2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送(1) | トップページ | スガシカオアコースティックライブ@Reborn-Art DINING 雄鹿半島 »

2017年7月 8日 (土)

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 (2)

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送を
文字として残しておこうと勝手にしてますが。。
いつも、お読みいただいてありがとうございます。
 
スガシカオさんの音楽ルーツを自らたどる貴重なコーナーなので
たくさんの方に、届けばいいなと思っております。
 
いきなり
kokuaの「Progress」のギターイントロ。
スガルーツ、ファンクの流儀、ファンクの流儀、ファンクの流儀 !(リフレイン)
ここからの時間は、【スガルーツ、ファンクの流儀!】
スガシカオの音楽ルーツを紹介していくコーナー。
 
まず、自分的にアーティストとして影響を受けた人は誰かというと。
僕の場合は、形としても。
ファンクとして影響を
受けてるし
アーティストの立ち方とか、
進み方としても、ものすごく影響を受けてる
そのプリンスっていう、、
この間、亡くなっちゃいましたけど。
残念ながら僕は、結局、ステージの上でしか、
プリンスを見ることは、できなかったんですけれども。
直接、お会いすることもできずに、終わってしまったのですが。。
プリンスは、僕にとっては、一つの目標というか一つの指針というか、
そういう感じで考えています。
 
プリンスは、若い時から、17歳でデビューするんですけれども
その時から楽器を演奏して歌を歌うだけではなくて
サウンド自体をアーティストがプロデュースしないと
次の時代の新しいアーティストにはなれないと信じていて、
サウンドプロダクトを全部自分で勉強してやり始めたんですね。
80年代の終わりから90年代にやり始めて
世界のトップを獲ったアーティストですけれども。
 
プリンスのアルバムは、たくさん出ていて
すごい多作家で
人のアルバムにもたくさん曲書いてるし
自分のアルバムもどんどん出すし、
ライブ2daysあったら、全部セットリストが違うとかね、
驚異的なアーティストパワーの持つ人なのですが
そのプリンスが「ダイアモンド・パールズ」というアルバムを出すときに
その前のアルバムで世界ツアーをやって
日本に来たんだよね。
真夜中に急に、レコーディングやるぞって話になって
東京のスタジオでプリンスが
突然レコーディングをやったんですよ。
そのときにやった曲が「ダイアモンド・パールズ」に2曲くらい入ってるんですけど
それは、完全にシークレットで行われたので
実際どうやって行われたのか、謎のままだった。
 
プリンスが亡くなった後、
僕は、プリンスを追悼するイベントを仲間と一緒に
ずっと東京でやっていまして
6月7日のプリンスの誕生日に行われた第五回のイベントのときに、
日本で行われたプリンスの極秘レコーディングに立ち会った二人の日本人を
ゲストに迎えたんですよ。
 
プリンスがどうやって現れて、どういう風にレコーディングしたかを
全部、赤裸々に語ってくれたんですよね。。
(ココすごいシカオさんの興奮度が伝わります、お台場でUFOを目撃して、HEYHEYHEYでお話ししてたみたい )
その話をね、僕は、もちろんインタビュアーとして聞いていて
ちょっとね、衝撃的なことがいくつも出てきました。
 
で、改めて、「ダイアモンド・パールズ」ってアルバムを聴いた時に
え!本当に、そんな風にして、コレを作ったの???ってぐらい
今でも、信じられない!!
という感じで聴くんですけれども
その話をしだすと、後3週分くらいかかって、番組終わっちゃう
ので割愛します。
 
やっぱりね、
”天才がやることっていうのは、我々の想像をはるかに絶することで”
どうやってレコーディングしてるかわからない存在で
本国では、ブラックボックスって言われてたんですね。。
プリンスが特別持ってるエフェクターみたいのがあってそれを通すと
プリンスのサウンドになるんじゃないかって言われてたんですけど 
実は、そんなことは、全然なくて
日本のスタジオにある誰でも使えるようなマイクで 
実は、録ってた!っていうね、
しかも歌もその場で一緒にコントロールルームって 
ボーカルブースって特別な部屋に入らずに、普通にソコに座って 
ヒャヒャヒャって歌ったやつがそのまま入ってるって
それは、、とても、とても恐ろしいことで、
それが、今でも、世界的名盤として残っているっていうのは、すごいですね。
 
ということでこの話は、どこかでまとめてするとして
プリンス大先生の「ダイアモンド・パールズ」に入っている
「GET OFF」化け物みたいな曲を聴いてみたいと思います。
 
 
  *番組内でのジングルは、
  アルバム「HITnRUN phase two」よりRocknroll Love Affairが使われていた。
プリンスの「GET OFF」という曲でした。
 
まぁFUNKというものは、どういうものか?
この曲を聴けば、一発でわかりますけれども。
本国では、70年代、80年代のソウル・ファンク・ゴスペル
いろんなブラックミュージックを全て正統に継承する最後の一人って
言われていたんですね、プリンス以降の人たちは、
R&Bとか、ヒップポップとか名前が変わったジャンルになっていくんですけども、
ソウル・ディスコ・ゴスペル・ファンクの一番最後の継承者がプリンスだったのです。いや、、本当に、すごいアーティストでしたね。
 
続いては、、
スガシカオ【アルバム黒歴史・白歴史】
こちらは、続きをクリックしてください。
 
 
スガシカオ【アルバム黒歴史・白歴史】コーナーです!
 
ということで、このコーナーでは、アルバムを10何枚かリリースしてきたんですけれども、年代順に、毎週一枚づつピックアップして
このアルバムがどうだろう、ここは、黒歴史で、ここは、白歴史だったって
白黒ハッキリつけようじゃないかっていう(笑)。。そういうコーナーになっております。
 
第一回の今夜は、もちろんファーストアルバムになります
「CLOVER」になりますけれども
1997年9月3日にリリースされております。
 
ファーストシングルがですね、「ヒットチャートをかけぬけろ」
1999年の2月26日にリリースされて
その後たしか、5月ぐらいに(5月28日)「黄金の月」リリース。
 
これは、FM802さんにヘビーローテーションにしていただいて。
関西地区限定で、爆発的ヒット!
まだ、東京とか、他の地域は、シーンとしてます。
 
その後に出ました、アルバム前の煽りのシングル
「ドキドキしちゃう」関西地区限定ですごい、ヒットするんですけれども
全国的に見るとシングルが、初登場で、、96位ですね!
ギリギリ100位までのページに載ったって大喜び!スタッフ的にはね。
みたいな当時は、知名度でした。
 よく言われてたんですね、関西では、人気があるけど
なかなかその人気が箱根の山を越えないねって言われててですね。
  東京では、まだまだ誰も知らないみたいな感じでした。
 
ところがぁ、この「CLOVER」が97年9月3日に出るんですね。
ま、それなりに雑誌のインタビューとかは、させていただいたんですけど。
 
突然!!、この「CLOVER」というアルバムは、
アルバムチャートの7位か、8位をとりまして!!
これは、どういうことだ!?ってことになりまして、、
 
で、インストアライブっていって、アルバムのプロモーションで
タワーレコード店とかHMVとか、いろんな地方を回るんですけど
そこで、ちょっと歌を歌って、アルバム出ましたっみたいな事いうと 
その場で400枚でも、500枚でも、売れるんですね。
どんどんチャートも上がるし、とんでもないことに急になり始めて
そして急に、  
スガシカオってものすごい売れてるらしいぞ、
みたいなことで。。
全国的に注目を浴びて
ま、その後、「夜空ノムコウ」とかも出るんでね。
なんとなく全国的に名前が知られるって感じの自分的には、歩みでした。
 
「CLOVER」というアルバムは、全部、手作業で作りまして、
演奏は、ほとんど僕がやってます。
キーボードだけ、上手に弾けなくて雰囲気が出ないので 、森さんっていうね、 今でも一緒に、やってるんですけど、森さんにお願いしました。
制作期間がほとんどなかったので、
自宅のスタジオで7日間でほとんど仕上げたんですね。
それをTDして、まとめたんたんですね。
僕的には、今、自分の中で鳴ってるというか今まで溜めてきたものがバっと出て
短い期間に、すごい集中して作った!というアルバムです。
 
その中の一曲「黄金の月」
 ※動画は、2012年9月7日東京ジャズでのルーファス(トニー・メイデン)&スガシカオ での「黄金の月」
 
CM明け。。
お送りしましたのは、ジョン・メイヤートリオで「Daughters」でした。
もう、僕は、すごいジョン・メイヤーが好きで
ギターの上手い人ってのは、世の中にいっぱいいて、
歴史上でもジョン・スコ(ジョン・スコフィールド)から始まって
パコ・デルシアとかね、いろんなジャンルでいろんなギタリストが好きなんですけど、ジョン・メイヤーは、特別に上手い!何が上手いっていうと、色気がすごいっていうか、
溢れ出るオーラというか、オトコ汁というか、、こういう風になりたい!
あまりにもジョン・メイヤーになりたすぎてギター習いに行ってるんですよー。
ジョン・メイヤーになりたくてね。たぶん、150年くらいかかると思うんですけど 今から習いに行くとね。
4、5年くらい習いに行ってね、何としてもこの域に、行きたい!
みたいなね。。いつかは、、こんなスライドを、弾いてみたい。。 
 
 (シカオさんのギターの音色、弾き方、色気たっぷりで大好きなのだけど。。
  さらなるエロい音色を奏でてくれるのでしょうか。。)
 
※この後は、スガフェスWESTは、スガフェスでは、歌い足りなかったので、
  基本、 主人公スガシカオ という
  スガシカオとkokuaの対バン形式のフェスだとの説明がありました。
 
エンディングは、8月のセレナーデ。
 
この番組はですね、9月までは、何事もなければ、続いていくので
喋ることがなくなっていくので
スガフェスへのご意見、リクエスト、メッセージなどありましたらどんどん送ってください。
 
大阪、802を中心に、本当に、いろんなことやってきたんで。
それこそ、cocoloのヒロさんとテレビで、ゲリラストリートライブとか
やったりとかしたしね、そういうーのも、面白かったので
伝えられたらいいなって思ってます。
アイデアとか、あの時のアレもう一回みたいなあったら教えてください。 
それでは、また来週、スガシカオでした。 
 
 

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送(1) | トップページ | スガシカオアコースティックライブ@Reborn-Art DINING 雄鹿半島 »

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】_」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見しております。
文字起こしありがとうございます。
2回目以降もよろしくお願いします\(^o^)/

お名前無い方へ。

コメントありがとうございます!
なんとか、やってみます。
読んでいただいてる方がいらしてるの、嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/71072531

この記事へのトラックバック一覧です: fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 (2):

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第一回放送(1) | トップページ | スガシカオアコースティックライブ@Reborn-Art DINING 雄鹿半島 »