2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月21日 (火)

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送(2)ノストラダムスの大予言の影響について 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送を 文字として残しておこうと勝手にしてますが。 いつも、お読みいただいてありがとうございます。

 
放送から時間も経過しておりますが、
fmcocolo765でのこの放送、スガシカオさんの音楽の歴史の情報量がたくさんあったので、できるだけこのブログに残しておこうと思います。
今回も長いですが。。。お付き合いいただけると嬉しいです。

その(1)は、こちらです。

http://okasigasuki.cocolog-nifty.com/okasigasuki/2017/11/fmcocolo765-the.html

「アイタイ」

この曲を作った時、

曲は、結構、前にできてたんだけど、
こういう変則的なリズムというか
なんていうか、歌詞が非常に乗せづらいメロディだったんですよね。
 
全然、歌詞のアイデアが出なくて
ほったらかしにしてあって、
結局、そろそろこの曲の形にしたいなって思って
珍しく苦労して歌詞を書いた思い出があります。
 
イントロの民族的なコーラスがあるんだけど、
自分のイメージでは、こういう感じっていうのを
人に伝えたり、あるいは、作ったりすることができず、
自分でやっても民族っぽい感じにならなくて、
そういうのが得意な方に
お願いすることにして
石川智晶さんにお願いしてコーラスの組み方とか
コブシの回しかたとか全部オリジナルで作ってもらった。
メロディは、もちろん僕が作った
コーラスワークを作ってもらって
それをサンプリングしてイントロにくっつけたり
おもしろい作り方をした一曲でした。
 
 
スガ シカオ 【スガルーツ、ファンクの流儀!】コーナー!
 
三年前に来日したホール&オーツは、あまり
激しく現役で活動していないので
最近の音楽聴いてる方は、全然知らないと思うのですが、
紹介したいと思います。
 
ホール&オーツは男性二人組みの
ジャンルですと、ブルー・アイド・ソウルっていうのかな
(元来は、黒人の音楽のものであった 
 R&Bやソウルミュージックを白人が取り入れ形成した 
 白人音楽を指す)
1972年にデビューしたんですね、
80年に入ってから本格的なブルー・アイド・ソウルミュージックの世界的な波が来まして「Privete eyes」「wait for me」たくさんのヒット曲を
量産いたしました。
本当にブルー・アイド・ソウルと呼ばれているものの中で
80年代では、一番成功したんじゃないかと
言われるくらい大成功を収めたユニットです。
 
ボーカルをやってるダリル・ホールと云う人は、
コイツがね、コイツって言っても68なんですけど、
DSPなんですけど、、スッゲー歌がうまいんですよ。
やっぱり当時、ダリル・ホール。ジョン・オーツも両方とも白人なんですけど、白人の歌手が黒人の真似をしてゴスペルっぽく
そんなことをしても敵わないし、意味がないという風潮の中で出てきた
ホール&オーツがまぁ、あまりにも歌がうますぎて
逆に言うと、本家のブラックミュージっくをやってる人たちのほうが
びっくりたまげたぐらい、、
やっぱりニュアンスも含めて、ものすごいソウルな歌い方だったんですね。
 
 もちろん、本人たちも白人ではあるけれども
小さい頃からブラックミュージックのルーツを持って
音楽活動をしてるという自負があったと思うので
曲とかも昔のソウルをカバーしたり
昔のソウルのサウンドを匂わせつつポップなサウンドを作ってくって
徹底してたんですね。
  51c3mgnkdpl_sy355_
 その中で「VOICES」というアルバムを出すんですけど、 
これは、これで非常に売れまくったんですけど、  
その中の一曲、
「everytime you go away」って曲がありまして
4年後の85年の7月に、イギリスの若造の
ポール・ヤングに、、若造って言っても僕より年上なんですけど、、
がカバーして大ヒットするんです。
ところが、ホール&オーツ的には、アルバムの一曲としか考えていなくって
イギリスの若造が歌って大ヒットさせちゃったもんだから
面白くないわけですよ 
 当時、あっち、こっちで
「今、売れてる曲は、オレの曲だ!!
とか定評のあったライブ盤でも、言ってます。
 
僕も子供の頃からソウルとかずっと好きで
87年に出た「VOICES」の中でも
本当に好きで、自分のシングルでカバーしたり
この間もkokuaの方でカバーしたりしました。
本格的なソウルを感じさせるグループです。
 
なんで、ホール&オーツを歌えるかというと
高校生ぐらいの時に、コピバンをやってたんだよね。
高校生で、ホール&オーツのコピバンやってるってだいぶ
渋いんだけど、
そん時に、「Eeverytime you go away」とかヒットしてる曲は、
ひととおり全部、英語で丸暗記して空で歌えるようになってなんですね。
多分、そんなことをしたアーティストは、ホール&オーツだけなんですけど。
未だに、何曲かは、空で歌えるくらい。
自分的にも思い出のバンドで
ブルー・アイド・ソウルではあるますけど、ソウルを持ってるバンドだなっと
いつも思って聞いています。
 
いよいよ第3回  
スガ シカオ【アルバム黒歴史・白歴史】コーナー!
は、、続くをクリックしてください。

続きを読む "fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送(2)ノストラダムスの大予言の影響について 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 " »

2017年11月 8日 (水)

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送 その1 スリランカカレー、PerfumeFes、独立したての頃のレコーディングの話

fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送を 文字として残しておこうと勝手にしてますが。 いつも、お読みいただいてありがとうございます。

 
放送から時間も経過し、
スガフェスWESTの興奮も少し落ち着いた頃ではありますが
fmcocolo765でのこの放送、スガシカオさんの音楽の歴史の情報量がたくさんあったので、できるだけこのブログに残しておこうと思います。
今回も長いですが。。。お付き合いいただけると嬉しいです。
 
注)リスナーのリクエスト曲の
その曲に関わるエピソードは、シカオさんの語る部分のみになってます。ご了承ください。  
 
  こんばんは、スガ シカオです。 fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガシカオの スガフェスステーション今夜も1時間お付き合いください。
 
  今日もですね。。 ラジオブースの外では、スガフェスWEST でしか見ないスタッフがウロウロしていたりして いよいよスガフェスWESTが近づいてきたなってきた感じなんですが 是非是非、9月18日楽しみにしていてください。
 
  最近は、暑くてね、こう、、イヤな感じなんですよー。 で、暑い時は、バリっとしたもの食べたくなるんですけど カレーを食べに行くんですけど、、 最近ちょっとね、スリランカカレーにハマっていて 大阪とか、スリランカカレーの店っとか、あるのかな あんまり聞いたことないっすよね、、
あ!アメ村に一軒あった気がするな。。 東京にね、スリランカカレーのすごい美味しい店が あるってオリジナルラブの田島さんとか、トータス松本とか、あと、斉藤和義、、 あの辺がね、ものすごいカレーが好きなんですよ。。 それで、、自分たちのオリジナルのカレーのレシピのことで、いつも喧嘩になるくらい アソコの調味料は、ダメだ、とか、この調味料をこのスパイスを 使うんだったら、あそこの会社から仕入れたものじゃないとダメだとか。。
 
オリジナルラブの田島さんに、スガフェスの感想をカレーを食いながら、スガくんに話したいって言って 昼に呼び出されて、カレー屋に連れてかれたんだけど、 そん時の(ここからシカオさんのボルテージが上がります)
スリランカカレー屋さんに行ったんですけど田島さんの思う、スガフェスの良かったところを ずっと聞かされたんだけど、、あまりにスリランカカレーが美味しすぎて 田島さんの言ってることが何も聞こえてこなくて、 こんなに美味しいんだ、スリランカカレーって、、って思って 田島さんに連れてってもらった店に、もうかれこれ、5回?6回は、行ってる、。
  もう、止まんないスね。 
 (その頃、頻繁にツイッターに上がってました)
 
あ、オレね、普通のカレーは、、オレダメなんですよ。。 なんでダメかっていうとちょっとしたターメリック中毒なんですよ。  
大量にターメリックを摂ると体が悪くなるっていうか 医者にも注意するように言われてるので年がら年中カレーを食べるわけには いかないんだけど、スリランカカレーの大阪でうまいよってお店があったら ぜひ、教えてください。 カレー全部じゃないよ!!大変なことになっちゃうから。。
 
カレーの話じゃなくて、スガフェスwestの話を中心に
音楽の話をどんどんしていきたいと思います。
 
(第一曲目のリクエストは、「Festival」でした。)
 
 
この曲を作った時、今だから言えることだけど
ぶっちゃけ金がなくてね。
独立してようやく音楽活動ができる状態になってきたんだけど、
要するに回していく資金がなかなかなくて、
大きなスタジオを借りてレコーディングしたりすることが
できなかった。
自分の部屋でできる範囲内で曲を作らなきゃならない。
そんな状況の中、
アコースティックギターってレコーディングするのが
すごく難しいんです。
デリケートだし、うまく音を録るには、スタジオ借りないとできない。
周り壁に反響しちゃうんだよね。そうするとマイクにその反響した音が入っちゃう。
だから、毛布でコタツのデッカイみたいに被って
その中でアコースティックギターをレコーディングした記憶がありますね。 
手作業で作ったってイメージがあります。
 
 
(リスナーのリクエスト2曲めは、「アイタイ」
名古屋の方だったので
PerfumeFesの話題。)
 
いつだったかな、テレビ番組でね、一緒になったんですよ、
Perfumeの3人とね、そん時に、
「今日は、お疲れ様でしたー」
「楽しかったですねー」という話をしてる時に急に、
3人から、「PerfumeFesに出てください!」って直談判されたんですよね。
で、、おもしろそうなんで、じゃー、出ます!って
そこで、もう、決まったって感じだったんですけど、、
 
オレら、、スガフェスとかだとさ、女性アーティストは、水樹奈々さんだけだったりして、オトコ臭いじゃない、、それは、それでいいんだけど、
(それが、いいんですよー!! 心の声)
 
女の子がいる方が楽しいじゃないですか。。今から楽しみにしております。。
 
     次は、スガルーツ、funkの流儀に続きます。 
PerfumeFesめちゃ、めちゃ、楽しそーでした。。
この時やった、「マカロニ」のアレンジが多方面で絶賛されてて、、
D’angeloっぽかったとか、、聞いて。。
どこかに、隠れトラックとかで音源化してくださーい!!
 後日の、シカオさんのインスタグラムより拝借。。
Djspaqeumaatjr5  

 Perfume Fes 2017 余韻..... マ、マ、マ、マカロニ🎵 . 明日、Green Room Fes@Hawaiiに向けて出発します。

Suga Shikao(スガ シカオ)さん(@suga_shikao)がシェアした投稿 -

2017 9月 7 6:22午前 PDT

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »