« SWEET LOVE SOWER 2018 9月2日 スガシカオ Mt.FujiStage | トップページ

2018年9月18日 (火)

NEW ACOUSTIC CAMP 2018 水上高原リゾート the LOW-ATUS & スガシカオ  

NEW ACOUSTIC CAMP 2018

行ってまいりました。
 
2014年以来、4年ぶり、
今回は、前夜祭からキャンプでの参加。
天候に左右された三日間でした。 
夜空の機嫌が悪く、
前夜祭の夜から降り始めた雨は、
初日、一日中、雨が止むことはなかったのでした。
 
でも、NEW ACOUSTIC CAMP は、
フェスと言う言葉は、なくキャンプ。
いわゆる都市型のフェスとは、
テーマとしているものが全く違うのでした。
白樺の木々に囲まれた
ふかふかの芝生に、キャンプをして
音楽三昧を楽しむ時間と空間。
Img_2019
 
 
同じスガシカオ音楽の好きな方たちで
テントが5張り。
ちょっとした(スガシカオ)村が完成しました!!
 
Img_1864
 
前夜祭で、ステージ「here」21時からの
the LOW-ATUS のライブに参加。
たくさんの炎の揺らぐキャンドルが灯されたステージに
弾き語り。
Img_1896 
ソンブレロをかぶってTOSHI-LOWさんと細美さんが登場。
「酒と泪と男と女」
「満月の夕」とか、、
原酒をガブガブ飲みながら歌ってるのに、、とてもよかった。
途中、ロンちゃん(a.k.a RONZI)さんが登場して
「好き好きロンちゃん」
新曲もしてくれて「笑い飯じゃないよ。。」(勝手につけました仮タイトル)が
本当に、面白かった。
アンコールでの
BRAFMANの「今夜」は、TOSHI-LOWさん、
今年の夏に起きたこと、自然の猛威を前にして
人間ができること、そんな主旨のMCをしてくれて、
 
”時がいつか許し出すように、急いで壊さないように
宝箱かくした あの町に行こう”
 
ステージ、降りてきてくれて歌ってくれたのでした。
 
初日は、降り続く雨でぬかるんだ道をひたすら歩いた一日に。
車の出し入れが禁止されているので
温泉には、バスのチケットが必要なのだけど
その情報がスタッフの間でも共有されてなくて
探し歩いたのだった。
ようやく最終便のチケットをゲットして、
宝川温泉の露天風呂へ。このお風呂、
50メートルは、あるかと思う日本一大きい露天風呂で
先が見えないのだったw
この大きさに、一日、雨に打たれたこんな日も悪くないなと思いました。
 
ようやく迎えた最終日。
朝から雨が上がっていた!!!
シカオさん、、本当に晴れ男だ!!
音楽の神様に感謝したのだった。。
 
Flying Kidsの演奏を
久々、聞くことができました。
「風の吹き抜ける場所」
まさに、ここ水上高原でした!!
新曲もとってもよかった。
最後に、
「 次は、スガくんだから、このままいてね!」
と浜崎さんが、素敵な一言を残して、ステージを去って行かれました。
 
いよいよ、シカオさん!
ちょっと長くなりましたが、このまま行きます。
 
 
シカオさんの第一声は、、
「晴れてきたよー!!!」
「2回目の出場、スガシカオです!!よろしくお願いします!!!」
青い空が、少し見えると暑いくらいだったのけど 
楽しい時間の始まりは、「PartyPeople」
 
ハワイであったフェスに行ったMC
 ハワイであったフェスに参加して
 これに間に合うように帰国したんだけど、
 めっちゃ、時差ボケ!!
 フワフワしてて、、
 飛行機の機内食が、ホタテの炊き込みごはんと
 ”よーかん”だったんだよね。。
 それ、食べたら気持ち悪くなった。。
 
「アシンメトリー」
ツイッターで、この曲、抜けてしまって
しかも場所も間違えてましたごめんなさい。。
シカオさんの声、こういう大自然の中で聴くと
より倍音が鮮明に聴こえて心地よかったのでした。
サウンドチェックでとても気になってたアコギ。
BEFFNICK(ベフニック)のギター。
見慣れていたいつものギターと違うのと、
次の曲で、思いっきりシカオさんがボディ叩いてるので
てっきり、改造されたギターだと思い込みましたが
スガシカオモデル2号機でした。
間違えばかりですみません。
 
「Festival」
スラム奏法で、ギタープレイがカッコよく決まってました。
最後、、「全然、イタクないからねーー」と
イタそうに、言ってた仕草が可愛かったです。
次の曲が素晴らしすぎでした。。
 次の曲は、デビューする前にサラリーマンをやっていて
 うだつのあがらない毎日に、地下鉄の中で作った曲、、
 「愛について」
 言葉は、いらない、、絶品でした。
「フォノスコープ」
 
ギタレレの説明。。 
 牧歌的なしあわせになれるような曲が、オレにはない。。
 これを手にした時には、「ハナレグミ」の曲をやるんだよね。。
   (会場、、笑。。)
 今日は、、どういうわけか、、次がホントの「ハナレグミ」
 ハナレグミより、イイハナレグミを聴かせるぜ!!!
 イネーだろうな??
   (ステージの後方を振り返る)
そしたら、ハナレグミ・永積さんがちょっと顔だした!
  シカオさん、”イルジャネーーカ??”
  (会場、爆笑。。)
  シカオさん、”今日は、自分の曲をやります!
 
  (会場、一緒に、やってーー!!の声)
 
 この後、ハナレグミのステージに、ソンブレロをかぶって
 TOSHI-LOWさんと現れて、感激!!!
 しかも、来年、永積さんと ”スガ タカシ”で出るかもしれないのだ・・
 ぜひ、実現してほーしー!
 
 ギタレレでうっとりする「斜陽」の後、
 「今日は、来てくれてありがとー!!!」
 「Progress」で最高最強ののパフォーマンスを
 決めてくれました!!!
 最後に、観客に、手を振る姿が、、
 いつもよりも、温かい眼差しで
 うれしかったです。
 
 
こういう場所での音楽フェス、
もっともっと増えたらいいなって思いました。
 主催する側、楽しむ側、それぞれの音楽への熱い思いが
 実現させる尊い尊い時間でした。
 ご一緒いただいた、スガマニアの方、ありがとうござました!!
 
NEW ACOUSTIC CAMP 2018 @水上高原リゾート
  スガシカオ セットリスト 2018.9.16
 
PartyPeople
アシンメトリー
Festival
愛について
フォノスコープ
斜陽
Progress
 
 
 

« SWEET LOVE SOWER 2018 9月2日 スガシカオ Mt.FujiStage | トップページ

スガシカオ・ライブレポ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1949507/74228883

この記事へのトラックバック一覧です: NEW ACOUSTIC CAMP 2018 水上高原リゾート the LOW-ATUS & スガシカオ  :

« SWEET LOVE SOWER 2018 9月2日 スガシカオ Mt.FujiStage | トップページ

カウンター