2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

HitoriSugar2018 in 中野 (曲名なし、ネタバレ)

昨日のライブを

簡単な言葉では、
表せないのですが、、
 
きっと音楽ライターさんの
正確で素晴らしいレポに任さればいいのですが
あの場に立ち会えた幸運な人間の一人の
感想として
残しておきたいと思います。 
曲名伏せていますが、
ネタバレです。
ご自身の判断でお読みください。
Img_8337
(スガシカオさんのインスタグラムより)
 
1月15日から始まった
スガシカオさんのHitori Sugar Tour 2018
初日、川崎チッタでの衝撃は、すごかったー!
 
すっかりシカオさんのアコースティックギターの奏法で
耳馴染みのあるスラム奏法が炸裂するナンバーが続くかと思いきや、、
飛び道具のギタレレに持ち替えて
シカオさんの強みである
倍音の声の魅力を最大限に生かす、
哀愁の漂う演奏での名曲の数々で泣かせる。。
 
ヒトリシュガーというアコースティックギター一本で
全国を一人で周るというツアースタイルが始まった
当初から
ループマシンにギターのボディを叩く音を覚えさせて
リズムパートを作り出し、その土地の名前や、名物の単語も
ループさせて、グルーヴにする
楽しくダンサブルなヒトリシュガー!!!という部分も残しつつ、、
ちょっと深みを感じるというか、、
シカオさんの声以外は、
シカオさん自身の爪弾く、ギタレレの弦の音だけという空間で
まさに、”歌”だけでやられる!!という
Hitori Sugar Tour 2018
が始まったのでした。
 
 
この初日の音源は、なんと昨日発売されております。
告知されていますが、ここにもリンクを貼っておきます。
車で聴きましたが。。(一番音質がいいんです)
まるでライブ会場です!!是非!!
 
 
ツアー中盤で迎えた
デビュー記念日、2月26日。晴れ。
 
スガシカオさんからライブ前に、届けられたメルマガ(シカタイ)
思わず、落涙。。
電車の中で、、すすり泣き。
俄然、期待が高まった。。

 2018年2月26日、スガシカオはデビュー21年を迎えました。 . デビューした日は今でも覚えていて、地元下町に唯一あるCDショップに駆け込んで、自分のCDを探すも置いてなく、まぁこんなもんか...とトボトボ肩を落として帰路につきました。 . 1997年メジャーデビューしたアーティストやバンドは400組以上、雑誌の特集で「今年のニューフェイス」っていうページにびっしりアーティスト写真が載っていた。各社イチオシのアーティストが大きな写真で取り上げられ、二段目三段目と進むと写真はどんどん小さくなっていき、おれの写真は右の一番下の方で、自分でもよくわからないくらい小さかった。 . こんなにデビューできる人っているんだぁ。。。 . 30歳でデビューし『遅咲きの新人』と題されていたおれは、若くして華々しいデビューを飾る彼らに、なんとなく劣等感と疎外感を感じたりしていた。 . 次の年には半分の人の名前を聞かなくなり、5年後には20人ほどになった。10周年、20周年・・・現役でゴリゴリやれてる人が一体何人いるのだろうか・・・壮絶に厳しい世界だ。 才能なんかあって当たり前、努力もして当たり前、運がなければサヨウナラ、いいファンがつかなかったらハイ終了、事務所ごとレコード会社ごと消滅なんてよくある話.. . おれの21年目は、運と出会いといろんな人の支えと応援と・・・ほんのちょっとの信念で成り立っているのだな、とつくづく感じるのです。 . 今日は、Hitori Sugar 2018の折り返し地点、中野サンプラザ . 21年分の感謝を込めて、このステージに立ちます。

Suga Shikao(スガ シカオ)さん(@suga_shikao)がシェアした投稿 -

2月 25, 2018 at 9:26午後 PST

 
中野サンプラザホール会場時間まで
外で並ばされる。。
一緒に並んでいたフォロワーさんから
取り壊しが伸びたのは、2016年問題の影響だったと言う話を聞く。
2018年、あと2年で2020年なのだ、、
会場に入場して、、バタバタしている間に、
開演時間19時。。
 
いつも6lackのアルバムでのBGMなのだが
今日は、ライブハウスじゃないから違っていた。
開演時間通りのスタートだった。
 
アジアツアーの時と同じ、黒いTシャツ!で登場!!
マリリン・マンソンのツアーTらしい。。(違ったらすみません)
追記訂正!(写真があがって、違ってました。
2階席でしたので、、お許しを。。
どうやら、、この日、川谷絵音くんが観覧に来てたらしい。。)
最初の曲は、この曲でなければという曲で始まる!
ヒトリシュガーのコンセプトの説明のMCは、
いつも楽しい。。
 
アコースティックギター一本で全部演奏するので
お客さんの拍手は、ドラムに、悲鳴は、ギターに。。
置き換えて楽しんでくださいっというようなMCだったと思います。
3、4曲目が今回のヒトリシュガーのセットリストの中で
シカオさんの弾き方に、一番、しびれちゃう!!
中でも3曲目。
ちょっと自分でもやってみようとした。。ムリ!!
当たり前です。
ドラムでいうところのバスドラムのドンって音を手首で、
ドラムでいうところのスネアドラムのパン!って音を指の腹で
そのあと、じゃんけんのグーにした手をパーにした形にして
上から弾きおろす。。これを無限に繰り返す。。
 
それで、歌って、足元では、エフェクターの操作。。
すごいレベルなのだ。
そして、独立したてで配信リリースのみで
iTunes1位だったこの曲は、聴いていると
その当時のシカオさんの立ち位置とかが胸に迫ってくるのだった。
 
ステージ前方にギターを弾きながら出てくる、、
すごい、歓声!!!
いい音!!お隣のシカ友さんが叫ぶ!
2階席に届くアコギの音。。
この曲の前にいつもやるフレーズ!!!たまらない!
スペイン風なのは、昔フラメンコギター教室で習ったからなのかな。。
そんなことを思いながら名曲2曲が続く。。
7曲目からは、このHitoriSugar2018の目玉!
さっきも書きましたが、ウクレレみたいな形容の
ギタレレを手にして
軽く演奏。。
とってもアメリカン♫。。とMC
でも、自分の持ち歌に、このアメリカンな曲調がない!!
敢えて、、真逆の暗い曲をやります!!
ここの曲で、大抵のスガマニアは、ノックダウンなのですが、、
でも、今回、中野サンプラザでの
8曲目は、破壊的でした。。
その前にMCでのお父様との思い出のお話。。
 
次の曲は、
kokuaというバンドで出したアルバムの中の一曲で
とてもメンバーにもお客さんにも人気の高い曲。
親父が15年前にガンで亡くなったんだけど、、
今でも、見たこともないコミ障で、自分の息子ですら
何も語らなかった。。
 
でも、そんな親父が最後に語った言葉は、
「なにかあったら、かーさんのこと頼む」ってことだった。
 
お子さんがいらっしゃる方は、お子さんのことを、、
家族のことを思い出して、聴いてください。。
 
バックスクリーンには、自然の風景が映されて
中野サンプラザホールに響き渡るシカオさんの声が
優しく優しく響いたのでした。
会場全体がその声に、歌詞に、号泣してました。
 
kokuaのアルバムからの曲を2曲!
次の曲もバックスクリーンに曲に合わせて
映し出される。
NHK BSドラマ10「ふれなばおちん」の主題歌だった。
かっこいい!!!
そして、NHK つながりの名曲!!
すごい歓声!!!ギターも決まる!!!
大拍手!!!
そこへ、横から、、マイクスタンドとギターのエフェクターとが運ばれてきて
え??一人なのに、ゲスト??と思っていると、
シカオさんから
原因不明の難病を克服して、、、というMCで
誰が登場するか、、わかる、、
歓声が上がって、、現れたのは、
やはり、 田中義人さんだった。
 
 
ジストニアという難病にかかり
手術を経て、、
壮絶な リハビリ後、今、ライブや
レコーディングや、ギター教室に活躍されてる
田中義人さんだった。
 
2階席からは、はっきりわからなかったのですが
義人さんは、天井を仰ぎ、、
ステージ上で二人、、感極まっていたように見えました。
再び、同じステージに二人を見ている!!!
その事実だけで、涙が出てきましたが、、
さらに歌い始めるた、曲のその歌詞が、いちいち、
胸に突き刺さる。。
この二人だけの今宵だけのセッション。。
映像にのこってほしい。。熱望です!!
 
このセトリは、このためにあったんだ。。
義人さんのアレンジの曲が続くのです。。
 
アコースティックって言っるのに、なんでエレキなんだよー!
エレキギターの義人さんにシカオさんがツッコミを入れると、、
これは、スガさんも来てくれた
「手術室に持ち込んだギターだから」というと、、「あ、おいてあったよね。。」
まるでその時の映像が、、浮かぶかの会話の後の
3曲が、本当に、リハなしでのセッションなんて
信じられないくらい素晴らしかった。
 
昨年の11月二子玉川kiwaというライブハウスで
札幌の幼馴染のバンドメンバーとの
演奏で、復活後、初めて義人さんのギターの音を耳にしておりました。
その時は、ドラムスの田中栄二さんの涙が
どれだけ病状が深刻だったかをうかがい知ることが
できたのですが、、
こんなに早く、この記念すべき日に、お二人のステージを
観れたことは、本当に感動しました。
義人さんのブログは、こちらに。
 
前のアルバムからの一曲を
アコースティックバージョンで聴く。
これもカッコいい!!
 
そして、最新曲披露!!
バックスクリーンも派手で、盛り上がった!!
この辺から、ちらほらスタンディングする人も現れて、
アゲアゲの曲2曲で、、本編終了。。
ツアーTに着替えて再登場したシカオさん!!
安堵の表情!!!
ちょっと泣かされっぱなしの
HitoriSugar2018 in 中野でした。
 
 
優しさ、、この言葉は、よく使われる言葉ですが、
この言葉の意味を、このステージで改めて
知ることができました。
 
ニンベンに、憂うで、優しい。。 
人の「憂」(うれい)に寄りそうことを優しさっていうのだと
このHitoriSugar2018の中野でのライブで
スガシカオさんから教わった気がします。
 
ツアーは、まだまだ後半戦へと、つづく。。
 
楽曲を提供したリトルグリーモンスターのメンバーや、さや姉に囲まれてる。。
かっこいい、シカオさんのインスタ、お借りします!

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »