2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

スガシカオ・ライブレポ

2017年12月30日 (土)

スガシカオ Asia Circuit 2017 ファイナル @EX THEATER ROPPONG

今年も残すところ2日となりました。
このブログにお越しいただいた方、
本当にありがとうございました。
どこからアクセスされているかがわかるようになっているのですが
ツイッターからよりも最近は、インスタグラムからの
アクセスが圧倒的に増えていて
インスタグラムで繋がってる方にも
お読みいただいてるようでありがとうございます。
 
2017年のスガシカオさん。。
こんなに語りつくせない一年になるとは、、
たった1年前でも想像ができませんでした。
 
スガフェスを控え、期待に胸膨らませては、いても
大阪城ホールでのスガフェスWESTの発表は、
スガフェス終了後、そして、先日ファイナルのあった
アジアサーキットツアーは、そのスガフェスWEST終了後
もう、ビックリさせられっぱなしの一年でしたが、、
それ以上に、、
この一年のシカオさんの得たもの、、
本当に、想像することのできない大きなものだったと
思う、アジアサーキットツアーファイナルでした。
 
 
 
多幸感の半端ないライブでした。
 
なんでこんなに幸せな気持ちになるんだろう!
 
スガシカオさん、ご本人がとびっきり幸せな気持ちで
このライブを、楽曲の数々を届けてくれているから。。
こんな風に、心が満たされると、、拙い言葉で
余韻を汚したりしないか?と
不安になるのですが。。
 
あまりにも素晴らしかったからこともあり
。。ここに、残させていただきます。
 
六本木EXシアターLEDの電飾と
スクリーンに映し出されるシカオさんのアー写。
とても気分が高揚する素晴らしいライブ会場。
Dr9qixuiaayg70
 
 スガシカオさんは、このライブ会場、二回目。
前回は、2015年、2月26日。
HitoriSugar 2015
この時は、メジャーレーベルに復帰し、
ニューアルバム制作宣言をしたのでした。
なんだか、ずいぶんと前に感じます。
この時のライブで印象深かったシカオさんの言葉を
思い出していた。
 
テーマソングを歌わせてもらってる番組で
天才脳外科医とかの回を見て、凄く感動する。。
でも、それは、一朝一夕でできるようになったわけではなく
何度も経験を積み重ねて、、気がつけば、”この手術は、この人しかいない”って言われるようになっていく。
誰かにとって特別であるってことは、
みんなにもあって、友達に、あいつじゃなきゃ、埋められないものがある。。
ていうみたいなことがあるんだと思う。
俺たちミュージシャンは、それを歌にして、
みんなに届けることで、誰かの心を救済するようなことができたら、、
新しい才能の種を音楽の神様がくれるんだ。。
誰かの心を救済するような音楽をやり続けたい。
 
そんなMCをされていたことを思い出した。
Drp6tduiaatjbj
 
螺旋の階段を降りて、入場すると、、、ほぼ定刻どおりに、
ライトが暗転。
 
うおーってシカオさんを歓迎するオーディエンス!
これは、凱旋ライブなのだ!!!
ここは、日本なのだ。。
このすごい歓声!!待ってましたーって感じだった。
「ハロー、TOKYO!!」
 
まず、シカオさんだけが登場して、一曲目、
レスポールを立てて演奏、重低音でかき鳴らしたのは、
「アイタイ」のイントロ
この姿が本当にカッコよくて、、
弾く姿もなんだけど、リフもとてもカッコ良かった。。
何人か、倒れました。。
(ウソですが、それくらい
なんとか、映像とか、音源とか
残してもらえないかなー。。切望です!!
 
スガフェス、スガフェスwestって
すごい大きなイベントのあった2017年だったけれど、
スタンディングライブでのスガシカオさんの単独ライブは、久しぶり。
東京、六本木で待ってたオーディエンスの熱量は、
半端なかった。
 
シンガロングがすごかったのは、
2曲目、「PartyPeople」
みんなで歌う楽しさ。「ラーラーラ」
前方、モッシュが激しく
密着してたので、 横揺れがすごかった!!
シカオさんもくるくる回ってましたー!
 
キラキラ光るロングジャケットを脱いだのは、ココでしたか、
いや、ヒラヒラさせて、踊っていたような、、
すでに記憶は曖昧ですが、、
アゲアゲなサイバー「19才」
早くも3曲目で沸点到達!
 
「THE LAST」ってアルバムで
この曲が、リードシングルじゃなかったことが
不思議なくらいの名曲!
「あなただけが幸せになることは許されないのよ」
セクシーで、キレキレで、やばい。。
この曲のシカオさんが好きです(ハート)
Duranさんのギターも音だけじゃない、何かを放出してましたー!
 
「2017年は、ギリギリで生きてきました、、
みんなもギリギリ??」
オーディエンス、「イェー!ギリギリ!!」
と、ギリギリのMC。
「来年もギリギリで生きてイコーゼ!!」
 
シンガポールや台湾では、KAT-TUNの有名な曲という
シカオさんによる流暢な英語でのMCで、各地で歓声の上がった曲、
「REAL FACE」
バンドメンバーの演奏も白熱、SATOKOさんのドラムよかったー!
つづく「はじまりの日」ラップ部分は、シカオさん自ら。。
最高潮に盛り上がった後、、ついに、新曲、初披露!!
 
ツイッターで流したセットリスト、間違えていまして、申し訳ありません。
夕立ちの前って覚えていたのに、、後にしてしまってました。
ここで、初披露です。
 
「今日は、新曲が今日から配信!みんな買ってくれた??」シカオさんに。
観客が、「はーい、はーい!!」
「(見渡して、、)え!少ない。。まだ買えるから、買ってよー!」
(笑)
レコーディング以来二回目、昨日、メンバーに
「完コピしといて!」って渡したとか。。
シカオさん、ここで、サングラスの下のお顔、タオルで汗をぬぐっていました。。
かなり緊張の模様。。
 
「トワイライト★トワイライト」
Img_7306 
まだ、聴き浅い曲だけど、
この腰くるリズム、思っていた以上にライブで盛り上がる曲でした!
みんなでクラップして楽しい曲!
”愛ってどんな色?思い出す時、少しイタイ”
”イタイ”ってところリフレインしてるんだ。。
 
平成が終わる2017年の”愛について”なのだろうか?
そこには、「からっぽ」とか、「君がくれたヘッドフォンは、置いていこう」
過去の何かをリセットして、
次のステップへ進もうしてる意思が感じられる、元気が出る曲!
なのに、その歌詞には、え?これって、、深読みすればするほど
スガシカオワールド。。
 
DLまだの方は、、ぜひ!
 
そして、あのイントロ、、名曲「夕立ち」
名曲ばかり、今も昔も。
坂本竜太さんのベースがやさしく響く。
 
シカオさんのアコースティックギターのイントロから
はじまる、「夜空ノムコウ」
海外では、ここでも歓声が一際高かった。
ここで、、弾き語りコーナーになるのだけれど、、
海外で、アコースティックで歌ったことについて
MCがあって、、
「異国の地で弾き語りで歌うって、
 バンドでは、あると思うんだけど、
 やっぱり、、異国の地で歌うって(二回言ってました、異国って)
  ”俺、来たな”って思った。。」(と、感慨深げでした)
 
シンガポールでの「黄金の月」が
会場のZepp BIGBOX Singaporeの
音響と照明の素晴らしさもあって、
本当に、
忘れられないのだけど、、
この「黄金の月」も格別だった。。
また、ここでも感動で涙が出てしまった。
 
そして、ここでシカオさんに何かが降りてきたみたいだった。。
「アシンメトリー」「アストライド」「Progress」
アストライドの中盤よりバンドメンバーが
揃って、、シカオさんの音楽活動20周年。
全部を知るすべもないのですが、、
その重みだとか、歴史とか、壮大なものを感じた
曲「アストライド」。
 
そして、大拍手、大歓声の「Progress」の後、
 
メンバー紹介!
 
バンマス、坂本竜太ー!!
シカオさんと見つめあって、
いつもよりも、さらにオシャレな竜太さんの
ストライプ模様のジャケットの竜太さんを見て、、
シンガポールのホスト(ここ、あやふやです、、)みたい!
なんて、ひやかした後に、、
少し長いシンガポールの思い出話しを二人でしてくれました。。
 
(シカオさん)
マーライオンって、マーメイドとライオンで
あん!(ピコ太郎風味)ってしてマーライオンって
バンマスがMCで言ったんだけど、現地の人に、ほとんど、通じてなかっただよ、、とシカオさん。
 
マーライオンまでは、ホテルやオフィス街をかなり歩かないと
たどり着かないのですが、、
  (竜太さん)
マーライオン行くまでに、盛り上がって、
ワクワクしすぎて、
やっと見えて、”うわー”って騒いじゃったら、
そこにいた世界中の白人も黒人もインド人も
みんなわーってなって、”世界平和!”って感じになったんだよ。。
(会場爆笑)
 
(シカオさん)
いい話だなぁ、、それ!!
 
(マヤさん)
でも、インスタにあげた
マーライオンのpic
あれ、逆だったんですよー!!
マーライオンの水を吐き出してるポーズ!
(シカオさん)
え??ウソ!じゃ、リベンジしに行かなくちゃ!!
 
そして、マヤ・ハッチ/Cho さんの紹介へと続いたのでした。
竜太さんとマヤさんは、
ライブの翌日の早朝の飛行機で帰国したので
もっとも短い、海外旅行だったとか、、
マヤさんがあまりにもお酒をたくさん飲むのと
シンガポールは、お酒の税金と法律が厳しい国で、
酒税は、世界で最も高いとか。。
次からは、バンマスに、払ってもらった。。とか、シカオさん!
ずっとDuran/Gt さん、SATOKO/Dr さん、マヤさんで飲んでたらしいけど
シカオさんもずっと付き合っていたとか、、
 
(シカオさん)マヤなんか、、オレの部屋で寝たんだよ!!
 
・・・・え??(ちょっといろいろな妄想が駆け巡りました。。)
 
ここからは、怒涛のスガシカオアゲアゲファンクナンバー乱れ打ち。。
「午後のパレード」
 
スガマニアさんが、口を揃えていう、久々聞けて、うれしかった「NOBODY KNOWS」
踊り狂って、「奇跡」
本編ラスト曲、「コノユビトマレ」まであっという間でした。
「2017年は、最高だったーー!みなさんのおかげでしたー!!」と
お立ち台に登っての深いお礼をしてくれて、退場されたのだった。。
 
ステージを一旦去って、、再び登場されるまで、、
汗びっしょり、、頭くちゃくちゃ、、
も、、ひどいことになっているのに、、
何??この多幸感。。
あの会場に満ちていた、ハッピーな気持ち。
その気持ちのままで、再登場を迎えました。。
シカオさん、この時、Duranさんと同じように
袖を脇まで、大きく裁断した、
ツアーTで再登場!!!
きゃー!!!悲鳴、、
シカオさんの二の腕は、、カッコいいのでした(ハート)
「愛と幻想のレスポール」を歌われる前に、、
この曲は、いつもアンコールにすることはないんだけどと、
語り始めました。
セットリストに選んだ時には、
気がつかなかったのだけど、
台湾で歌うことになって、
この曲の中で、台湾で飛行機事故で亡くした友人のことを
歌っていることを台湾でステージ上で、、思い出されたことを語ってくれました。
「その彼が、会場にいるのかもしれないと、、」そして、
「この曲が選ばれるのには、理由があったんだ」とも。
 
「91時91分」「したくてしたくてたまらない」
残りの2曲は、シカオさんもオーディエンスも、ぶっ壊れた感じで
最高潮を迎えたのでした。  
 
音楽の神の一粒の種が、
見事な花を咲かせて実を結んだような2017年でした。
 
素敵な一年に、便乗させてもらって
本当に、感謝してます、シカオ様!!
来年もさらなる飛躍を祈ってます!!!
 
最後まで、お読みいただいて
ありがとうございました。
 今年、このブログに訪れてくださった方
お会いできた方、ありがとうござました。
配慮なく、失敗することが多く、毎日、落ち込みますが
何とか良い方向へと、心がけていこうと思ってます。
ご縁ある方は、よろしくお願いいたいます。
良いお年をお迎えください。
 
Asia Circuit 2017 ファイナル @EX THEATER ROPPONG 
2017年12月26日 セットリスト
 
1.アイタイ
2.PartyPeople
3.19才
4.あなたひとりだけ幸せにすることは許されないのよ
5.RealFace
6.はじまりの日 feat.Mummy-D
7.トワイライト★トワイライト
8.夕立ち
9.夜空ノムコウ
10.黄金の月
11.アシンメトリー
12.アストライド
13.Progress
14.午後のパレード
15.NOBODY KNOWS
16.真夜中の虹
17.奇跡
18.Re:you
19.コノユビトマレ
(アンコール)
20.愛と幻想のレスポール
21.91時91分
22.したくてたまらない
 

2017年12月11日 (月)

スガシカオ Asia Circuit 2017 in シンガポール 大っ成功だった!!(セットリスト追加)

Suga Shikao Asia Circuit 2017 in Singapore 2017.12.8
スガシカオ Asia Circuit 2017 in シンガポール 大っ成功だった!!

ご本人のブログにもありましたので、、
もう十分、様子は、伝わったとは思うのですが、、
単なる感想ですが、、
もし、お時間ある方は、お読みくださるとうれしいです。
 
(追加修正)セットリストを追加いたしました。
 
 
ここからです。   
 
ライブ会場のZeppBIGBOX Singaporeは、
中心街より離れた静かなベットタウンって感じの街の
地下鉄の駅に隣接した巨大施設、イケアのような家電製品ショップが
階下にあるというイベントホール。
前日に訪れた時に、なぜか解放されていて、2000人から4000人も入る
ものすごい広い会場だということが分かったのでした。
Img_6787
 開演が20時からというシンガポールタイムなのかな。。
かなり遅い時間からスタートのため、、観光をしてから
17時頃に着くと、もう何人か日本から訪れたファンが会場前にいらした。
 
現地のスガマニアの方の、シカオさんへのメッセージを
何かの形で届けられないかと、、個人的な思いつきで用意していた
メッセージフラグを広げていると、、
現地のスガマニアのお一人が、まず、メッセージを書いてくださって、
そのあとも、現地の方に通訳をしてくださって続々と、、集まったのでした。
 
シンガポール在住の方も、、たくさん書いていただいて、、
この時、参加していただいた方と、お話をさせていただいて、
スガシカオ音楽がアニメだとかを通じてこの国に届いてることや、
日本にいた時に、ライブに通っていたりと、
時を経ても、距離があっても愛されてるってことをこの国で感じることができて、
個人的に、とても感動するできごとでした。
 
そして、、スガシカオさんの音楽をただ一人で家で聴いていたのでしたが、、
こうやって新しい出会いをつくってくれるきっかけになった
「Suga Shikao Asia Circuit 2017 」
シンガポールの地でライブを敢行する
このアーティストの存在に、感謝したくなったのでした。
入場は、現地の方と日本からの方とは、チケット番号順に、同時入場でした。
 
 定刻を10分ほど過ぎて
出てきましたーー!
まずは、スガシカオさんから。。
そして、メンバー!!
やはり、Pochiさんは、いません。
3ピースというバンド構成。
ベース:坂本竜太さん
ギター:DURANさん
ドラム:satokoさん
コーラス:マヤ・ハッチさん
 
マヤさんの衣装が蛍光オレンジでかっわいい、、
シカオさんの衣装のかっこええこと、、
MCでDURAN さんとかぶるって言ってましたけど、、似合いすぎでした。
一曲目が曲名忘れるほど、、
「アイタイ
イントロ部分、
音色も、リフも、シカオさんのパフォーマンスで
ここで早くもノックダウン。。
カッコよすぎでしたー!
そのせいで、セトリ、、覚えてられなかったくらい。。
ここからの数曲で一気に沸騰していきます!!
このセットリスト、近年にない、最強、最高、セトリかもしれません。
 
あ、そういえば、アイアムスガシカオって言ってましたー!
前半、かなりMCが英語で、カッコよかったです。
バンドメンバーでシンガポール観光して
この街が好きになったって話して、、
現地の方もとっても喜んでました。
ひとしきり盛り上がると、
アコースティックコーナー。
 
音圧の環境が違うので
現地の楽器をレンタルしたのだが
”このハモンドギター気に入ったよ”と
アコースティックギターの音色を気に入った様子でしたが
本当に、いい音で、、心に響きました。
現地の方が手を胸の前で合わせて聴き入ってる姿が
目に入って、、なんだか余計グッとくる一曲でした。
名曲が続くのですが、、
ひときわ拍手の大きい曲もあって
待ち焦がれていた人の歓声が凄く
改めて、異国の地で聴いているんだと思わされた一曲でした。
 
中盤のバンドメンバーの紹介部分では、
もうすっかり一つになった会場に向かって、
竜太さんとシカオさんのトークが炸裂、、
英語だったのに、この辺から日本語で、、すごいウケておりました。
マーライオンって、mermaidとlionが
くっついたんだってね、知らなかったという、竜太さんに
シカオさんが、、
マーメイドと 、ライオンが、、うう、、(ピコ太郎風のジェスチャー)
マーライオン。。(会場爆笑)
マヤ・ハッチさんは、ずっと飲んでるんだよ。。
日本から飲んでるんだそうで。。
かわいいのに、、すっごい飲むんだなーって思いました。
DURANさんは、なんだか、、テレていて
”恥ずかしい”って。。何をテレてたんだろな。。
 
あれだけアコースティックでの
「黄金の月」「アシンメトリー」などの
叙情ある楽曲でジーンとさせといてから爆笑MCというギャップ!!
これも、スガシカオライブの真骨頂なのかもしれません。
 
「もうちょっとやろう!!」
新しいアルバム曲も含めたファンキーアゲアゲな曲を立って続けに
届けられてあれだけ広かったライブ会場は、
すっかりクラブ状態!!!
 
スモークもモクモク焚かれて、、
ここでシカオファンク魂から発せられる気✨ がものすごい!!
すっかりメロメロにやられてしまったのでした。
 O0480032014087349315 
(スガシカオさんのアメブロより)
 
一旦、ステージを去った後、、
会場では、アンコール、、の拍手、、
インスタにあげられてました。。
アンコールが終わった後も、、鳴り止まなかった拍手。。
もう一度、シンガポールに!!という歓声に、
またくるぜ!!というシカオさん!!!
カッコよかったー!!!
 
ものすごくいろんな文化と人種が混在してるシンガポール。
でもそれは、混ざりあってるのではなくて、
洗練されて美しい都市の顔を持つ文化 と
エキゾチックなアジアの文化とがそれぞれ存在を主張している。
あーーシンガポールという場所とスガシカオ音楽とは、
すごく似てるなぁと
訪れてみて思いました。
新しい時代に合わせた音楽と、、個性有り余るスガシカオ音楽は、、
それぞれを主張している。。そんなことを思う  
大成功のシカオさんのアジアツアー初日でした。
 
Img_6664
 
最後までお読みいただいてありがとうございました
スガシカオ AsiaCircuit2017 @シンガポール
2017.12.8 セットリスト
 
1.アイタイ
2.PartyPeople
3.19才
4.あなたひとりだけ幸せになることは許されないのよ
5.RealFace
6.はじまりの日
7.夕立ち
8.夜空ノムコウ
9.黄金の月
10.アシンメトリー
11.アストライド
12.Progress
13.午後のパレード
14.NOBABY KNOWS
15.真夜中の虹
16.奇跡
17.Re:you
18.コノユビトマレ
 
アンコール
19.愛と幻想のレスポール
20.91時91分
21.したくてたまらない

2017年10月 7日 (土)

GreenroomFestival Hawaii スガシカオ 2017.9.10

 ライブ会場 ワイキキシェルには、前日に下見がてら
訪れたのでした。
大音量のブルーノマーズ の曲に合わせて
ダブルダッチ(2本の縄でリズムに合わせて縄を跳ぶ)のミニ大会がされいて
すでに盛り上がっていました。。
 
このライブ会場に訪れたシカオさんの記事がありまして
この地の雰囲気を素敵に語ってるので
ここに残しておきます。
Img_4973
 
 
”THE SHIKAO TIMES
特別企画スガシカオが行く!海外武者修行” 
 
 
僕は海外のフェスに初めて参加しましたが
すごくいい雰囲気でした。
規模は芝生の自由席を含めて4000人くらいだったと思いますが、みんな昼間は、芝生や公園でビール飲みながらイエーイ。。ってな感じで、ゆる〜く楽しんでいました。まぁハワイで野外っていうのもあるんでしょうけど、限りなくゆるかったです。
 さてさて、フェスも佳境、日もすっかり暮れていよいよJackJohnsonの出番です。
もう始まる前から観客は、盛り上がりまくり、今か今かと奇声や口笛も飛び交っています。
JackJohnson登場、いつものような自然なスタイルで演奏が始まります。
うまいっ!
とにかく演奏がうまいねっ!
曲は、スローでゆるい曲が多いのですが、
無理なく自然にグルーブしている感じで、そのビートに体は反応しまくり、もう気持ちよすぎでした。照明なんかの演出もスライドとリンクさせたり凝っていて、最後のアンコールでは、出演者が次々出てきてJackJohnsonと楽しそうにセッションするというあっとホームなフェスでした。
日本でやる JackJohnsonのライブと、
おそらくここが決定的に違うというポイントが一つありました。
どの曲も始まってから終わるまで、観客全員がJackJohnsonと一緒に歌い続けるのです。洋楽というのは、大体歌詞が単純で、サビは、1番も2番も全部一緒見ないのが多いから、覚えやすいというのもあるんでしょうけど、それにしても、ほぼ全曲を観客が歌うという現象に、どれだけJackJohnsonがハワイで愛されているかというのをうかがい知ることができました。あんなライブも素敵ですね。 
(The Shikao Times Dec 2005)
 
 
 
このフェスの名が、”kokua fes”
スガシカオさんのもう一つの顔とも今や言うべき
武部聡志さん、屋敷豪太さん、小倉博和さん、根岸孝旨さんとのバンド名。。
 
2005年12月に発行された記事がとても印象深く、
ここに書かれてある、ワイキキシェルで行われた JackJohnsonのライブの素晴らしさを疑似体験したく
来日チケットを取ったりしたのでした。(3.11で実現されなかったのですが)
そんな経緯もあり、この場所でスガシカオさんのライブがあるなら是非、聴きたいと、このハワイまで来たのでした。
 
 
2日め、前日のゆる〜い感じを想定していたので
ライブ会場には、15時すぎに着いたのですが、、
まさかの最前列は、すでに人で埋められていました。
ケツメイシのファンの方々でした。
ひときわ目立つ、、天使の格好をされた方と
少しお話をして、ライブツアーがあったことを知ります。。
ライブが始めるまでの間に、ケツメイシのファンの方や
天使さんと、
すっかり打ち解けて、、
スガムンクTシャツを着たその場で知り合ったスガシカオファンの方とも
記念写真を撮ったりして、
本当にあっという間に、時間が流れたのでした。
会場の様子は、
こちらのサイトにありましたので、
リンク貼っておきます。
シカオさんのお写真も、転載。
Img_3941_740
 
可愛らしいウクレレ女子二人組、 
UKULELE GYPSYの後、、いよいよシカオさんの登場!!
  
メガネと帽子のスタイル、、とっても爽やかに登場!!
一曲目、「アシンメトリー」
”涙の色はきっと”、、と、コーラスで入るところが
ギターで奏でてから、
速弾きの枕コドバみたいなギターリフを弾かれるのだけど、
このハワイでも、ソレをされて、、歌い始めてました。
 
”手に入れたのは、自由じゃなく
自由のまがいものばかり、、失くしたものは、
いちいち覚えちゃいない。。” 
この曲をセットリストの一曲目されることが多いのだけど、
作られた時は、、スランプ真っ最中の時。。
この曲がドラマの主題歌になった時のエピソードが有名で、、
私も好きな曲だけど、シカオさんも大好きなんだと思う。。
曲が終わると、、英語で自己紹介的なMCと日本語と両方で、、
アロハ!!!
なんとかかんとか、シンガソングライタースガ シカオ!!
 
短い時間ですけど、楽しんでってください。。。と
 
2曲め「夏祭り」
ハワイのフェスとは、いえ。。
日本の方が多くいらした会場で。。
時間もちょうどいい時間で、この選曲は、本当に良かったです。
 
次が、、「Progress」。
並 んでみていた、ケツメイシのファンの方が
”あと一歩だけ、前に進もー”の人差し指を立てて腕を上げるフリを
一緒にやってくれて、、「名曲だ」なんて
言いながら聞いてくれてたことがうれしかったです。
Img_5119
シカオさんアコースティックギターから持ち替えたのは、
ウクレレに、、と思いましたが、、  
シカオさん曰く、おととい買ったギタレレなんだけどと、
ウクレレとは違うギタレレの紹介。
うまく音が出るかな。。
と言いながら、、
ここでこれを聴けるとは!!
「さよならcolor」 
 
一行、一行心にしみる歌詞。。
自分にとっても、今のシカオさんが歌うからこそ、
響いてくるような気がしました。
意図的なのか、、シカオさんの声が
リフレインするところがあって、、
とってもそれが、涙腺を刺激しました。
ギタレレの音の 優しさと
シカオさんの声が、ハワイの空気と溶け込んで
優しさが100倍増しのパフォーマンスでした。
 
「自分をつらぬくことは
 とても勇気がいるよ
 誰も一人ぼっちには
 なりたくないから 
 
 でも君はそれでいいの? 
 夢の続きはどうしたの? 」
 
「PartyPeople」では、観客の温度も上昇して、、
盛り上がってきました。
 
英語で、MCで、ハワイで偉大で有名なギタリストで友達の
ブライアン・ケスラー!!って
彼をステージに呼び、、
 
「ブライアンは、ハワイの友達で、
10年くらい前に、一緒に曲を作ったり
ライブをしたりしてたのですが、
今日は、せっかくの日なので、
一緒に歌うことにしました。」
 
観客の歓声で、ブライアン・ケスラーBryan Kessler)がハワイでとても著名なのがよくわかりました。
もう少し、この事実を早く知っておくべきだったなと思いました。
 
ブライアンさんは、エレキギターで
シカオさんは、アコースティックギターで
「フォノスコープ」
ブライアンのギターは、ハワイアンチックでもあって
この曲にとても合ったアレンジですごい、素敵だったんです。
手拍子も起こり、ブライアンのギターも炸裂!!
「ブライアン!シカオちゃん!」声援もすごかったです。 
 
私、、ここで、「スティーブ!!」と掛け声を。
かつて、一緒にシカオさんともレコーディングをされた
スティーブン・ジョンズさん
もしかしたら、、いらしたのかもしれません。。
 ※お二人で、、シカオさんの「夏陰」レコーディングされてます。
 こちらで聞けます。
 
”僕の情熱は、今や、、”
「黄金の月」
できたら、、この後の2曲、何かに収録して欲しいです。。
シカオさんの声が、、ブライアンのギターとあって、、
引き立てる演奏だったんです。さすがでした。
間奏も痺れました。
この後、、「サイコーでーす!!」
観客から歓声が起こって、、。
ブライアンとのセッション大成功だと思った瞬間でした。
 
そして、、
SMAPの解散のMCの後、、
賞賛の嵐だった「夜空ノムコウ」
ツイッターでは、最初間違えてしまったのですが
ここは、ウクレレの音色が優しい、、ブライアンさんの演奏でした。
口笛もヒューヒュー!!声援もひときわ上がって、、
心に響く
著名な名曲というのは、ところを選ばず力を発揮して
人に感動を与えるのだと実感しました。
 
この後、本当は、2曲だったのですよね。。
「コノユビトマレ」聴きたかったー(号泣)
スタッフの方が耳打ちされて、
ラスト一曲は、
ブライアンさん、エレキでシカオさんギターで
「ヒットチャートをかけぬけろ」でした。 
 
本当に、シカオさん大満足されていて、、それが伝わってきました。
ブライアンさんも笑顔でいて、温かさを感じる演奏でした。
 
kokuaという言葉の意味が
もう10年にもなるいうのに、
スガシカオさんの音楽との距離があるような
気がしていたのですが、
このハワイに来てみることで
ストンと、心に入りこんだのでした。
 
kokua(共生、共存)という、平和とは、違う
厳しさを含んだ生命への希望っていうのでしょうか、
語彙力なくて、表せないのですが、、
ハワイという土地は、シカオさんにとって、大切な出会いの場所だったのだなと
想像できたのでした。
GreenroomFestival Hawaii  スガシカオ 2017.9.10
セットリスト
 
アシンメトリー
夏祭り
Progress
さよならcolor
PartyPeople
フォノスコープ  ここよりwithブライアン・ケスラー
黄金の月            
夜空ノムコウ
ヒットチャートをかけぬけろ

 Green Room Festival@Hawii waikiki shell、無事大成功に終わりました、日本からも応援にきてくれた方もいてありがとうございました! . サンセットの空にゆっくり飛行機が飛んでいくのがステージから見えて、もう本当に気持ちよくてのびのび歌ってたら、最後時間切れで一曲カットになってしもーた。すんません・・・。 . 今日のセットリスト。 ーーーーーーー アシンメトリー 夏祭り Progress サヨナラカラー Party People フォノスコープ 黄金の月 夜空ノムコウ ヒットチャートをかけぬけろ コノユビトマレ ← 時間切れで演奏できず ーーーーーーー . フォノスコープから、Hawaiiの友人ブライアンと一緒にプレイしました。ブライアンのウクレレが涙を誘った夜空ノムコウ、エレキが炸裂したヒットチャート、いやぁ充実したステージができました。 楽屋にいた外人アーティストさんたちにも絶賛されて、うれしー!! . 今日のフェスは、半分くらい外人のお客さんだったんで、英語と日本語半分づつのMCでした。 こんな気持ちのいいフェスだったら、毎年参加したいよ、本当に。。。

Suga Shikao(スガ シカオ)さん(@suga_shikao)がシェアした投稿 -

2017 9月 11 3:41午前 PDT

2017年8月 6日 (日)

スガシカオアコースティックライブ@Reborn-Art DINING 雄鹿半島

ap bank fes2017 スガシカオさん、出演日の3日前、
25日に急遽、発表になったライブに
行ってまいりました。
エリアC 雄鹿半島中部エリア。。
Reborn-Art DININGにて
スガ シカオアコースティックライブ!!
 
28日のap bank fes出演日の前日、
27日には、出発して石巻を観光をと思っていた矢先の
発表でしたが、、あまりにも
唐突でしかも、調べれば調べるほど、
簡単に行ける場所ではなく
ライブの時間に間に合うためには、
予約していた新幹線は、割引された商品で、、払い戻しが効かなかったりで
仙台からレンタカーしか、手立てがありませんでした。
カーナビ付きでレンタルしたのでしたが、、 
まだまだ復興真っ最中の地。
新しくできた道ばかり、親切なコンビニのお姉さんに
教えてもらって、、(そこで地図を買う)
ようやく辿り着いたのは、
ライブ会場のReborn-Art DININGまで
徒歩15分ある駐車場、雄鹿ビレッジ。
 
ここでコンビニで受け取った引換券を
Reborn-Art をパスポートに引き換えなければいけません。
ここもライブ会場になっていて
食堂もあって人だかりがあった。
着いた時は、ちょうどGAKU-MCさんが演奏中。
 
後ろ髪を引かれながらも、、先を急ぐ。。 
リアス式海岸の海沿いの道を歩いていくと
小さな入り江には、「ファスナーの船」(鈴木康広さん)というアートがあって 
Img_4197
再び山道に入って少し登ると
白い鹿が枝の間から見えて
Img_4227
小さなコテージのような建物が見えてきました。
ここがReborn-Art DININGでした。 
そこで、シカサンドをいただきながら
少しゆっくりすることができました。
Img_4213
この場所に、、
この建物と、目の前のアート作品「White Deer」(名和晃平さん)
そしてこれから行われるスガシカオさんのライブが
ものすごくぴったりはまって、、いることが  
不思議でした。 
東京での想像では、自然の中に
無理やりのような強引なような印象があったのですが、、
とても気持ちのいい場所で一生忘れられない
素晴らしいライブが体験できたのでした。
これが、、キュレーションってことなのかと
実感したのでした。
 
明日、8月7、8日にNHK総合で
特番放送があるとのこと、、
「2017年夏 東北再発見!生まれ変わるアートの旅」
(12時20分〜12時38分 全2回)
素晴らしかったスガシカオさんのこのゲリラライブも
放送があるといいのですが。。 
 
インスタグラムのゲリラ放送で
みなさん視聴されてるのですが
個人的感想として、、残したいと思います。
 
「サヨナラホームラン」
ニコファーレ(2011)でもアコースティックで聴いたのですが
その時よりも、より説得力を持って響いてきます。
ギターアレンジの素晴らしさ。。
「夏祭り」
和歌山でも披露されて、とても聞きたかった曲。
こういうソウルフルな唄い方も、素敵でした。
 
小林(武史)さんが、2、3曲、さっと歌ってもらっていいからさって言われたと
語り、、
鵜呑みしなくてヨカッタァ。。とたくさん演奏してくれたのは
本当にうれしかったです。
 
「アシンメトリー」
スーパーギターテク、、披露!!
すごかったー!!
カッコよかったですー。。
みんなの帰りの足を気づかって
「バスの人は、バスの時間、気にしてねー。自家用車の方は、ゆっくりしてね」
 
「黄金の月」
メロメロにされました。
BOSEのスピーカーからのスガシカオさんの声。。
いつにも増して美しく聞こえる。
演奏が終わると、、蜩が。。
曲の余韻を深めます。。
 
「夜空ノムコウ」
やはり会場では、とても歓声が上がった曲でしたが
大人な事情でしょうか、、インスタでは、なぜか、映されなかったようです。
 
「ヒットチャートをかけぬけろ」
すごく楽しい雰囲気にもなり、、
「フォノスコープ」でシカオさんのボルテージも上がってきましたー。
 
”シカのアートの前でスガシカオさんが歌いました”
 明日のニュースの素材にならないか、、心配して。。
ちなみに俺の名前は、動物のシカのように育って欲しいって
つけられたんじゃないです。(会場、爆笑)
 
「PartyPeople」
お決まりのとこは、
「 君だったけ?譜面読めないくせに、20年もやってるんだって??」
コール&レスポンス
 「石巻。。やってきたぜー」「たくさん集まってうれしーぜ!」
 
「コノユビトマレ」
今日やった曲は、明日は、やらないからねー。
 
スガシカオアコースティックライブ @Reborn-Art DINING  
2017.7.27
セットリスト
サヨナラホームラン
夏祭り
アシンメトリー
黄金の月
夜空ノムコウ
ヒットチャートをかけぬけろ
フォノスコープ
PartyPeple 
コノユビトマレ
 
 

2017年5月12日 (金)

SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY 「スガフェス!」〜20年に一度のミラクルフェス〜(3)

いよいよ、第2部が開演。。
 
19時近かったでしょうか。。 
オレンジジュースだけで、、ここまできましたー!
最前列のアニソン大好きな男の子たちは、急にザワザワし始める。
本命の”水樹奈々”さんの登場が間近かだと、スタッフから聞き出していたからだ。
長時間同じ場所にいただけだけど、、
妙な連帯感が生まれて、好きなアーティストの時は、譲るという
システムが構築されていた、、
隣の女の子は、ポルノの時、私は、スガンプーユの後半では、
最前列に譲ってくれたのだった。
 
ハウスバンドを務めるのは、kokua!!
さっすがの音だったー。。ここちいい。。
一曲目は、「夢のゴール」埼玉スーパーアリーナで聞く
この曲。。格別だったー!!
お衣装も素敵だった、kokuaの 皆様!!!
 
SKY-HIとシカオさんは、
テレビ朝日の深夜番組「フリースタイルダンジョン」で
席が隣でしたが、、FIRE HORNSとツアーを周っていたりして 
シカオさんに対するリスペクト度がピカイチだった。
SKY-HIが「この曲、マジ好きなんだよ!」と言った
「19才」は、アニソン大好き少年も、「俺、この曲好きっす 」
めちゃくちゃ盛り上がってくれたのだった。
 
 
アコースティックスペシャルバンドスガンプーユ
「山村隆太(flumpool)&高橋優&スガ シカオ」が登場。
Tシャツに着替えー!!
”スガ”、”ンプー”、”ユ”という並びになっている!!
「3人でアコースティックユニットをこのスガフェスのためだけに、結成したんです。MVP狙いです!」とシカオさん。
高橋優さん「このTシャツの定価、知ってます?39800円!
それが3人のCD見せると、97パーセントオフで1000円!!!」
 
山村隆太さん「ジャパネットでも、なかなかないよねー」会場爆笑!
 
圧倒的なSKY-HIのライブに対して、「引きの美学で俺らは、やろーぜ!」とシカオさん。
まず、山村隆太さんから歌い始めたのは、再びの「夜空ノムコウ」でした。
続いて、高橋優さんの曲!「福笑い」背格好だとか雰囲気が似ていて3兄弟みたいだなーって思った。
シカオさん「いい歌詞だよね。練習してる時、泣いちゃったー。」というと
それを聞いた高橋優さん「その話聞いただけで、泣いちゃう!」と。
 
次のflumpulの「星に願いを」での3人のハモりは、このスガフェスで終わってしまうのは、もったいくらい綺麗だった。
アコースティックで、 男性3人ユニットって珍しいのだった。
 
山村隆太さん「スガさんとステージになってるなんて夢のよう!」
高橋優さん「スガさん、ステージに上がると変わるんですよね。。裏で”むずかしー”って騒いでたのに、ステージだと、いつもシカオさんがやる(天井を見上げて、弾ききってる姿)をして、こうだもん!」
「あれしてる時は、弾いてないから」 。。ゆるくて温かいトークが続いて。。
同じ事務所の先輩の曲をということでシカオさんが選んだのは、、、サザンかと思ったら、福山雅治さんで、曲は、「家族になろうよ」でしたー!!
 
これが、、不覚にも涙腺崩壊だった。
音楽というのは、感覚的でまさに、その時の心境で聞こえ方が変わってくるものなのだけど、
福山雅治さんの「家族になろうよ」の歌詞がシカオさんのあの声で歌われた時、
心の中に、やっと名曲が入ってきたのでした。
「明日のわたしは
 それほど変わらないけれど
 一歩ずつ与えられる人から
 与える人に変わっていけたら」
音楽は、先入観を持っては、いけないと心に命じました。
 
「家族になろうよ」で最前列を譲ってくれた
アニソン大好き青年に、お礼を言い、私は、後方へ。
「すみません、気をつけてください。。飛びますから、俺ら。」
彼らは、水樹奈々さんを待っていたのだった。
私と、その彼との間には、”壁”のように仲間の一人が配置され、
壁の役をしている彼がいるおかげで、今までみたいなもみくちゃな感じにはならないのだけど、、すごかったー!!!
いつの間に持ってたんだよーというサイリュームが光り、垂直跳び!!
 
なので、シカオさんがギターで一曲目参加してることは、わかったんだけど。。 
その他が全く分からず。ひたすら、壁のようになってる人は、楽しんでいるのだろうか?そればかりが気になっていたが、、、楽しそうなのだった。。
丁寧に、水樹奈々さんをスガフェスにお迎えしている理由
独立直後、「僕らの音楽」での共演を依頼されていたのだけど、
大人の諸事情でお断りせざるおえなかったことをシカオさんが 説明されて
周りの男の子たちも聴き入っていたのだった。
 
「はじまりの日 feat.Mummy-D」これは、事前に、テガミバチの話もしていた、彼らと、一緒になってDサーーン!!と叫んだのだった。。
 
 
ついに、ガチ友さんとのコラボもラストアーティスト!
ポルノグラフティ!
一曲目「アゲハ蝶」。
シカオさんを迎え入れて、
「アゲハ蝶」 を替え歌していたのだと告白
「自分でも気持ち悪いかなって思いましたけど、、
歌詞を盛大に替えて、
”シカオ”に会えた、それだけでよかったー
(世界に光が満ちた 
って歌ってたんです」
 
「個人的にスガさんのこと大好きですからねー」
 
 私以上かも?って思ってたら。。。
「ミュージシャン1のスガマニアですから」と昭仁さん。
 
メドレーの選曲もシカオ愛に溢れていた。
「黄金の月〜SWEET BABY〜 コノユビトマレ」
「ハネウマライダー」では、タオルをブンブン回して。。
 
最後のハグは、シカオさん、昭仁さんと、ガッシリと。
今までの出演者のうち、誰よりも抱きあっていたー!!  
 
きっと、何度もご近所のお家を行ったり来たりしてたのかもしれない。。 
個人的には、SUGA SHIKAO LIVE TOUR「やるしかねーだろ!?2013」の
プレミアムアダルト席で、岡野さんをお見かけした時、
あまりにも 真剣な眼差しが印象的で、音楽的に、学ぼうという姿勢の
表れだとその時、思っていたのでしたが、、
ただのスガマニアだったということがわかったことと、
シカオさんの心の拠り所になる
そういうご友人なんだと思ったのでした。
2013年は、インディーズだったことを思い返しながら、いよいよラストは、  
スガフェス、、大トリ、ヘッドライナーは、スガ シカオを迎えたのでした。
 
fuyuさんのドラムから。。イントロが妖艶。。「アイタイ」
奈々ちゃんクラスターは、私と友人を前に。
 
「さて、いい人のスガ シカオは、終わりましたー!
ここからは、この埼玉スパーアリーナをファンクで埋め尽くそうでは
ありませんか!!
俺は、20年間ギリギリで生きてきましたー!みんなは、どう??」
 
オーディエンス、、「ギリギリ」
 
「そんなみんなのために、歌います」
 
Real Face もー超絶、シカオさん、カッコよかったー!!!
ファジーコントロールJUON Duranが、両サイドで
ギターが炸裂!!!  
炎も炸裂!!!ステージが燃えていた!!!
 
「ドキドキしちゃう」「91時91分」
 やられまくりでしたー!!
 「アストライド」で涙腺崩壊。。
 
 「奇跡」古い曲なのに、この時のために、作ったのか????そう思うほど、沁みた。。
 
「自分が選んだ、一つ一つが間違いじゃなかった」
この言葉を、ここで言えるって
本当にすごい。 
Unknown
********
2013年、スガシカオ LIVE TOUR
「やるしかねぇだろう!?2013年」で
「俺、絶対に這い上がるから、
20周年の時には、みんなに必ず、今まで見たこともない景色を見せてやるから!! だから、みんなついてきてくれ!俺には、みんなの力が必要なんだ!!
*******
 
この「約束」を果たしてくれたのでした。
 
かけすぎガールもふなっしーもなりきりスガシカオもいる
こんな楽しいフェスにして。。
 
最後に、桜井氏からのアーティスト20歳のバースデーケーキ!!
うれしそう。。
豪華な出演者に囲まれて迎えた20周年。
ファンとして、恩返しされて、幸せな1日だった。
シカオさん、本当におめでとーございます!!
Fullsizerender
苦楽を共にしてきた水樹奈々さんクラスターとは、
すっかり打ち解けて。。また、ライブでお会いしましょう!!!と
別れたのだった。。  
  お読みいただいてありがとうございました。失礼いたしました。。 

SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY 「スガフェス!」〜20年に一度のミラクルフェス〜(2)

確か、、この後、

スクリーンには
スガシカオさんとゆかりのある
豪華なアーティストからのお祝いメッセージが流れていました。
山本 彩さん(NMB48)
ゲスの極み乙女。
及川光博さん
テリー伊藤さん
松任谷由美さん  
石田ゆり子さん
奥田民生さん
谷中敦(スカパラ)
平井堅さん
井上陽水さん 
 
2回に分けて流されたのですが、
このラインナップ、、豪華でしたー!!
この時、後ろからドーンと来て
モッシュピット大変なことになっていたので。。
印象に残ってるのは、、
残念ながら、、このフェスには、参加できなかったけど
再び、音楽活動を再開した ゲスの絵音くんが、、
スガさんがおごってくれた高級ワインがどうのこうの言ってたことと  
陽水さんが、スガくんとは、あんまり接点はないのに、
こういうところで語るということは、芸能界の不思議なところです。。
冗談めいた、、独特のユーモアで語られたことを憶えているのですが  
WOWOWさん、バッチリ放送お願いします。
Img_3122
 
THE BACK HORN、一曲目は、「罠」。
どうやら私たちは、アニソン大好きな男の子たちに囲まれてるらしく
機動戦士ガンダム00のエンディングソングだったこの曲から   
大変な盛り上がり。。
大きな人がいつの間にか後ろにいて、もう少しで
圧死しかけましたが、、シカオさん登場の曲は、バラードで助かりました。。
「with you」いい曲でした。 
 
SUMMER SONIC 2015 東京よりその年のフェスは、菅波栄純さんがギタリスト。
2016年の荒吐fes、SUMMER SONIC 2016 大阪と
夏フェスでは、栄純さんとドラムは、ファジコンSATOKOさんっていうのが定番な感じだったことで、シカオさんの栄純さんの印象を「汗臭い感じ。。」と言ってましたが、、シカオさんのパフォーマンスが、夏フェスでより男っぽい感じになったのは、
栄純さんがギタリストになってからじゃないか?  
「自分は、スガさんに育てられました」と語る栄純さんを見て思いました。
 
 
次は、、UNISON SQUARE GARDEN
本当に、演奏、めっちゃうま!
スガフェス公式さんがレポをあげてましたが、
シカオさんとの共通の知り合いで出会ったとか、、
シカオさんとの共通の知り合いを考えてみる、、、、
独立してまもなくの、
2012年8月に公演された ロック・ミュージカル「ヘドウィグ・アングリー・インチ」でシカオさんは、ミュージカルの全楽曲の訳詞を担当したのですが、その時の音楽監督、岩崎大整さんが
UNISON SQUARE GARDENのヒット曲、「血界戦線」のエンディングテーマ「シュガーソングとビターステップ』を手がけていた。
確か、、この番組、シカオさんがツイッターでつぶやいていて、、守備範囲の広さに驚いたのだった。。 
 
斎藤さん「いつも、この3人以外がステージに上がることは、めっったにないんですけど、今日は、、ゲストを。。あ、みんなが思ってる人と違う人が来ると思います!もしかしたら、この中で、誰も知ってる人がいないかもしれない。。でも、一人でも知ってる人がいたら、あたたかい歓声で迎えてくださーーい」と、、誰かと思ったら、シカオさんだったー!!
シカオさん「ユニゾンはね、演奏技術がすば抜けてるんだよ。実際には、演奏してないと思ってた。リハで本当に演奏しててびっくりした。」
 
斎藤さん「恐縮です。今日は、なんと、スガさんに一曲やってもらえるんです。一緒に、ユニゾンの曲をやってもらえませんか?ってお願いしてから、メールでやりとりしてたんだけど、最後の方になるにつれて、弱気になってきて、大先輩なのに、”僕らがフォローするから大丈夫ですよ!”ってこっちが励ます形に。。。(笑)
今日は、スガソンスクエアガーデンで、スガーソングとシカーステップ。僕らの唯一のヒットソングwいいですか??」
シカオさん「来い!!!」
大阪fm802の春のキャンペーンソング「MUSIC TRAIN〜春の魔術師〜」のメンバーって認識から、、演奏力抜群の好青年な印象になった斎藤宏介さん。
 
斎藤宏介さんと菅波栄純さんは、今回のパンフレットに登場して対談もしていて、
それぞれのシカオさんへのまなざしが真剣で、心打たれたのでした。
 
この辺りから、記憶が途絶えがちになってます。
ふなっしーは、埼玉スパーアリーナステージの後方に登場らしく。
スクリーンでシカオさんと映ってるのを確認。
ハグしてたりしてました。
あんまり見えなかったので、貼っておきます。
 
そして、オリエンタルラジオ率いるダンス&ボーカルユニットRADIO FISH
キレッキレのダンス。楽しかったー!!
中田さんのシカオさんと出会いの経緯を語る。
 
ブレイクした「武勇伝」の後のスランプの時に、、
”あと一歩”というあの曲が心に響いたと、、  
「コノユビトマレ」のPVで踊ってた方が、RADIO FISHのメンバーだったことも
披露されて、縁の深さを知る。
 
そして、、稲川淳二さん。。 
モッシュピットは、大移動で
ファンの入れ替えで錯綜しているところでしたので、
2列目が3列目になったりしてました。  
 シカオさんの楽曲の中に、、覚えがないのに、女の人の声が
入ってるのは、有名なお話なのですが、、
見えないものに、思いを馳せるって、クリエイティブなことしてる人には、
必要不可欠なような気がします。
 
そして、お次は、、ミスチル。
まず、登場で、サプライズ!!
桜井さんが、黒い皮ジャケにサングラスかけて登場して、
まさかのスガシカオコスプレ!!!
「スガシカオになるために、サングラスをしてきたー!」
ここで、誰もがそうだったと思うのですが、
この後、、ダブルシカオが観れるという、興奮に包まれる!!!
でも、その前に、、
「Tomorrow never knows」「跳べ」「終わりなき旅」
この3曲の破壊力は、すごかった。。
どのステージでも、そうなんだと思うのだけど、
本気の本気、自らのツアーのファイナルステージか?!という
魂こもったパフォーマンスだった。
 
中でも、 「終わりなき旅」
この曲は、シカオさんへのエールというか、
昨日ですか、ミスチルも5月10日がデビュー25周年。
おめでとうございます!!!!
同じ音楽という道を進む、、”終わりなき旅”をしている同士へ送った歌として、 
聴き入ってしまったのでした。
とても素晴らしいパフォーマンスでした。
 
そして、ファスナーは、ダブルシカオheartheart で。。
「それは、それはね、、僕は、影響を受けているんですよ。
もっともこの人の匂いがプンプン臭ってくる曲をやりたいと思いまーす! 
お招きします、僕に多大なる影響を与えてくれたシンガー・ソング・ライター、スガシカオ!!!」
 
きゃー!!!!モッシュピットもみくちゃ。。 
ミスチルクラスターの押しもすごかった。。。
シカオさんの笑顔が最高だったー!!
ファスナーをミスチルの演奏で歌う事!!!
聴けること!!これが最大のシカオさんの喜びであったようだった!!
 
シカオさん、「ミスチルの演奏で歌ったー!!ありがとー!!!」
うれしそうに、、桜井さんとハグをしたのだった。。キュンキュン。。
翌朝、Zip! めざましでも放送!!
 
5月14日テレビ東京の
JAPAN COUNTDOWN でも放送があります。
お見逃しのないように!!!
 
昨日のメルマガでは、
シカオさんが全て、企画に携わっていたみたい。
ファンのツボ、、心得てるなーって
フェスを企画するプロデューサーとしての能力にも脱帽でしたーheartheart
 
Img_3044
これなんか、、ソックリすぎで
シカオさんが二人かと思ったー!
 
Img_3043
続く
 

2017年5月10日 (水)

SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY 「スガフェス!」〜20年に一度のミラクルフェス〜(1)

なんてカッコいい男なんだろー!

お衣装を何度も変えられて、アイドルみたいにトロッコに乗ったり

二の腕のムキムキにクラッとしてしまったけど、、何より

アーティスト主催による、アーティスト同士のつながりによるフェス。

出ている出演者は、ガチ友!!

スガフェスEXTRAで共演された田島貴男さんのツイッターに同じ思いを。。

有言実行する男です。シカオさんは。
今まで、ずっとそうだった。
でも、今回のことは、そうやすやすと実行できるものじゃなかったはず。
 
さいたまスーパーアリーナで
20周年イヤーを総括するイベント
「SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY 「スガフェス!」ー20年に一度のミラクルフェスー」を開催。
18000人を魅了させたのでした。
 
翌週の月曜日に
朝の情報番組に、数多く取り上げられて
正真正銘の大成功!でした。
レポらしいことを書こうと
PCに向かうのですが、
言葉に、簡単には、表せず。。
でも、時間経過とともに、あの日のことは、
何か残さないとと思い立ち、綴っております。
うろ覚えかつ、前後関係、間違いあると思いますが。。
お付き合いいただければ幸いです。
 
私のチケットは、VIPチケットで、
席も、見えやすい216通路8列!!!
ステージは、15メートルくらい先で肉眼で十分観れたのだか。。
席に着いたと同時に、目の前のアリーナに、
人が駆け足でなだれ込むのを見たのでした。
 
このままここで9時間過ごすか、下に降りるか、
一か八か、アリーナに降りることにしました。
それには、一度、外に出るか、反対側の扉まで行って
アリーナに降りる選択があり、
反対側に行くことに、これが良かったのか、
ヒモで誘導されての入場で、、まだ、そんなに人が埋まっていなかった。
示し合わせていたシカ友さんとも無事、合流して、
男性陣の後ろだけど最前より2列目。。
ここから、、9時間耐久ライブが始まったのでした。
 
小一時間だった頃でしょうか。。 
頭上で、、人の声が、、
真上のスクリーンには、
午後パレ、公式サングラスをかけた男女二人。
左の男性は、サングラスをかけてても
全然、わかっちゃうチビT社長さん(ニコ生放送での山蔭さん)
お隣は、スガフェス公式アカウントの人かしら。。
 
そして、程なくして、そのあとスクリーンに登場したのは!
なんかすごいシャツ着た、
本日の主役。 スガ シカオさんだった!!
少し、照れくさそうに、、
配られたパンフの説明などをしてくれていた。
さー、始まるぞー!ワクワクドキドキ!!
 
 
最初に、スガフェスの前説は、共同主催者である鹿野淳さん!
スガムンクTで登場!!
ビバラ終了後から、なん百人?かでセットチェンジを行い
スガフェス!を迎えたと。。
ソールドアウトする前とした後のシカオさんの豹変ぶり語る。
 
一度、、早稲田大学エクステンションセンターで
鹿野さんの講義を受けたことがありました。
2013年5月「英米ロック50年史 英米ロックの歴史を総括する」
UK-ROCKとアメリカンロックを60年代から今に至るまでを
振り返りその音楽の変遷をたどる講座でしたが
そこで少しだけお話しする機会がありました。
スガシカオさんのことをご自分が大手出版社から独立されたことと
重ねられる部分があるから応援したいんだっておっしゃってくださったのは、
とてもうれしかったのですが、、
こんな素晴らしいフェスを共同主催者として、
関わっていただけたこと、本当に感謝しています。
 
 
まずトップバッターは、
怒髪天の登場!!
両サイドから、出演者が登場するたびに、
炎があがる。。一瞬、頰に、熱が伝わる。。
1曲目「セイノワ」 
「はい、こんにちは、怒髪天です。
すごいね、まだ、1時だよ!普通ね、、今くらいに起きるでしょう!
スガ君、デビュー20周年おめでとうございます!!
名字が、スガでよかったよね。。  
これが、馬だったら、、「バカオトコ」ですからね。。
出演アーティストが発表されるたびに、どんどん
青ざめて行ったよね。。
ヒット曲ないの、オレたちと稲川淳二さんだけだぞ。。」
 
 
  最初っから、、さすがに飛ばしてるー。
  怒髪天のライブ、初めて見たけど、楽しー!!
 
 
「スガシカオのファンは、おしゃれなOLさんとかで
あの声と局長に騙されてるけど、、歌詞えげつないからね。
アルバムの一曲目、「震える手」とか、アル中の歌だから。
アル中の歌、歌ってるの、シカオくんとオレたちくらいww 」 
 
ご自分たちもやった武道館公演を控える先輩バンド
「The ピーズ」の応援にと、「グライダー」カバー曲。。
「酒燃料爆進曲」これ、酔拳みたいなパフォーマンスが楽しかった。
全員、ハッピ姿で最後は、「夜空ノムコウ」を順番に歌うが、、
マイクが通ってない人がいて、、
 
ここで、シカオさんの登場!!!
シカオさんもハッピ姿で登場!!
封印だった「夜空」をここで、、
感激した人が多かったところです。
 
続く

2017年2月28日 (火)

スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴〜 @舞浜アンフィシアター

スガフェスEXTRA 舞浜アンフィシアターに行ってまいりました。 

いよいよスガフェスEXTRAのファイナルです。
オープニングアクトに森広隆さん。
斉藤和義さん、トータス松本さん、浜崎貴司さんを
ゲストに迎えてのスガフェス前夜祭!!
 
楽しい一夜でした。
楽しすぎて、、夢のようでした。
この日たくさん発表がありました。
 
まず、「SUGA SHIKAO LIVE FILMS」発売決定。
4月下旬発売。
ライブ映像の発売は、なんと5年ぶり。
「THE LAST ENCORE」豊洲pit公演と
kokua「Progress」NHKホール公演収録。 
 
うれしかったー!いろんなことクリアしての発売なのかな。。
映像になるってことがこんなに待ち遠しいなんて、
シカオさんが独立しなければ、わからないことだった。
独立されて、わかったこともたくさんあったな。。
楽しみに待ちたいです。
そして、スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
2.26の模様収録!!
MTVで4月22日 22時より放送!!!
 
この日のライブは、これで観れるので
レポ不要なのですが、、自分の備忘録と
メンバーの方とシカオさんの今までのライブ記録とともに
残しておこうと思います。
 
かなり偏ったレポになりますので、ご了承ください。
 
17:30に
オープニングアクトの森広隆さんの登場。
実は、17時の開場時間が15分くらい遅れていた。
スガフェスのグッズタオルの列に並んで購入してという
慌ただしい中、、始まったのだった。。
 
森さんとシカオさんのライブは、残念ながら不参加。
2013年12月5日<JAM ADDICT ~CONDENSED GROOVE~>
森広隆さんのライブに、スガシカオさんがゲストで参加。
東京キネマ倶楽部での「ジャム・セッション」だった。
 
今日のアクトでシカオさんに近いファンクミュージシャン。
セットリストは、
スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
森広隆セットリスト
1.ただ時がたっただけで
2.ゼロ地点
3.2D Star
4.愛のBeat
 
そして斉藤和義さんの登場。
最初っから、鼻水を啜られていたように思います。
ステージ上にティッシュケースがあることも、
驚きでしたが、、3回くらいかんで、、ティッシュをポーイ。。
「花粉です」  
 辛そうです。。
そのゆるい雰囲気に、、若干戸惑いながら。。
 
「シカオくんってドSだよねー。名前のイニシャルまでSSだしー。
すごい●ックスしてるね」っていう安定のMCで。。
 
はじめてあったのは、雑誌の対談。
Roots66不参加のためその時の思い出は、ないのですが、、
J-WAVE LIVE 2000+14 8月30日
この時も、確か、、しょっぱなスガシカオでーす。。ってMCで言ってた記憶があります。
この時、シカオさんは、オオトリで、平井堅さんとの初コラボ「夜空ノムコウ」を披露してたな。。
 
そして楽しかったのは、「Progress」のカバー。 
聴き慣れたイントロ。。
せっちゃんが弾くとこうなるんだ。。なんて聴き込んでると、、  
””相変わらずあの日も、ダメな僕〜””ここでリピート。。
うまくいかないらしく、、「難しい歌作りやがって」
諦めがつかないようで、、
「サビ気持ちいいからもう一回やっていい??」
”ずっと探してきたー♪”会場、爆笑。。な感じの。。
ゆる、楽しい時間が過ぎるのでした。。 
 
スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
斉藤和義セットリスト
1.ずっと好きだった
2.マディーウォーター
3.Progress(Bメロまで)
4.恋
5.遺伝
 
トータス松本さんとシカオさんは、
聴いてる音楽が一緒で音楽的ルーツが一緒、、って言ってのは、
2013年3月22日渋谷公会堂で行われた
MUSIC MASTER LIVE with kokua
でのことだった。。
キャリアは、トータスさんの方が5年も上。。 
シカオさんに対する「スガくん、おめでとう!」っていうのも、ちょっと上からな感じ。。
唐突に始めたアコースティックギターでの
イントロは、午後のパレード。。
サビ、キーが高いから、、ってサビ前まで。。笑
スガシカオ名曲カバーのいじり方が、お二人とも最高でした。 
 
スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
トータス松本セットリスト
 
1.笑えれば
2.サムライソウル
3.午後のパレード(サビまで)
4.チークタイム、からの、東京ブギブギ(クリアアサヒバージョン)
5.愛すれば
6.明星
 
 
浜崎貴司さんとは、、2010年5月21日放送
「僕らの音楽」でFLYING KIDS「幸せであるように」をコラボされたことから、、 
2010年9月14日渋谷duo
「浜崎貴司 GACHI シーズン2春夏秋冬 秋の陣」
 
2011年「JAPAN JAM」
ここでも、濃厚「幸せであるように」が聴けたのですが。。
 
独立直後の2012年FUNKFIREリキッドルームでの浜崎さん登場が
今でも、忘れられない。。
 
 
「浜崎貴司 GACHI シーズン2春夏秋冬 秋の陣」の時の自分のライブレポに
残っていたことをここに添付します。
 
シカオちゃん再登場するのに、、
ちょっと二人の関係がうわっつらだけじゃない
すてきな関係だということが
浜崎さんの言葉からわかりました。
「98年でフライング・キッズが一時音楽活動をやめて
2006年に復活したのだけど、、
そのとき、、スガくんがフライング・キッズというバンド名を
語っていてくれたこと、、これが、とても大きかったと思ってます。。。」って(正確な聞き取りでないのでほぼこんな感じのこと)
 
そんな浜崎さんとのライブの数々を、、思い出しながら、
この後、4人で出てきた時のMCで浜崎さんは、
「トータスの楽屋行ったら、、あの調子で、、(サビまで)歌ってるし、、和義くんとこ行ったら、イントロのジャーララ、ジャージャジャってギター練習してるし。。
「兄ちゃん、ヤンないの?」って言われて。。慌てて、練習した」
という、、曲。
「夜空ノムコウ」と「風の吹き抜ける場所」のマッシュアップバージョンをやってくれました。
 
そして最後の曲を、、今日の主役と、、
シカオさんを招きいれて、、「幸せであるように」
このセッションが本当に素晴らしかったです。  
ストロークの浜崎さんに、ロビー・マッキントッシュみたいなギターのシカオさん。。放送されますように。。
 
スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
浜崎貴司セットリスト  
1.ウイスキーがお好きでしょ
2.ボーイミーツガール
3.夜空ノムコウ ー風の吹き抜ける場所(マッシュアップ)
4.ドナマツ
5.幸せであるように
 
 
 

いよいよシカオさん。。

それまで、ステージの奥に
セッティングされていたので、
アーティストとの距離がずいぶんあったのですが。。
シカオさんの時に、少し前方になって
見やすくなりました。
ニッコニコして登場でした。。 
低音のビートがかっこいい!!
「バクダンジュース」から。
 
今日、インスタで、
20年前の 1997年2月27日
スガシカオさんのデビュー日、2月26日の翌日、
新宿ルミネホールACT 1 でTOKYO FM「ポップリムジン」
山崎まさよしさん、カーネーションのOAでの 公録 に 
参加してた方とやりとりをすることができて、
シカオさんは、この最初のライブの時から 
足元に、小さいループマシン(リズムマシン)を置いて
演奏されていたことを知り
ちょっと感動してしまいました。
この演奏スタイルを20年進化させ続けてる。
「バクダンジュース」最高でした!!  
 
「19才」これもアレンジが変わってて。
ファスナーでやった、アルペジオ速弾きみたいな箇所がありの
これ、盛り上がりました!!
 
シカオさんMCで 「帰りに事故で死んでもいいくらいうれしい」
そんな現実には、あってはならないMCが飛び出るくらい
うれしそうなシカオさんだった。
 
次の「愛について」は、、本当に、素晴らしかった。。  
20年歌ってきたアーティストの歌声だったー!!!
感動。。
ここでしたか、、この舞浜アンフィシアターは、どう??というMC。
 
”ここには、暗い思い出があって、
中々ここでやることができなかった、、”
と語るシカオさん。。 
なんだろ??
”小田和正さんの「クリスマスの約束」のオレ
最初の幹部に入れてもらってたんだけど。。”
え??? 
ビックリ発言でした。
”クリスマスの約束のコンセプトが同じ曲を
みんなで歌う。。というのに、
オレは、、できない!!
と断ったことがあって、、
小田さんもオレよりの人だから、、(つまり、、頑固)
わかってくれて、、今に至るのだが、、” 
 
衝撃であり、何年も不思議に思っていたことが
すっと納得できるMCだった。 
小田さんが「クリスマスの約束」の一曲目が
SMAPの「夜空ノムコウ」だったことだった。
そして、、この時、歌詞を絶賛してた小田さん。
「俺もこんな歌詞が書けたらな。。」雑誌の対談でもシカオさんと話していた。
クリスマスの約束に参加したことがない、
その訳が、やっとわかったのでした。
 
 
4人でセッションする中でも
歩いてかえろうのハモりが素晴らしくって。
声質の違うせっちゃんとシカオさんのハモりがセクシーでした。
楽しくて楽しくて終わったライブでした。
 
長く孤高のアーティストでいたシカオさんが
ミュージシャン仲間の祝福に囲まれて笑顔でいて。
幸せなシカオさんが観れた2017.2.26でした。
自叙伝的な書籍も出されるとか。。
スガフェスまで、まだまだ楽しみが続きそうです。
 
そして、私にとってNO.1アーティストだなあ。
と、つくづく思った1日でした。
 
 
スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴 〜
スガシカオセットリスト
1.バクダンジュース
2.19才
3.愛について
4.海賊と黒い海
5.アストライド
6.サヨナラCOLOR(ハナレグミ)
7.Progress
8.午後のパレード
 
アンコールで
4人で登場
 
1.バンザイ
2.歩いてかえろう
3.勝手にしやがれ
Wアンコール
1.黄金の月
2. ヒットチャートをかけぬけろ  
 

 スガフェスEXTRA〜アコギ侍の宴〜 @舞浜アンフィシアター お花もたくさんいただきました。 写真6枚あげました。

Suga Shikao(スガ シカオ)さん(@suga_shikao)がシェアした投稿 -

2017 2月 27 1:26午前 PST

2017年2月19日 (日)

祝 スガフェスSOLDOUT!! (ネタバレ)スガフェス EXTRA 〜アコギ侍の宴〜 広島クラブクアトロ

スガフェスSOLDOUT!!
おめでとうございます!!シカオさん。。
売っても売っても。。ニコ生で嘆いていたのが、、
ウソのよう。。
ほっとした1日でした。。 
そして、一昨日、
スガフェスEXTRA広島無事、終了いたしました。
 
このスガフェスEXTRA弾き方り セットリストは、この日までということで
曲名入りで様子を残します。 
 
舞浜行かれる予定の方は、、ご注意ください。
舞浜行かれる予定の方は、、ご注意ください。
舞浜行かれる予定の方は、、ご注意ください。
 
舞浜行かれる予定の方は、、ご注意ください。
 
 

続きを読む "祝 スガフェスSOLDOUT!! (ネタバレ)スガフェス EXTRA 〜アコギ侍の宴〜 広島クラブクアトロ " »

2017年2月12日 (日)

スガフェスEXTRA 〜アコギ侍の宴〜@宮崎 WEATHER KING セトリ含みます。

深夜に、ビックニュースが舞い込みましたー!

シカオさん、太田上田にご出演!!

おめでとうございます!楽しみ。。

中京テレビ「太田上田」にスガ シカオがゲスト出演決定! https://t.co/xI4NExbUQo

昨日のライブのことを、、

宮崎駅からホテルをチェックインして

ライブ会場に向かう道で
何気なく道を聞いた男性が、、
そのままライブ会場まで世間話ししながら
案内していただいたのですけど、、
とても親切で、美味しいものから
そのお店の開店時間まで教えていただいたのですけど、、  
土地柄っていうのは、きっとライブそのものにも
影響しているんだろうな。。とつくづく思う
スガフェスEXTRA@宮崎 WEATHER KING初日でした。
 
WEATHER KING
お向かいがEXILEとかのダンススクールがあって
ライブハウスの看板が目立たないのですが、
歴史を感じるバーの痛み具合、、
スピーカーの良い具合のレトロ感。
ステージが低くて観客との距離が本当に近い、、
来てみないとわからないことでしたが、
ここでこのスガフェスEXTRAを聞けたことは、貴重中の貴重な体験でした。
 
 
実は、スガフェスも控えてその準備や、
雑誌の取材や、、制作などに追われて
今回のライブは、いつもやってる定番曲が中心になるんじゃないか?
なんて、勝手にタカをくくっておりました。。(ごめんなさい)
 
でもその思いは、すぐに覆されました。
次々に届けられる名曲は、さらに磨かれて届けられたでした。 
 
今回は、
一曲一曲のアレンジが本当に素晴らしくて。
それは、それは、楽しみにしてもらいたいので。。
最後にセットリストだけ掲載いたします。  
あとは、印象に残ったMCだけ残します。
 
ネタバレ回避したい方は、
お気をつけください。
お気をつけください。
お気をつけください。
お気をつけください。
お気をつけください。
お気をつけください。お気をつけください。お気をつけください。お気をつけください。
 

続きを読む "スガフェスEXTRA 〜アコギ侍の宴〜@宮崎 WEATHER KING セトリ含みます。" »

より以前の記事一覧