2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月26日 (日)

『パープル・レイン』一夜限りの絶響上映会 レスト・イン・パープルの方々のトークあり@ZeppDiverCity

2017年2月20日(月)
もう一ヶ月以上も時が経ってしまったのですが
ZeppDiverCityで行われた
『パープル・レイン』一夜限りの絶響上映会に
レスト・イン・パープルのメンバー
(スガシカオさん、吉岡正晴さん、カニリカさん、TUNAさん)
が登壇されたトークショーの部分をお伝えしようと思います。
数日前のグラミーショーの
ブルーノ・マーズのプリンストリビュートも記憶に新しく、、
また、グラミーのレッドカーペットでザ・タイムの「モーリス・デイ」と話題のピコ太郎が話してたり 
この時期、この映画を大音響で聴けたことは、
いかに、プリンスが偉大だったのかを
再認識できるとても貴重ないい機会でした。  
 
 
 
最初は、レスト・イン・パープルのメンバーの方々は、
どこでこの映画を初めてみたのか? そしてどう思ったかを語る。
 
日本での上映は、1985年2月。
シカオさんは、
ちょうど、受験とぶち当たっていて、行けなかった。。
ビデオ。。VHSで借りたと思います。。
当時、グっと来なかったと、、感想を。。
 
吉岡さんは、ワーナーの試写室。
TUNAさんは、高校に入ったばかり、ヤマハホールでの一般試写会で公開2日前に。
あとでとても貴重なその当時のチケットの半券(※1)やパンフレット(※2) を披露してくださった。
(★貴重なお写真をTUNAさんよりお借りしました!!
   ありがとうございます。)
カニリカさんは、最初、「幼稚園!」って可愛く言っておらましたが、
1984年のアメリカ留学先でご覧になったとのこと。
 
16900152_1607661822595522_744016641
※1 その当時のチケットの半券
 
  16923545_1608450672516637_156283657
※2 その当時のパンフレット
 
80年代、映画界でも成功を望むミュージシャンは多くいたのだけど
実際に痕跡を残したアーティストは、少ない。
700万ドルの低予算だったのに、
興行成績収益7000万ドルだったとか!
サウンドトラックは、ビルボード24週連続1位。。
 
プリンスは、この映画でオスカーを受賞!!
その模様をスクリーンでみんなで鑑賞!!
あまりにも、プリンスの声が聞き取れないのだが、、
シカオさんも「声、、ちっさ!!」とツッコミを入れていた。。 
 
 
 
この映画の見所についてのトークが続いたのでけど、、
スガシカオさんからは、
映画中流れる楽曲「When Does Cry」邦題「ビートに抱かれて」について。
”当時のファンク、ソウルコード進行にない、
add9(アド・ナインス)7sus4(サス・フォー)という
アメリカのブラックミュージックでは、使わない
実験的なアルバムになっている。
 
ミックス段階で、もともと入っていたベースを
こちらの方が面白いとプリンスが狙ってやったもので、、
普通、ベースは、親指で弾いて弾くけど、
プリンスは、ピックで弾いていて、、ベースに重きを置かないという、、
ベースを省くと、、下がない自由が生まれるんだ”。。 
 
こういう音楽的なことを語ってました。
 
そして、最後に4人の方からの見所。
吉岡正晴さんのブログの抜粋です。
 
見どころをスガさんは、「プリンスのドSのところ」、
ツナさんは「主演のプリンスが映画が始まって何分くらいでセリフをしゃべるかみてください」、カニさんは、「どこまでが演技で、どこまでがリアルか、を見てください」、
さらに吉岡は、アポロニアが「湖に飛び込むシーンがあるんですが、そこがロスとミネアポリスの二か所で撮影されて、うまく編集されているところ」などと話した。

 
会場には、
「プリンスとパープル・レイン(音楽と映像を融合させた歴史的名盤の舞台裏)」
の即売会があった。。
この著書、アラン・ライトをインタビューした   
レスト・イン・パープルのメンバーカニリカさんのトークイベントが
次回になることを告知されて絶響上映会が始まったのでした。
 
以上が、2017年2月20日の絶響上映会「パープル・レイン」
トークイベントの模様でした。
拙い表現、完璧な語り口調でないことをお詫びします。
お読みいただいてありがとうございます。
 
 

2017年3月14日 (火)

スガフェストーク生配信だとか、、覚書。

豪華絢爛なスガフェス出演者の発表!

でもこのブッキング。。驚きべきは、、
すべてスガシカオさんのガチ友つながりってこと。。
そして、シカオさんが友達ってことは、
音楽的にもリスペクトしてるってこと。
以前、どこかで語っていた。
バンドでは、Mr.Chirdren、ポルノグラフィティ、怒髪天、THE BACK HORN
UNISON SQUARE GARDEN。
ソロアーティストでは、高橋優、水樹奈々、山村隆太、SKY-HI。
 
そして稲川淳二に、ハウスバンドとしてkokua。(敬称略)
 
昨年、発表された2016年5月28日に、この出演メンバーを想像することが
できなかった。。
スガフェスEXTRAで出られた浜崎さんや、トータス松本さん、斉藤和義さんあたりは、想像できたのだけど。。
 
今回発表になったAAAの日高くんとぼくのりりっくぼうよみのツイッターの
やりとりが数日前にあって、微笑ましかった。
ぼくのりりっくぼうよみくんが、、
時間に追われずに制作したい(でも時間に追われないと制作しない)、、というツイートに
AAAの日高くんが”スガシカオ氏いわく追い詰められた時には脳に圧力がかかって書けるようになるらしいよ。” とツイートしていた。。
 
テレビ朝日のフリースタイルダンジョンで
お隣に座っていた彼とは、、
音楽的にも相思相愛だったのかとナタリーで発表されたコメントに感動しました。
 
Img_9868_2

この時代に生きた僕たちは、とても運がいい。
生きづらい猥雑な毎日を踊らせるファンクが、
心の機微に寄り添ってくれる歌詞が、
20年間もずーっとスガ シカオから聴けてるのだから!
スガさんのサングラスの向こうの
まっすぐな目を初めて見た時に、音楽の力を感じてしまった。
音楽と一緒に歩ける、そんな人間に、僕もなりたいです!
20周年本当におめでとうございます!!
 
ニコ生放送から
LINE LIVEにメディアも変わって届けられたのは、
鹿野さんとのトーク生配信。
 
めっちゃ楽しかった。
LINE LIVEは、初めてだったので最初インスタで見ていたのだけど。。
後半切り替えて正解。
まずは、その日20時に発表だったスガフェス出演者のお話。
DVDは、重いって言ってましたよね?
ぎっしり曲がつまってるって意味だと思うのですが。。 
楽しみです。。
そして、初自叙伝のお話。。
全部書いたって言ってました。
追記)そしてこの時、スガフェス会場だと購入特典がつくと
話しされてましたー!!なんだろー!発売初日に1冊。2冊買うー!!
インスタでめちゃめちゃかっっこよかったのを残しておきます。
 

 With my guitar. . めっちゃカッコつけてます

Suga Shikao(スガ シカオ)さん(@suga_shikao)がシェアした投稿 -

2017 3月 9 5:40午後 PST

 
 
スガフェスのブッキングをシカオさんが語る。
最初は、
ミスチルに声をかける。。
ミスチルでないなら、やらない!!
脅迫によるお誘いにより快諾されたと
シカオさん。
鹿野さん、ファスナー開けちゃうよ。。
 (よくわかりませんでした)
 
フェスを企画しての感想を鹿野さんに聞かれて、、
”体に悪い。。
断られる時のショックや、、お願いしても
活動中止になっちゃうこともあったり、、
よく毎年毎年やってますよね?”
っと。シカオさん。
鹿野さんは、麻痺してるんですと。。
稲川淳二さんとは、古くからのただの友達。。 
追記)飲みに行くと4時間怪談。。
ポルノの岡野くんとは、、あー、忘れちゃった。。なんて言ってたかな。。
 追記)ご近所友達で、発表の前日に、お酒の勢いで、スガフェスのMVPとる?とかいう発言もあったとか。。
かけすぎ王国に、、レースクイーンみたいなコスプレした女性をって鹿野さんが言ったら、、、”メイドがいい”。。ってシカオさん。。
ものすごくテンション上がってたな、ここだけ!!。。オトコの人って。。
 
 
そしてそして、ビバラが終わって大転換する
ステージセッティングを定点カメラで
5月6日を迎える様子を撮るとか、、  
5月6日には、シカオさんに密着カメラをつけて
その動向を映像に残すって鹿野さん言ってくれましたー!
 
なんだか心なしかシカオさんの表情が
とっても優しい表情になっていた。
Img_2050

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »