることほど幸せなことなんて無いし、盛り上がってるほうがスガさんのテンションも上がってさらに凄いパフォーマンスが引き出されるはずなのに勿体無いなぁ…、と、去年のヒトリシュガーから思っていました。
でも名古屋からさらに赤坂の盛り上がりは凄いことになってたので、残りの豊洲・堂島もどうなっていくのかワクワクしますねo(^-^)o

…若輩者が失礼しましたm(_ _)m

蟹のアルペジオさん、こんにちは。
 
ヒトリシュガーですと、弾き語りで音の限られた演奏が比較的多いので
お客さんが歌うと、スガシカオさんの声が聞こえなくなってしまうってことは、
あると思うので、、
ただ、ヒトリシュガーでもアンプに繋いだギターガンガン、ループマシン多用してる
アゲアゲの曲は、歌ってもいいって個人的には、思います!!
 
今回のセットリストは、弾き語り部分を覗くとずっとアゲアゲな曲なので
全然、大声で歌ったほうがいいですし、
シカオさんもオーディエンス煽ってましたよね?
豊洲、堂島、本当に、ワクワクです💕

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/67761334

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE LAST」〜 ENCORE〜の赤坂Britz2days 9.30/10.1:

« THE LAST ENCORE TOUR ネタバレあり@名古屋 ダイアモンドホール 9.10 | トップページ | 「夜空ノムコウ」 »