2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送(2)ノストラダムスの大予言の影響について 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 | トップページ | スガシカオ Asia Circuit 2017 ファイナル @EX THEATER ROPPONG »

2017年12月11日 (月)

スガシカオ Asia Circuit 2017 in シンガポール 大っ成功だった!!(セットリスト追加)

Suga Shikao Asia Circuit 2017 in Singapore 2017.12.8
スガシカオ Asia Circuit 2017 in シンガポール 大っ成功だった!!

ご本人のブログにもありましたので、、
もう十分、様子は、伝わったとは思うのですが、、
単なる感想ですが、、
もし、お時間ある方は、お読みくださるとうれしいです。
 
(追加修正)セットリストを追加いたしました。
 
 
ここからです。   
 
ライブ会場のZeppBIGBOX Singaporeは、
中心街より離れた静かなベットタウンって感じの街の
地下鉄の駅に隣接した巨大施設、イケアのような家電製品ショップが
階下にあるというイベントホール。
前日に訪れた時に、なぜか解放されていて、2000人から4000人も入る
ものすごい広い会場だということが分かったのでした。
Img_6787
 開演が20時からというシンガポールタイムなのかな。。
かなり遅い時間からスタートのため、、観光をしてから
17時頃に着くと、もう何人か日本から訪れたファンが会場前にいらした。
 
現地のスガマニアの方の、シカオさんへのメッセージを
何かの形で届けられないかと、、個人的な思いつきで用意していた
メッセージフラグを広げていると、、
現地のスガマニアのお一人が、まず、メッセージを書いてくださって、
そのあとも、現地の方に通訳をしてくださって続々と、、集まったのでした。
 
シンガポール在住の方も、、たくさん書いていただいて、、
この時、参加していただいた方と、お話をさせていただいて、
スガシカオ音楽がアニメだとかを通じてこの国に届いてることや、
日本にいた時に、ライブに通っていたりと、
時を経ても、距離があっても愛されてるってことをこの国で感じることができて、
個人的に、とても感動するできごとでした。
 
そして、、スガシカオさんの音楽をただ一人で家で聴いていたのでしたが、、
こうやって新しい出会いをつくってくれるきっかけになった
「Suga Shikao Asia Circuit 2017 」
シンガポールの地でライブを敢行する
このアーティストの存在に、感謝したくなったのでした。
入場は、現地の方と日本からの方とは、チケット番号順に、同時入場でした。
 
 定刻を10分ほど過ぎて
出てきましたーー!
まずは、スガシカオさんから。。
そして、メンバー!!
やはり、Pochiさんは、いません。
3ピースというバンド構成。
ベース:坂本竜太さん
ギター:DURANさん
ドラム:satokoさん
コーラス:マヤ・ハッチさん
 
マヤさんの衣装が蛍光オレンジでかっわいい、、
シカオさんの衣装のかっこええこと、、
MCでDURAN さんとかぶるって言ってましたけど、、似合いすぎでした。
一曲目が曲名忘れるほど、、
「アイタイ
イントロ部分、
音色も、リフも、シカオさんのパフォーマンスで
ここで早くもノックダウン。。
カッコよすぎでしたー!
そのせいで、セトリ、、覚えてられなかったくらい。。
ここからの数曲で一気に沸騰していきます!!
このセットリスト、近年にない、最強、最高、セトリかもしれません。
 
あ、そういえば、アイアムスガシカオって言ってましたー!
前半、かなりMCが英語で、カッコよかったです。
バンドメンバーでシンガポール観光して
この街が好きになったって話して、、
現地の方もとっても喜んでました。
ひとしきり盛り上がると、
アコースティックコーナー。
 
音圧の環境が違うので
現地の楽器をレンタルしたのだが
”このハモンドギター気に入ったよ”と
アコースティックギターの音色を気に入った様子でしたが
本当に、いい音で、、心に響きました。
現地の方が手を胸の前で合わせて聴き入ってる姿が
目に入って、、なんだか余計グッとくる一曲でした。
名曲が続くのですが、、
ひときわ拍手の大きい曲もあって
待ち焦がれていた人の歓声が凄く
改めて、異国の地で聴いているんだと思わされた一曲でした。
 
中盤のバンドメンバーの紹介部分では、
もうすっかり一つになった会場に向かって、
竜太さんとシカオさんのトークが炸裂、、
英語だったのに、この辺から日本語で、、すごいウケておりました。
マーライオンって、mermaidとlionが
くっついたんだってね、知らなかったという、竜太さんに
シカオさんが、、
マーメイドと 、ライオンが、、うう、、(ピコ太郎風のジェスチャー)
マーライオン。。(会場爆笑)
マヤ・ハッチさんは、ずっと飲んでるんだよ。。
日本から飲んでるんだそうで。。
かわいいのに、、すっごい飲むんだなーって思いました。
DURANさんは、なんだか、、テレていて
”恥ずかしい”って。。何をテレてたんだろな。。
 
あれだけアコースティックでの
「黄金の月」「アシンメトリー」などの
叙情ある楽曲でジーンとさせといてから爆笑MCというギャップ!!
これも、スガシカオライブの真骨頂なのかもしれません。
 
「もうちょっとやろう!!」
新しいアルバム曲も含めたファンキーアゲアゲな曲を立って続けに
届けられてあれだけ広かったライブ会場は、
すっかりクラブ状態!!!
 
スモークもモクモク焚かれて、、
ここでシカオファンク魂から発せられる気✨ がものすごい!!
すっかりメロメロにやられてしまったのでした。
 O0480032014087349315 
(スガシカオさんのアメブロより)
 
一旦、ステージを去った後、、
会場では、アンコール、、の拍手、、
インスタにあげられてました。。

 At @suga_shikao 's concert today 😍 #thankyousomuch #sugashikao

ふわ雪兎🐰さん(@fuwayuki_cosplay)がシェアした投稿 -

12月 8, 2017 at 6:36午前 PST

アンコールが終わった後も、、鳴り止まなかった拍手。。
もう一度、シンガポールに!!という歓声に、
またくるぜ!!というシカオさん!!!
カッコよかったー!!!
 
ものすごくいろんな文化と人種が混在してるシンガポール。
でもそれは、混ざりあってるのではなくて、
洗練されて美しい都市の顔を持つ文化 と
エキゾチックなアジアの文化とがそれぞれ存在を主張している。
あーーシンガポールという場所とスガシカオ音楽とは、
すごく似てるなぁと
訪れてみて思いました。
新しい時代に合わせた音楽と、、個性有り余るスガシカオ音楽は、、
それぞれを主張している。。そんなことを思う  
大成功のシカオさんのアジアツアー初日でした。
 
Img_6664
 
最後までお読みいただいてありがとうございました
スガシカオ AsiaCircuit2017 @シンガポール
2017.12.8 セットリスト
 
1.アイタイ
2.PartyPeople
3.19才
4.あなたひとりだけ幸せになることは許されないのよ
5.RealFace
6.はじまりの日
7.夕立ち
8.夜空ノムコウ
9.黄金の月
10.アシンメトリー
11.アストライド
12.Progress
13.午後のパレード
14.NOBABY KNOWS
15.真夜中の虹
16.奇跡
17.Re:you
18.コノユビトマレ
 
アンコール
19.愛と幻想のレスポール
20.91時91分
21.したくてたまらない

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送(2)ノストラダムスの大予言の影響について 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 | トップページ | スガシカオ Asia Circuit 2017 ファイナル @EX THEATER ROPPONG »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/72427476

この記事へのトラックバック一覧です: スガシカオ Asia Circuit 2017 in シンガポール 大っ成功だった!!(セットリスト追加):

« fmcocolo765 THE MUSIC OF NOTE スガフェスステーション第3回放送(2)ノストラダムスの大予言の影響について 【スガルーツ、ファンクの流儀!】【アルバム黒歴史・白歴史】 | トップページ | スガシカオ Asia Circuit 2017 ファイナル @EX THEATER ROPPONG »