2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本日、FM802×TSUTAYAキャンペーンソング「栞」レンタル開始!!に、ちなんで。「花村萬月・尾崎世界観・スガシカオ」PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その3 | トップページ | プリンスナイト The Talk Session(Rest in Purple) @東京カルチャーカルチャー その1 »

2018年5月27日 (日)

GREENROOM FESTIVAL '18 5月26日 赤レンガ倉庫 に行ってきました。

GREENROOM FESTIVAL '18 5月26日分は、ソールドアウト!
かつてないほどの人出で、、
スガシカオさんのステージも
都市型フェスの典型的な感じで
オシャレな人で溢れていた。。
Img_9803
ここ、赤レンガ倉庫に
以前、訪れたのは、、
いつなんだろう、あれは、独立前の、、オーガスタキャンプ。
2011年8月。
ここに来るまで、そういう思いにとらわれることもなく
訪れたのですが、赤レンガ倉庫の景観が
あまりにもあの夏の日と変わらないので
ふと脳裏によぎったのでした。
Img_9805
その翌年のオーガスタキャンプ出演の映像での
「愛について」は、今でも忘れることのできないものでしたが、、
GREENROOM FESTIVAL '18 での
スガシカオさんの
全10曲のすべてアコースティックギター一本でのパフォーマンスが
素晴らしかったことと、
何よりあの日見られなかった笑顔がたくさん見られたことが
今日は、うれしかったし、感動でした。
身を削っての34公演のヒトリシュガーは、、
このGREENROOM FESTIVAL ステージに繋がっていて、また、次のステージにも
繋がっていくんだ、、そう実感したのでした。
 
細かな記憶をしておりませんが
少し、様子を残しておきたいと思います。   
私的感想です。
 
   Img_9817
11時、開演と同時に、比較的タイムテーブル早めに登場の
スガシカオさんのステージを目指す。。
ステージ名、HammingBird。
海からの風が気持ちいい、
緑に囲まれた、ちょっと可愛いステージだった。
ステージと観客の距離の間に、仕切りが、、ない。。
横に係員の方がいらして、、立ち位置は、ステージすぐ前でいいのか?と問うと
このステージは、
ステージに物を置かなければ、いいんですとの返答。
ビックリ!!
すぐそばのフードコートからいい匂いが漂ってくる中、しばらく
待機。
 
ここでの一番目のアーティストは、、
 
LUCKY TAPES (リンク貼っておきます)
5月23日にビクターからメジャーデビューしたばっかりという
男性3人のユニット。
バックには、ホーン&パーカッション隊もいて
ファンクだけど、あんまりしつこくなくて
聞きやすい曲調。ベースの人が特徴的な弾き方をしていて、凝視してしまった。。
こういう曲が流行るのはいいなって思いました。
 
さて、いよいよ、シカオさんの登場です!
日差しもいい感じに、薄い雲がかかっていて
暑さも感じない、海風が心地よい13:55に登場!!!
今回の衣装がめっちゃ似合っていて、まず、そこで
キュン❤️
 
一曲目の「フォノスコープ」が
この会場の雰囲気にバッチリ!!
ゆる〜いフェスには、この曲めっちゃ合います!
ここでご挨拶があったかと、、
”こんな人数いると思わなかったから
アコースティックだと地味だと思ってたけど(このフォノスコープという曲のこと)
やっぱり地味だった 、、(そんなことないと思ったのだけど、、)
グリーンルームフェスは、はじめての出演です。
昨年、ハワイでは、出演したんだけどね!
最後まで、よろしく、、みたいなご挨拶から始まった。
 
2曲めで「PartyPeople」サンプリングするよー!!
幾重にも声とギターの音を重ねると、、
歓声も上がって、、
楽しく盛り上がって来たー!
 
次は、「ギターを叩きます、スラム奏法っていうのですが、驚かないでくださいね」
「Festival」
コレ、すっごいカッコよかったです!
ここにいる人たち、めっちゃ音楽好き。
”燃えくるう太陽は
赤く西の空に溶け
歓声と 僕のこと呼ぶ声
ステージにかけあがれ”
 
この歌詞でアコギ一本とは思えない厚みのある
演奏と歌声、やられない人は、いない。
 
前方に出てきてくれて、、
いつものフラメンコギター風のフレーズを奏でると、、歓声!!
声援に対して、、「こんなので申し訳ないんだけど、、」と言いながら
「アシンメトリー」
 
ギターからギタレレに持ち替えて、、
「斜陽」
この時、風も吹いてて、、野外で聞くこの曲。。
最高って言葉しか、浮かばなかった。。
 
「Progress」「黄金の月」
名曲中の名曲が続く。。そして、、「夜空ノムコウ」
歓声も上がるし、、感動したって言葉が聞こえたり、、
アコースティックギターは、音にしたら地味なのだけど
シカオさんの声を引き立てるという大役を見事にこなしていて、、
ライブ会場でなく、こういう野外でそれを体感できることに
このうえない、幸せを感じるのでした。
「真夜中の虹」「19才」
盛り上がりは、最高潮!!!
場外の赤レンガ倉庫から見ることができるステージで
そこにも聞いてる人へ、シカオさん手を振ってサービス!!
「午後のパレード」ないのかー。。ちょっと残念だったけど、こういうアゲておいて、、放置プレイもいいな。。
スーパーカッコええ!!
名前だけは、覚えて帰ってください!
スガシカオでしたぁ!!!
こんなお茶目MCをして、、ステージを去って行かれました。
 
”あれから僕たちは、、何かを信じてこれたかな
夜空ノムコウには、、”
早速、yahooのニュースになっていましたが、

まさかの「夜空ノムコウ」演奏に歓喜!加山雄三らも出演の『GREENROOM FESTIVAL’18』初日終了

私には、もう少し違った意味で心に響いた「夜空ノムコウ」でした。
お読みいただいた方、お礼申し上げます。
 
GREENROOM FESTIVAL '18 横浜赤レンガ倉庫
5月26日 スガシカオ HammingBirdStage セットリスト
 
1.フォノスコープ
2.PartyPeople
3.Festival
4.アシンメトリー
5.斜陽
6.Progress
7.黄金の月
8.夜空ノムコウ
9.真夜中の虹
10.19才

">

« 本日、FM802×TSUTAYAキャンペーンソング「栞」レンタル開始!!に、ちなんで。「花村萬月・尾崎世界観・スガシカオ」PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その3 | トップページ | プリンスナイト The Talk Session(Rest in Purple) @東京カルチャーカルチャー その1 »

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/73565647

この記事へのトラックバック一覧です: GREENROOM FESTIVAL '18 5月26日 赤レンガ倉庫 に行ってきました。:

« 本日、FM802×TSUTAYAキャンペーンソング「栞」レンタル開始!!に、ちなんで。「花村萬月・尾崎世界観・スガシカオ」PREMIUM INTERVIEW スガシカオ ✖️尾崎世界観 その3 | トップページ | プリンスナイト The Talk Session(Rest in Purple) @東京カルチャーカルチャー その1 »